09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


『007 ゴールデン・アイ』国際ジェームズ・ボンド・デーにちなんで… 

こんばんは、ロッカリアです。

ちまたでは、ビートルズのデビュー50周年で盛り上がっていますが、そのビートルズにも勝るとも劣らないもう一つの英国代表選手、それがジャームズ・ボンドだ。
そして、第1作となる『007ドクター・ノオ』が、1962年10月5日にロンドンでプレミア上映されてからちょうど50周年。
それを記念して、10月5日を【国際ジェームズ・ボンド・デー】と定めた英国人はエライ!
そんな英国人のオチャメぶりに敬意を表して、久しぶりにボンド映画を見た。
どの作品を見ようかと迷ったが、そう言えば最近、CMに出ていた事を思い出し、ピアース・ブロスナン=ジェームズ・ボンドをチョイス。
ピアース・ボンド初登場のこの作品は、盟友006の死から9年後から本編が始まる。ちなみにM(ジュディ・ディンチ)の初登場作品でもある。
(↓今回は画面が少しザラついています…。へたくそ~! ↓)
DSC00577.jpg

フェラーリ対アストン・マーチンDB5のカーチェイスも華々しく、その女性ドライバー、ゼニア・オナトップとはモナコのカジノで知り合うが、この女、ロシアの犯罪組織「ヤヌス」のメンバーで、カニばさみと言う、吉本新喜劇以外で見た事がない技で人を殺すのだ。
DSC00576.jpg

一方、ボンド・ガール、ナターリアを演じたイザベラ・スコルプコはポーランド出身の女優さんだが、ロシアのコンピューター・プログラマーを演じ、ボンドのパートナーとしても活躍する。
この映画が作られた1995年と言う時期は、冷戦に終止符が打たれた事もあって、スパイであるボンドに対してかなりの冷遇。
「時代遅れだ」「まだそんなスパイごっこをしているのか」等々、結構バカにされてしまう。
時代だな~と思う一方で、劇場で見てからもう17年も過ぎている事に驚く。

連れ去られたナターリアを追いかけるのに、戦車で街中を突っ走る。この辺はおそらくボンド映画の成せるワザではないだろうか。(よく許可が下りたよなぁ…)
DSC00575.jpg

歴代ボンドを見て来たQことデスモンド・リュウェリン爺さんが惚れ込んだピアース=ボンド、今までには無いような情景を扱ったシーンが珍しいね。
DSC00574.jpg

リーアム・ニーソンがボンドの第一候補ではあったが、アクションに興味がないと言う理由で断った。(じゃあ『スター・ウォーズ』や『96時間』はアクションじゃないのか…?)
ちょっと渋めのリーアム=ボンドも少し見てみたいと思うのは僕だけじゃあるまい。

この映画を見終わって、ふと、最近のアクション映画が面白くない理由が分かったような気がした。
ウィットに富んでユーモアを忘れない。女の為なら命を懸けて、どんな銃撃戦でも絶対に弾は当たらない(たまにカスルけど…)。
どんなにダメージを受けようともなんのその、すぐに回復して悪人をやっつける。
これはボンド像を簡単に言い表したんだけど、今のアクション映画の殆どのヒーローがこのステレオタイプ。
ウソだと思うなら、アクション映画を見ている時に、ボンド像と重ね合わせて見ると面白いよ。



最期に、余談ですが、金本選手、本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとうございました……(涙…)。
スポンサーサイト



Category: シネマ・エッセイ

Tag: アクション  スパイ 
tb 0 : cm 0   

『顔のないスパイ』 だからヒッチ先生に習いなさい! 

こんばんは、ロッカリアです。

誰が伝説のスパイ、”カシウス”なのか?
意外にも、映画が始まって30分ぐらいですぐに分かっちゃう。
勘の鋭い人は配役で分かる……(オイオイ…)。
重要なのはそこからなのだ。だから早めにカシウスの正体が分かるようにしている。
原題のダブルとは二重スパイの事を言っているのだが、その正体が分かっているのは映画を見ている観客だけ、登場人物は知らない設定だ。
本来なら、ここにサスペンスが生まれる、はずだ。
ヒッチ先生の例を出すまでも無いが、「街の中を、預かったカバンと歩いている男、本人は知らないがカバンの中身は爆弾だぞ!」的な、観客だけが知りうる情報を巧みに使う事によって緊張感が増幅する。(志村~、うしろ~!)
この映画にはそれが無い。
まあ、そんな事も気にしないで演出した監督に一番の責任はあるんだろうが、主演のリチャード・ギアの起用法にも問題がある。
若い頃のR.ギアと言えば、『ミスター・グッドバーを探して』や『アメリカン・ジゴロ』のような汚れ役もあったが、『愛と青春の旅立ち』『プリティ・ウーマン』のフィルターでろ過されてからと言うもの、顔立ちのせいもあって、最近ではお人よしのオジサン、の印象が強過ぎる。
そいつを逆手にとって、残忍な役に徹するのかと思いきや、やっぱり人の好さが作品にも浸透してしまっている。
なんだ、結局今までと大差のない役どころだ。
カシウス500
FBI、CIA、KGBを出しながら、スパイ映画の匂いも無く、ミステリー、サスペンス色も薄い、中途半端な印象だけが残る。
僕には、ただ、あのラストの一発勝負に懸けただけのような気がしてならない。

それにしても、プロローグで殺された議員さん、どうして殺されたんだろう?
オランジーナでも飲みながら考えよっと……。

Category: レビューがはじまる

Thread: DVDで見た映画

Janre: 映画

Tag: スパイ  サスペンス 
tb 0 : cm 0   

『針の眼』 スパイ映画ねぇ… 

こんばんは、ロッカリアです。
この映画は1981年の制作なんだけど、第二次世界大戦当時の再現が上手い。
忠実に再現すると言うよりは、雰囲気作り上手い、と言った方が適切か。
大きな「針」を凶器として使う事から、暗号名をニードルとしたスパイを、ドナルド・サザーランドが好演している。
ただ、この映画、一筋縄ではいかない。
と言うのも、前半と後半では、全くテイストに違うさ作品になっているのだ。
そう、『フラム・ダスク・ティル・ドーン』的な作品と言ってもいいかなぁ。(まあ、あそこまで酷くはないが…)
まず前半の「スパイ・サスペンス・テイスト」から言うと、第二次大戦の最中、ドイツのスパイ、ニードルはヒトラーから連合軍のノルマンディ上陸作戦の真偽を写真に証拠として写し、直接ベルリンに届ける極秘任務を直に命じられる。
一方、パイロット志願の若い兵士は、出兵に先駆け結婚式を挙げるが、直後、新妻を乗せた車で事故に遭う。
この新妻ルーシーをケイト・ネリガンが演じている。
命は助かったが、夫は両足を失う事になり、ストーム・アイランドと言う孤島に、一人息子と夫婦でひっそりと生活する事になる……。
スパイとして英国に住んでいたニードルだが、情報収集に成功して、証拠写真をベルリンに持ち帰ろうとするが、スパイである事がスコットランド・ヤードにバレてしまい、車、オートバイ、列車を乗り継いでの逃亡劇に。
何とか間一髪の所で逃れる。
辿り着いた漁港から船で出国しようとするが、海近付いて来た嵐の影響で大時化(おおしけ)となり、ニードルを乗せた漁船は遭難してしまう……。
ココまでを前半とすると、ニードルが英国内でスパイ活動に従事する姿がサスペンスフルに描かれていて、観客の興味を惹き付ける事に成功している。
監督は後に『スター・ウォーズ~ジェダイの帰還』でメガフォンをとるリチャード・マーカンドだ。
針の眼2

後半の「ホラー・サスペンス・テイスト」では、遭難したニードルはストーム・アイランドに漂着し、ルーシーに発見され看護を受ける事に。
ルーシーは夫婦生活がすでに破綻している事に感じていたが、車椅子生活で、酒に溺れるの夫にも情がまだ残っている。
が、ルーシーはニードルと恋に落ち、身も心も彼の虜になって行くが、ニードルは島でたった一つの無線機がある灯台から、祖国に連絡を取ろうとするが、夫や灯台守の存在が邪魔になり殺そうと思っていた。
そんな事を全く知らずに、ルーシーはニードルとの情事を重ねて行くが、やがてニードルの行動の不審を抱き始めるが……。
この辺りからラストまで、孤島で逃げ場の無い状態の中で、まるでホラー映画のサイコに追われるヒロインのような展開が続いて行く……。

ル・カレの『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を映画化した『裏切りのサーカス』を見に行きたいが体調を崩して断念。
でも、なんかスパイ映画が見たいと思って、スカイツリーのように積み重なったDVDの塔から、慎重に引っ張り出してきた映画だが、期待していたような純然たるスパイ映画じゃなかった。
以上の事をあらかじめ承知の上で見ていれば、これはこれで面白い映画だと思う。
サスペンス映画としてのディテールは少し浅いが、演出は丁寧で、殺人者にしてスパイと知りつつ、男に抱かれる女の心理描写も切ない……。

それにして、この映画のドナルド・サザーランドはよく女にモテるなぁ。
僕もあやかりたいが、それは止めておこう。
だって気になるじゃないですか、『妻の眼』が……。

Category: 休日は名画座で

Thread: DVDで見た映画

Janre: 映画

Tag: スパイ  イラスト 
tb 0 : cm 0   

映画【テレフォン】が予見したテロの恐怖…。 

今日は【70年代の映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
監督、ドン・シーゲル。脚本にスターリング・シリファントとピーター・ハイアムズ。
音楽にラロ・シフリンとくれば、つまらない映画など生まれる訳がないじゃないか。

この映画が作られたのは1977年。
この頃、米ソ冷戦時代を背景にスパイ合戦が繰り広げられ、数々の面白いスパイ映画が作られたが、この作品も秀逸である。
ソ連の工作員51名に、予め薬物催眠が掛けられ、全米の主要な軍事施設の近郊に住まわせる。だが、有事の際には、その工作員たちに電話を掛け、フロストの詩の一節を告げると、催眠状態に陥り、ある計画を実行する。
その計画と言うのが、車やヘリに爆弾を積み、軍事施設や空港に突っ込む、自爆テロなのだ。
しかし、この計画はソ連のトップが代わり、無用の長物的な作戦となっていた。
ところが、急進派のダルチムスキーが、アメリカに滞在している51人のアドレス帳を盗み、一人々に電話を掛け、自爆テロを実行し始めた。
ソ連の首脳部は、この事態に危機感を抱き、KGBのボルゾフ少佐をアメリカに派遣し、ダルチムスキー暗殺を計る。
アメリカに渡った少佐は、KGBが用意した女スパイと夫婦を演じながらダルチムスキーを追い詰めて行く。
が、この女スパイ、実はCIAの二重スパイで、少佐の行動と目的を逐一CIAに報告して、挙句の果てに、少佐が任務遂行した後に、少佐暗殺を命じられていた……。

DSC00363.jpg

鉄の意志と信念で、ダルチムスキーを追い詰める少佐役をチャールズ・ブロンソンがいつものように硬派で演じると、女スパイをリー・レミックが艶やかでコミカルに演じ、まるで凸凹コンビのよな展開だが、話の内容は今の時代と照らし合わせるとかなり深刻だ。
70年代の映画が、結構予言めいたストーリーになってしまった、と言う事が結構あるが、この作品の内容も悪い意味で当たってしまった、と言う言い方が出来る。
元を辿れば、日本の特攻隊や人間魚雷などがモデルに考えられたんじゃないかと推測してしまうが、これが現代でも行われていると言う事実が怖い。
しかも、最近では子供たちが自爆テロを行っていると言うニュースを聞くと、怒りや悲しみを抱くのは僕だけではあるまい。
映画の中のブロンソンのようなヒーローが、現実に現れて欲しいと言う願いは、ばかばかしいかも知れないが、心のどこかで本気で思っている自分も存在する。
話を映画に戻そう。
映画自体は、アクション・シーンもふんだんに用意されているが、サスペンス色の方が強い作品と言える。
しかも、ラストは70’シネマの王道を行く、痛快なエンディングが用意されていて、思わず拍手したくなる事間違いなしだ!

I LOVE 70’CINEMA!

Category: 愛しの70’Sシネマ

Thread: DVDで見た映画

Janre: 映画

Tag: 70’S  スパイ  おススメ  サスペンス 
tb 0 : cm 0