04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『ジョニー・イングリッシュ:気休めの報酬』 ハハハ。 

こんばんは、ロッカリアです。

うん、面白い。
ローワン・アトキンソンはMr.ビーンの呪縛からやっと抜け出し、このジョニー・イングリッシュと言うキャラクターを自由に、楽しそうに演じている。
全開よりも007へのオマージュとパロディはパワーアップしているし、ジョニーと言ういい加減なキャラがより浮き出すように、演出がとても丁寧な所も好感を持てる。
ジョニー・イングリッシュ2

今回は、モザンビークでの任務に失敗したジョニーは、チベットの僧院で何故かカンフーの修業をしているが、この修行中に僧侶が彼に言った言葉が、大事な場面でジョニーの脳裏によみがえり、彼を救う。
『燃えよドラゴン』の、あのシチュエーションだ。

そもそも今回は、オープニング・タイトルからして007にそっくりで、このプロローグを見ただけで物語への期待が高まるのだ。
モザンビークの事件がトラウマとなった彼は、「モザンビーク」と言う言葉を聞くと、右の目と眉毛がケイレンするのだが、これが人間ワザとは思えないぐらい凄い!
また、ジェームズ・ボンド愛用の銃、ワルサーPPKを所持していたり、スペクターのNo.3のローザ・クレップ(『ロシアより愛をこめて』のあの怖いおばさん!)のキャラパロだろう、中国系の小さいオバさんが再三ジョニーを苦しめる。

MI:7の建物の中には、Qの武器開発セクションのような所がちゃんとあって、ボンド・カーならぬイングリッシュ・カーも用意されている。(もちろんガシェットも装備されている!)

見所は何と言っても、ローワン・アトキンソン演じるジョニーのギャグ、と言いたい所だが、今作のジョニーはダメ男を克服して、実にカッコいいのだ!
その証拠に、今回はちゃんと恋人まで出来る!
しかもこの彼女、ロザムンド・パイクは『007ダイ・アナザ-・デイ』に出演していた正真正銘のボンド・ガールなのだ。
ジョニーのの上司で、言わばMにあたる役を『X-ファイル』のスカリーことジリアン・アンダーソンが演じ、ジョニーに振り回される。
今回は、中国の首相暗殺を阻止すると言うのがミッションだが、果たしてその結果は……。

ちなみに……。
ボンド映画の番外編と言われる『ネバーセイ・ネバーアゲイン』に、ローワン・アトキンソンが英国のエージェントとして出演していたのはご存知?
もろ、ミスター・ビーンって感じだったけど、それを思い出すと、なんか出世したな~って感じだね。

そうそう……。
エンドロールの途中で、ジョニーが音楽に合わせ、ワンカットで料理をするシーンがあるから、最後まで見逃さないようにね!

スポンサーサイト

Category: レビューがはじまる

Thread: DVDで見た映画

Janre: 映画

Tag: イラスト  コメディ  おススメ 
tb 0 : cm 2   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。