09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


『グリーン・ランタン』と『プリースト』、どちらもマンガだ。 

今日は【原作がマンガの映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
『グリーン・ランタン』はアメコミ、『プリースト』は韓国コミック。どちらも原作がマンガだが、世界観は全く違う。『グリーン~』はさすがアメコミ、単純明快でティーン・エイジャー向け。
一方『プリースト』は、アメコミに憧れた東洋人が描いた世界観で、どっかで見た事ある。と思っていたら、『レギオン』の監督じゃないか。しかもどこか『デイブレイカー』とも似てる。(こっちの方がアクションに力が入ってる)

シネマチケット・グリ1
50歳を越えると、さすがにこの手の映画(↑)はつらい。荒唐無稽過ぎるのと、どのキャラにも感情移入できない。
荒唐無稽過ぎるのに、どこかで見た、聞いたお話。
目新しいものは無いし、発見も無い。もう、食傷気味である。

シネマチケット・プリースト
こっち(↑)の方は、いきなり知らない世界に放り込まれ、作者のルールに沿ってお話が進む。よって、その世界観をいかに早く受け入れられるかどうかだ。
僕はこっちの方が好きだけど、いずれにせよ、別世界で繰り広げられる戦いなので、緊迫感や緊張感と言ったものが伝わって来ないぞ。

最近の新作映画、ロクなものが無いなぁ。気になるから一応チェックするものの、お!と思える作品が少ない。
CGの凄さは、『トランスフォーマー:ダークサイド・ムーン』を見た時、もうCGに不可能はないな、と思った。
だからこそ、ストーリーでもっと観客を作品の中に引きずり込むような、そんな映画を作って欲しいものだ。

スポンサーサイト



Category: レビューがはじまる

Tag: 仮想チケット  ホラー  恐怖  アクション 
tb 0 : cm 0   

映画【リセット】と【リミット】…、この2作品の共通点。 

今日は【レビュー】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
少しややこしい2つの映画タイトル。続けて観ました。
勿論内容も性格も全く違うタイプの映画なんですが、非常に類似した欠点が気になりました。

チケット・リセット2

『リセット』の方はSF映画と言うジャンルでいいと思う。
ある日突然、停電と同時に人類が消える。残されたのは、停電時に「光」を操っていた映画館の映写技師や、自家発電のバーにいた黒人の少年、何故か朝起きたら一人だったと言うヘイデンと看護師の女性ら数名。
理由も分からずにバーに集まって来たこの4人が、明かりを消さないように、何とかこの不可思議な状況を把握しようとするが……。
見ていても、何故こんな状況になったのか?もちろん分からないし、最後まで全く理由を提示してくれない。
ただ、こんな状況だったら面白いだろう!的なノリだけで作られた、きわめて内容の無い作品だ。
状況が面白いだけに、論理的な何かを示すなり、ラストにそれなりの理由を説明するなりしてくれれば楽しめたと思う。

もう一方の『リミット』は……。

チケット・リミット1

イラクでトラックの運転手をしていたライアン・レイノルズが、目覚めると何故か棺らしき箱の中に閉じ込められている。
ジッポのライター、携帯電話、ペンなどのアイテムを使って、必死にこの状況から脱出しようと試みるが……。
ん~、思わず早送りしたくなる、イライラした展開だ。
予想通りの展開だったが、何故この映画を見たのか?(WOWOWでだけど)と言うと、ある雑誌に、「この映画でライアンが付けていた時計がハミルトン」と言うだけの理由。それを確認するだけのためだったが……。
脱出してナンボじゃないのかい?こういう映画って……。
とにかく、箱の中で苦しむ男を1時間半見るだけなんて、絶対楽しくないのは分かり切っているよね。これが美人だったら……。
この映画も『リセット』同様に、こんな状況だったら面白いだろう、だ。
2つの映画に共通して言えるのは、その状況をいかに脱出する事が出来るのか?と言う希望が無い事だ。
「やっぱりなぁ……」と、ある意味期待通りの展開では、観客が驚くような映画の魔法は得られない。
映画の質は、確実に低下しつつある。


Category: レビューがはじまる

Thread: 映画レビュー

Janre: 映画

Tag: 仮想チケット  ホラー  恐怖  アクション 
tb 0 : cm 0   

【デイブレイカー】吸血鬼映画も… 

今日は【最近見た映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
この映画、始まってしばらくは、SF映画、『ガタカ』の雰囲気がする。
色彩の関係か、或いは近未来(2019年)ながら、古い感じ、レトロ・フューチャーと言ったムードがそう思わせるのか。

チケットベースデイブレイカー1

だが、内容は『ガタカ』ほど洗練されてはいない。
物語の設定は、一匹のコウモリが原因で、人類の90%以上がバンパイアになってしまった感染症を、人間の血の代用品を研究しているエド(イーサン・ホーク)がわずかに生き残っている人類と協力して治そうと試みるが……。
何故人類がヴァンパイアになったのか?と言う原因には一切触れない、単純なシチュエーション・ホラー・アクション・ムービー、と言った感じだ。
昼間でも車が運転できるシステムや、『マトリックス』の人間栽培を連想させる(あれよりもっと気持ち悪い)ファクトリー、人間の血を吸えない吸血鬼は化け物になってしまうなど、一応アイデアの工夫は見られる。
だが、肝心の解決策には、あまりにも工夫が無い。(ただ、皮肉にはなっている)
ラストは、ヴァンパイアと言うよりも、ゾンビ化している。
吸血鬼映画も変わったもんだなぁ……。
いや、そもそも、これがはたして吸血鬼映画と呼べるのだろうか?
ニンニクが出て来ない吸血鬼映画なんて、有り得ない!と思うのは僕だけだろうか……。

ああ、クリストファー・リーのオールバックが懐かしい……。

Category: レビューがはじまる

Thread: DVDで見た映画

Janre: 映画

Tag: 仮想チケット  ホラー  恐怖  アクション 
tb 0 : cm 0   

『八つ墓村』 たたりじゃ~! 

今日は【金田一耕助登場の映画について】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
ハイビジョン版の『八つ墓村』を録画したブルーレイで見ました。

『男はつらいよ』シリーズの寅さんこと渥美清が、金田一耕助を演じた作品で、公開当時にはすでに人気が出ていた石坂浩二版の金田一と、比較されることで話題を呼びました。
が、時間が経過するほどに、全5作に渡って金田一を演じた石坂浩二に対して、物量的にも物足りないし、渥美清=金田一と言う強い印象も残せていないように思う。

(クリックで拡大します。↓ )
img012.jpg

彼、渥美清がわりを食ってしまった負の要因として2つある。
一つは、この作品の主人公は、あくまでも寺田辰弥役を演じるショーケンこと萩原健一であり、金田一耕助は脇役に甘んじている点だ。
二つ目は、舞台を昭和52年(1977年)と言う現代に設定を変えた事が大きいように思う。
石坂版で大きく金田一耕助の印象を作り上げた(もちろん原作のイメージだが)お釜帽にヨレヨレの着物に下駄履きと言うスタイルをあっさり破棄した決断は裏目に出ている。
で、一体どうしたのかと言うと、現代劇らしくジャケットを身にまとう。(個人的な感じだが、刑事コロンボの感じ、がする)
時折被る麦わら帽子に、金田一のスタイルを見てとる事が出来るが、これはこじ付けにしかならないか……。
これに加えて、作品がミステリーと言う事も、渥美清の本来の個性を消しているのかも知れない。

映画としては、作品を謎解きの趣向よりも、恐怖映画に比重を置いているが、因習、因縁、血縁にまつわる部分の描き方に物足りなさを感じる。
市川崑監督の「金田一シリーズ」は、時に尋常ではない程の血しぶきを過剰演出じゃないのか?と思わせるぐらい観客に見せた。
これは、単純に殺人シーンに凄味や悲惨な印象を与える効果と同時に、因縁や血縁の深さ、繋がりと言ったものを、大量の血を見せる事で植え付けようとしたんだと思っている。
『八つ墓村』では、多治見要蔵が猟銃と日本刀で、村人32人を惨殺するシーンに象徴されていると思うが、直接的ではなく、間接的にそう思わせた市川崑監督の方が、横溝文学のキーワードを解いて見せてくれたように思う。
何だかけなしてばかりになったけど、決してつまらない駄作ではない、と言う事を強調しておきたい。
例えば、オープニングで八人の落武者が山の上から八つ墓村を見下ろすシーンと、ラスト近くに、これと同じカットのシーンがある。
同じシーンなのに、最初と最後で、これほど見る側の感情に変化を与え、心を揺さぶるシーンの演出は、さすが野村芳太郎監督である。
ミステリーとして見るか、恐怖映画としてみるか、この映画はそこで評価が分かれるだろうが、未見の人がいるとしたら、一度は見る事をおススメします。

hrc3111.gif
-- 続きを読む --

Category: 愛しの70’Sシネマ

Thread: 邦画

Janre: 映画

Tag: 70’S  恐怖  探偵  サントラ  おススメ  イラスト 
tb 0 : cm 3