09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


『本陣殺人事件』、金田一さん、間違ってます! 

今日は【ミステリー邦画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
この映画、意外だろうが面白い。
しかも、プロローグとエンディングが同じ場面に通じていると言う、好きな人にとってはたまらない映画だ。
市川崑監督の金田一シリーズだが、僕はこの映画を観た瞬間から、実はこのATG作品にかなり影響されていたんじゃないだろうか、そんな思いが脳裏に浮かぶほど、この映画は金田一ミステリーの原型だと言っても過言じゃない。

確かに、謎解きの場面、時間軸の歪曲など、ATGだなぁ、と思う個所もあるが、市川崑のタイポグラフィを冒頭で使い、東宝のロゴマーク、監督市川崑、と続けてクレジットして始まっても、何の違和感もない、紛れも無い横溝ミステリーなのだ。
ただ、あの一点を除いては、の話だが……。
本陣2

あの一点、と言うのは、すでにご存じの方も多いと思うけど、中尾彬が演じる金田一耕助のヒッピー・スタイルにある。
ジーパン姿の金田一耕助ってのは、どうなの?
そんな気持ちでこの映画を見始めたが、絶対許せない、と言う感じもしなかったし、この映画が作られてから歳月が流れたせいなのか、逆に、中尾彬がオカマ帽に着物姿で登場!の方が違和感があるように思う。
いくら古典的な小説が原作で、何度も映像化されている有名なトリックでも、未読未見の人もいると思うので、知らない人はここからは読んじゃダメ!

ネタバレ↓   
この作品の中で、2つ大きなミスを犯している。
それは、琴の糸が切れ、木がしなり、刀が地面に突き刺さる音を消すために、一柳賢蔵(田村高廣)が琴をかき鳴らす場面。
これはあり得ない。
段取りが合っていない。刀が外の時は、その刀ですでに賢蔵は死んでいるはず、有り得ない。
もう一つは、あそこまで現場が血の海になっているのだから、刀にも相当の血が付着しているだろうし、血の海をズルズルと引きずられるのだから、血の道筋が畳の上、屏風、或いは廊下にまで滴が落ちているはず。
この辺の演出は、TV版の『本陣殺人事件』の方が上手く処理をしていた。
ま、TVにしろ、原作にしろ、トリックに関しては常に物議を呼ぶ宿命であり、それがファンにはたまらないのだが、演出的ミスはご遠慮願いたい。
たまらないと言えば、この映画の中でも触れているが、ガストン・ルルーの密室小説の傑作、「黄色い部屋の秘密」に挑戦状を叩き付け、真っ向勝負を挑んでいるのも面白い。
また、ミルンの「白い僧院の殺人」などにもよく見られる、「雪の上の足あと」のトリックも使って、ミステリー・ファンにはたまらない。

ネタバレ解除!
舞台設定を、小説の1937年から、1975年当時に置き換えたが為に、金田一耕助はジーンズ姿になってしまったワケだが、1977年に作られた『八つ墓村』で、同じ過ち(?)を繰り返している。
それは、渥美清が演じた、サファリ・ルックの金田一耕助で、こちらもその見た目の変化に、金田一ファンからは冷たい目で見られた。

だが、よく考えて欲しい。
着物姿の金田一が活躍した映画、リメイク版の『八つ墓村』(1996)、『悪魔が来たりて笛を吹く』(1978)、『悪霊島』(1981)と、どの作品も不発に終わっている。
唯一、TV版で何作も金田一を演じた古谷一行が認められているが、それは、別物だが良く出来ているし、好感が持てる、と言うモノだろう。

何と別物なのか?

それは、市川崑のシリーズであり、石坂浩二が演じた金田一耕助である事は、誰も否定できないだろう。
このシリーズ5作品がある限り、もはや誰が演出しても、誰が金田一を演じようとも、別モノ扱いになってしまう。
そう言う意味において、この『本陣殺人事件』を面白いと言えるのだ。

じゃあ、渥美清の『八つ墓村』と、この映画、どっちが面白いかと聞かれれば、僕はこの『本陣殺人事件』だと思う。
え? ウソだろう? ですって?
いいえ、「ホンシン」です。

スポンサーサイト



Category: 愛しの70’Sシネマ

Thread: 最近見た映画

Janre: 映画

Tag: 70’S    探偵  おススメ  イラスト 
tb 0 : cm 4   

『華麗なるアリバイ』 シネマ・サーフィン~11~ 

今日は【クリスティ原作のフランス映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
アガサ・クリスティ原作「ホロー荘の殺人」の映画化。
それは良しとしても、僕個人の意見としては、決定的に選択を間違えているような気がする。
と言うのも、フランス映画でこの手のミステリー、つまり本格ものは似合わない、と思っている。
本格ミステリーと言うのは、ミステリーと言う分野の中でも極めてロジカルな要素が強いからだ。
このロジカルな部分がいい加減だと、観客(読者)は重箱の隅を突いて攻撃して来るのが、本格なのだ。
これが、フランス人の芸術気質と反すると考えている。(あくまで個人的な意見ね)
ボアロー&ナルスジャックのようなトリッキーな作家も確かにいるが(古い?)、ジョルジュ・シムノンに代表されるような叙事詩的な作風が抜群にいいし、セバスチャン・ジョプリゾのような強烈なサスペンスの方が似合っているような気がする。
つまり、人間を描くのが上手い(心理描写を含めて)のがフランス映画の特徴と言えるのに、それとは一番遠い所(あくまで黄金期の話、昨今は事情が変わって来てるけど…、多少…)にある本格は違うんじゃないか?と言う事。
前置きが長くなってしまった……。
ミステリーを見る前は、特に予備知識が無い方がいい、が……。
この作品に関してはあまりにもなさ過ぎて、原作に登場する名探偵ポアロが出て来ない。(チェッ!)
クリスティ自身も「この小説にはポアロは必要なかった」と述べているように、映画を見る限り本当にそう思う。
さて、どうしたものか……。
この映画を説明するのには、ネタバレ覚悟じゃないと、辛いものがある。なので、これから見るかも知れないなぁ、頭の隅にちょこっとでもある人は、以降読まない事をおススメします。(映画自体の質はあまりおススメできないけど、タイトルを含めたトリックは、クリスティ印に間違いない、と言った作品なんだ)

img034.gif

まずは簡単に状況を説明しよう。
上院議員の屋敷に8人の男女が集まり、晩餐会をするが、みんな顔馴染みだ。
中でも医者のピエールはモテモテで、妻と一緒に参加するが、上の落書きのように、不倫中のエステルと、昔の恋人で女優のレアもそこに参加、悪い予感がする。
おまけにホストの議員は銃マニアで、そのコレクション・ルームには膨大な数が蒐集されている。
案の定、色男のピエールが銃で撃たれ殺される。
銃声を聞いて駆け付けたみんなは、妻のクレールが38口径のピストルを手に呆然と座り込んでいるのを目撃する。その姿を見たエステルは、何故かその銃を払い落とす……。
この状況に、警察は当然第一容疑者として、妻のクレールを連行する。
尋問に対して、自分でも何が起こったか分からないと言うクレールに困惑する警察に、さらなる追い討ちが。
殺されたピエールからは38ミリの銃弾ではなく、19ミリが検出される。
一方、ある夜遅く、屋敷の庭で何かを探しているエステルが、19ミリのオートマチック銃を拾い、あわてて屋敷に戻る。エステルが犯人なのか?
この辺の巧妙さはクリスティ印なのだが、映画的には「警察も捜査していただろう……」と突っ込みたくなる。
だが、今回はファインプレイがある。
それはこの映画のタイトルだ。
一部のブロガーさんはタイトルに嘘がある、と指摘しているようだが、それは少し違う。
普通、アリバイと言うのは、犯行現場から最も遠く、その存在を証明される事によって無実が証明されるのだが、今回のアリバイは真逆で、犯行現場に一番近い存在証明でありながら、犯人では無いと立証される事を意味するのだ。
これはアリバイと言う言葉を、邦題で逆手に取った配給会社のファインプレイだと思う。(よほどのミステリーが好きな人が付けたのか、と思う一方で、真逆のアホ…、いや、ミステリーは全然と言う人が付けたのか、真相は不明だけど…)
原作を知っていたので、まさかポアロが出て来ないと言う、単純なトリックに騙されて映画を見た僕は、この先、ミステリーを語っていいものかどうか……、少し不安だ……。

次回は古い作品だが、これはこれで物議をかもすだろうなぁ……、ねぇ、ハリー君……。

Category: 特集

Thread: DVDで見た映画

Janre: 映画

Tag: 探偵  ミステリー  イラスト 
tb 1 : cm 2   

『薔薇の名前』 シネマ・サーフィン~10~ 

今日は【ブルーレイで見た映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
この映画に関して、前もって言っておかなければならない事が。
まず、原作の小説と、本作は全く別物である、と言う前提で話を進めて行かなければならない。
何故なら、原作の目的と、映画の目的、言い換えるなら視点が違うからだ。
これは、原作を基本とする映画にとっての宿命だが、この作品に関しては、その事が顕著に表れている。
原作の持つスピリットは?
目的は?
メッセージは?と、この原作の熱烈な読者に批判覚悟で言うならば、映画自体は純粋なミステリーとして語って行きたい。

img033.gif


修道院と言う閉ざされた環境で、一人の修道僧の命が絶たれた。バスカヴィルのウィリアム(ショーン・コネリー)とメルクのアドソ(若き日のクリスチャン・スレーター。彼の回想録と言う形で物語は進んで行く)は修道院に到着早々にこの事実を知る。(ウィリアムの本来の目的は、当時「清貧論争」と呼ばれた、フランシスコ会とアヴィニョン教皇庁のあいだの論争に決着を付ける会談を調停し、手配することにあった)
修道院側は、この出来事を悪魔の仕業だと捉えていた。
と言うのも、死んだ修道僧は、窓の無い図書館塔から飛び降りたか、落下して死んでいたからだ。
だが、洗練された知能と観察力の持ち主ウィリアムは、謎の真相を解き、自殺だと言う事を突き止める。
これが事件の発端だ。
何故なら、どうして修道僧は自殺しなければならなかったのか?と言う疑問が浮かび上がるからだ。
調査に乗り出したウィリアムとアドソだったが、その矢先に殺人事件が起こる。
これが黙示録の一節と合致し、見立て殺人が幕を開ける。
事件は第2第3と、連続殺人事件に発展。
何故かユーモアに嫌悪感を抱く修道院、罪なき人々を神の名のもとに処刑する異端審問官、迷路のような、閉鎖された文書館、アドソと少女の恋……。
全てがジグソーパズルのピースのようにちりばめられ、それをウィリアムは一つ一つ拾い上げ組み合わせて行く。
これは、あっと言う間の2時間10分、ミステリー映画史上に名を残す名作だ。

バスカヴィルのウィリアム、と言うイメージからも連想できるように、これはホームズとワトソン役の定番ミステリーでもある。
そのウィリアムは、古い考え、謎を次々と打破して行くが、彼の持っている老眼鏡こそが、この世界において、知の象徴として扱われている。
余談だが、冬の寒さ厳しい修道院が舞台とあって、そのリアルさを伝えるために主演の二人は勿論、キャスト全員が下着を一切着用しないで撮影に臨んだエピソードは有名だ。
よほど過酷だったのか、これには主演のショーン・コネリーも「二度と出たくない映画」と後に振り返っている。
さて、
ミステリーの王道だろうと思うこの作品のタイトルが、実は今も明かされない最大のミステリーだろう。
『薔薇の名前』とは、劇中、一体何を表しているのか?
これには色んな憶測、解釈があって、「薔薇の名前」とは何か&「薔薇の名前」と普遍論争(ウィキペディア参照) をクリックして貰えれば良いと思うが、記号論哲学者としての面目躍如と言う所だ。
その、所説ある中、僕は単純にこう思う。
バラとは、やはり生涯一度だけ恋をしたアドソの名も無き相手。
ゴミをあさって、顔や手を真っ黒に汚し、着ている服はボロボロ、食糧を得るために自身の身体を捧げてみじめな生活を送ってはいるが、身分や服装、見た目に関係無く、体を一つにして愛し合った女性こそがバラであり、他の物を圧倒する輝きを放っている。
しかし、アドソはその愛した女性の名を知る事も許されない修道僧の立場。
彼は、彼女の名前は、一体何と言うのだろうか……、そう思いをはせる事で、生涯に渡り、彼女に恋をしていたんじゃないだろうか……。
「その考えは、ミステリーにおいてはロマンティック過ぎるだろう」
その通りだと思うが、その声に、僕はあえて反論はしない。

コホン、すぐに話が脱線するのが悪い癖だな。
最後に、映画はミスエリーの王道を行く作品で、時代を中世にまでさかのぼった事により、ある意味閉鎖的空間が生み出され、最後まで緊張感が続く一級のミステリーだと断言しておこう。
秋の夜長にはピッタリの映画だ。


Category: 特集

Thread: 心に残る映画

Janre: 映画

Tag: イラスト  おススメ  探偵  ミステリー  名作 
tb 0 : cm 2   

『殺人ゲームへの招待』 シネマ・サーフィン~9~ 

今日は【ミステリー映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
復活!!
いや~、歳を取ると風邪も直ぐに治らんわい!
と言う事で久々の更新です~。

その昔(1975年頃)、友人の家でこのボードゲーム(正式な名称は忘れたけど…)を楽しんだ事がある。
つまり、この映画はボードゲームから生まれた、当時としては珍しい作品だ。
今なら『バイオハザード』に代表されるように珍しくもなんともないが、おそらくゲームが映画化の対象となった初めての作品かも知れないなぁ。

この映画、見てまず驚くのは『名探偵登場』とシチュエーションが瓜二つ、と言う事。
大きな屋敷に、霧の中をクラシック・カーに乗って集まって来る人々。
このタイトル・バックに流れる音楽も、どこか『名探偵登場』を連想させる。
ただ、決定的に違うのは、招待されたゲスト全員が、これから起こる殺人に動機がある、と言う事だ。

img032-1.gif


互いに疑惑が生じ、ティム・カリーが演じるワーズワースと言う執事が、謎を解明して行こうとするが、屋敷には抜け道があったり、容疑者が多過ぎて、ラストの唐突に始まる犯人当てまでは、観客の推理も無駄に終わる。
と言うのも、この映画のラストは、3つのパターンがあるからだ。
公開された当時、劇場によって異なるラストが話題を呼んだ、いわく付の映画なのだ。
そりゃそうだろう。
考えてみれば元々はゲームなんだから、その性格から、プレイ中の状況によって、毎回異なるラストが用意されていないと、ゲームとして成立しないのだ。
ただ、これはゲームだから許される事であって、これを映画で再現してしまうとどうなるのか?
DVDの普及によって、メニュー画面から3つのパターンを全て見る事が出来る。
この結果、誰が犯人でも、その直前でツジツマを合わせてしまうと言う、ミステリーにおいて、有るまじき行為が当たり前のように行われてしまう。
これではラストに犯人の正体が分かったとしても、謎解きの、あのカタルシスを味わう事は出来ない。
また、『名探偵登場』では、あえて触れなかったが、ミステリー小説好きにはお馴染みの、「ヴァン・ダインの二十戒」(今は二十則と言うみたい)をことごとく茶化しているのは、パロディ映画、コメディ映画の持っている風刺だと、好意的に解釈しておこう。
世間的には、もう何十年も前に「二十戒」を外したとしても、いや、あえて破る事で面白いミステリーが誕生している事は周知の事実である。
僕などは、どちらかと言えば本格好きなので、ある程度尊重しているようなモノが好きなのだが……。
おっと、ミステリーの事をあんまり語ると、【探偵小説三昧】のsugataさんに「いい加減な事を言うな~」と怒られる(笑)ので、この辺で止めとこ。
本格の、変わったミステリーが見たい人は、一度見てみるのもいいんじゃないでしょうか。
さて、『名探偵登場』、『殺人ゲームへの招待』と、王道と言いながらもコメディ・タッチが2本続いたので、次回からは文句の付けようが無い作品をアップして行くとしよう。

Category: 特集

Thread: DVDで見た映画

Janre: 映画

Tag: ミステリー  イラスト  探偵  コメディ 
tb 0 : cm 0   

【湯殿山麓呪い村】自分の記憶を呪う… 

今日は【DVDで見た映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
27年ほど前に劇場で見てから、その後一度ぐらいはTVで見たかも知れないが、殆ど内容を忘れていた、このDVDを見るまでは……。
横溝文学が好きで、この映画もその流れを受け継ぐものだと、昔、原作を読んだ勢いで劇場に行った……。
そして、時を経て、あの当時の悪夢を思い出す事になるとは……。

DSC00342.jpg

設定は良いんだよ。
江戸時代に、恋に落ちた修行僧が駆け落ちしようと試みるが、見つかって無理やり即身仏のミイラにさせられる。
それを知った女も首を吊り自殺。
この怨念が現代に蘇えり、ミイラに携わった人間を殺して行く……。
その連続殺人事件を、大学講師が追い詰めて行く……。
だが、一見、ミステリーの王道に思えるようなストーリーも、キャラクターが台無しにしている。
と言うのは、この映画に登場する人物に、誰一人として感情移入が出来ないのだ。
出てくる人出てくる人、どうも根性、性格が悪過ぎる!
せめて、探偵役の大学講師(永島敏行)ぐらいは普通の人にするとか……。
ミステリー映画は、やっぱり中心に「謎」があって欲しいし、その謎を解く時の、あのカタルシスが必要だ。
だが、無理やりミイラにされる姿を冒頭で見せているから、ミイラを発掘した時、驚いているのは出演者だけ。
肝心の謎解きも、中盤でネタバレしてるし、おまけに、○×△□がそこまでやる?との疑問が多いに残る。
ま、勝手に金田一シリーズの印象とシンクロしたから僕が悪いのかも知れないが、宣伝は確かにそんな売り、だったぞ。
あ~、文句ばかり書いちゃうなぁ……。
え?だからチラシや宣伝文句に書いてあっただろうって?

「皆、語るなかれ、聞くなかれ……」

なるほど……。

Category: レビューがはじまる

Tag: 探偵  ミステリー 
tb 0 : cm 2