09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


【映画本】と【音楽本】と【CD】の休日 

今日は【お買いものした本とCDについて】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
タワレコとジュンク堂書店で休日の半日を過ごしました。(ま~、お暇な事…)
まずは映画本の話。
「映画秘宝」のEX本を発見。雑誌にCMが載っていたので、ある程度のあたりを付けて見に行きました。

DSC00365.jpg

年代ごとに、どんなカルト映画があったのかを掲載している非常に役立つ本です。
例えば、カルト映画とは「特定のジャンルには関係なく、万人受けはしなくても、一部の熱狂的な信者に支持されている映画」と言う定義を忠実に守り、ま~読み応え充分の一冊に仕上がっております。
殆ど見た事ある映画、と言う自分の映画史も相当カルトの道を歩んでいるなぁ、と実感したよ。三浦じゅんフリークスの僕としては、氏のコラムが最高に眩しい……。(←カルトだ…)

お次も、ピーター・バラカン氏フリークスのわたしゃ当然買いの一冊!
月刊「プレイボーイ」に掲載されていたコラムが単行本になったもの。

DSC00366.jpg

ピーターさんの薀蓄(うんちく)が炸裂しているのは勿論、本の表紙、上に見えているイラスト(沢田としき氏)が本編にも掲載されていると言うゴージャスな内容だ。(ただしイラストはモノクロ…)
読むと必ず音楽が聴きたくなる!
まるでDJピーターがそのまま本から語りかけて来るような錯覚に陥る快感です。(ああ、最高!)

最後はタワレコで買ったシンプリー・レッドのCD。これはデビュー作にして最高傑作のデジリマ盤。

DSC00364.jpg

中でも『ホールディング・バック・ジ・イヤーズ』は絶品だ。
と言う事で、最後にプレミアムLIVEじゃないけど、原曲のまま聴いて下さいね。
じゃ、楽しい休日を!



スポンサーサイト



Category: シネマ・エッセイ

Thread: 映画関連ネタ

Janre: 映画

Tag: 映画本  音楽本  CD 
tb 0 : cm 2   

【角川映画】と言う異常な愛情 

今日は【映画音楽】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
今日紹介したいのは、ある意味ひじょーに珍しいサントラCD。
何処が珍しいのか?と言うと、洋画ならともかく、邦画でこれだけの映画のタイトルを集めた一枚のCDはめったにお目にかかれないからだ。

DSC00316.jpg

ラインナップを見て欲しい。

【曲目リスト】
 1.愛のバラード (『犬神家の一族』)
 2.人間の証明のテーマ (『人間の証明』)
 3.戦士の休息 (『野性の証明』)
 4.蘇える金狼のテーマ (『蘇える金狼』)
 5.戦国自衛隊のテーマ (『戦国自衛隊』)
 6.You are love (『復活の日』)
 7.スローなブギにしてくれ(I want you) (『スローなブギにしてくれ』)
 8.守ってあげたい (『ねらわれた学園』)
 9.セーラー服と機関銃 (『セーラー服と機関銃』)
10.汚れた英雄 (『汚れた英雄』)
11.光の天使 CHILDREN OF THE LIGHT (『幻魔大戦』)
12.探偵物語 (『探偵物語』)
13.時をかける少女 (『時をかける少女』)
14.里見八犬伝 (『里見八犬伝』)
15.愛情物語 (『愛情物語』)
16.メイン・テーマ (『メイン・テーマ』)
17.晴れ、ときどき殺人 (『晴れ、ときどき殺人』)
18.Woman “Wの悲劇”より (『Wの悲劇』)



ボリュームもさることながら、「あの日、あの時」を彩った名曲ばかり。
オープニングを飾る『犬神家の一族:愛のバラード』のみがインストゥルメンタル。
今回は全曲が最新のリマスタリングを施されているので、ノイズを抑えたクリアなサウンドが聴ける。
実はこの『犬神家の一族』の愛のバラード、個人的には邦画だけに留まらず、洋画を含めた映画音楽の中でも溺愛している。
最高に美しく、そして妖しい……。
『人間の証明』は劇場に見に行った。繰り返し流されるTVスポット。ジョー山中が唄う「ママ~ドゥユーリ~メンバ~♪」をバックにした、「母さん、僕のあの帽子、どうしたでしょうね……」のキャッチコピーにキャッチされた。
当時、ハリウッドでバイププレイヤーとして人気があった、ジョージ・ケネディが出演していたのも大きかった。

『復活の日』は、ジャニス・イアンが好きだった事もあって、僕にしては珍しくサントラLPを買った。
彼女が歌う「ユー・アー・ラブ」は、震災後の今だけに、聴くと涙が出そうになる……。

『時をかける少女』や『ねらわれた学園』などは、個人的にジュブナイルとして思い入れがある。

笑えるのは『晴れ、ときどき殺人』だ。
何故これが笑えるのかと言うと、こんなキャッチフレーズを御存じだろうか?
「語るなかれ、聞くなかれ」
そう、これは『湯殿山麓呪い村』のTVスポットで流れていたものだけど、この映画と同時上映(厳密には併映だよなぁ…)が、『晴れ、ときどき殺人』だった。
勿論『湯殿~』を目的で劇場に見に行ったんだけど、その帰り道、頭の中でリフレインするのは「は~れっ、ときどき♪」のフレーズ。(覚えやすいもん)
で、未だにこの曲を聴くと、こっちじゃなくて『湯殿~』の方を思い出す。
しかも、何故かミイラの場面で、BGMが♪は~れっ、ときどき♪
これはもうパブロフの犬状態だからどうしようもない。
聴くと、笑う。

エピソードは尽きないが、低迷していた邦画界にあって、角川書店が仕掛けた数々の戦略は見事に的中して行った。
洋画より、邦画の方が収益を上回ると言う、現在の状況が訪れようとは、この頃、僕を含めた映画ファンの一体誰が予想できただろうか……。

今回のCDは、『犬神家の一族』を除いては全てが歌での構成となっているため、僕の大好きな『野獣死すべし』がリマスタリングで聴けなかったのが心残りだが、実は何年も前に別のCDに収録されている。

DSC00318.jpg

こちらのCDも、これはこれで良いが、中古屋さんでしか見かけないかも知れない。
新しい方は、まだ発売して間もないので、CDショップなどに行った時は、是非手に取ってご覧あれ。
そのままレジに直行、は必至ですよ。

hrc3111.gif
-- 続きを読む --

Category: サウンド・トラック

Thread: 映画音楽

Janre: 映画

Tag: サントラ  CD  おススメ 
tb 0 : cm 2