09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【僕の音盤青春記PART2】の圧倒的エピソード 

111-1.jpg
今日は【音楽本】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
やっと続刊が発売された。
今では考えられないが、1曲の音楽、1枚のアルバム、一人の、或いは一つのグループについて、昔はこんなにも色々なエピソードがあったんだ、と言う事を改めて思い出す。
しかも、それらのエピソードは、曲やアルバムがきっかけではあるが、どれも個人の生活にまつわるものだ。
100人いれば100のエピソードがあったんだよね。
少し話がややこしくなるが、以前のブログの「海賊盤」ブログにアップしたエピソード。
レコード屋さんのお話なんだけど、お暇な人は読んで行ってね。
ま、他愛もない話です……。


”CDなるものが世に出現するまでは、当然CDショップと言う言葉は存在しなかった。(ま、当たり前…)
ショップと言うのは日本語で「お店」。(これも当たり前…)
間違いなく音楽の黄金期だった1970年代、レコード屋さんをショップと言う言い方はしなかった(少なくとも私の周りでは)。
確かに、レコードを買った際に入れてくれる袋には、「○×レコードショップ」と英語で書いていることもあった。
でも、日常会話的には、「おい、レコードショップに行こうぜ!」何て言う言葉は聞いた事が無く、「おい、レコード屋(もしくはレコ屋)へ寄ろうぜ!」が正しかった。
何故こんな事を言うのか、それは、今思い返してみると、音楽マニアには天国であると同時に、お財布には地獄と言うレコード屋さんには、それなりに意味があったと思うからです。

高校のある日、いつものように駅前の商店街の中にあるレコード屋さんに行こうとすると、反対側に新しくレコード屋さんが出来ていた。
へぇ~、新しく出来たんだぁ、と思って店内に入ると、30歳前後ぐらいのお兄さんが笑顔で「いらっしゃいませ!」と出迎えてくれた。
私は思わず「おお~」と声を上げた。
商店街の中の店とは明らかに雰囲気の違う、それらしい内装で飾られ、ロックがガンガン流れていたが、別に音楽に驚いたわけじゃない。


アフロ-4

街中には当時流行っていたアフロヘアも珍しくなかったが、これほど立派なものは見た事が無かったからだ。
そのアフロのお兄さんは、この新しくできたお店のマスターで、笑うと少し出っ歯がチャーミングだった。
アフロマスターはすぐに「会員になると、LP20枚ごとに1枚ただで貰えるよ」と言う。
全く断る理由が無い甘い囁きに速攻登録した。
この時代、この会員登録と言う制度は本当に珍しかった。
何故かこのアフロマスターと気が合って、お金が無い時でも遊びに行くようになり、気になるレコードがあると試聴して、バイト代が入るまでよくキープしていてくれた。
試聴と言っても、タワレコ等に代表される大手CDショップでよく見かける無粋なCD再生機じゃない。
私が指定すると、アフロマスターはレコードを宝物のようにターンテーブルの上に乗せ、息を殺して慎重に針を下した。
この試聴は頑張って3枚までだった。
それ以上は申し訳ないからだ。
時にアフロマスターは「こんなの入って来たよ」と言って自らレコードを聴かせてくれる事もあった。
ちなみに、レコード屋さんだからいつもロックやポップスが店内に流れていたが、これらはすべてアフロマスターが自宅でカセットテープに録音して来たものだった。
いつの日からか、私よりも年上のお兄さんたちがアフロマスターの周りに集まるようになり談笑するようになっていたが、私が訪ねるとすぐにアフロマスターは側に来て、「聴きたいのがあったら言ってね」と話しかけて来てくれた。
僕はちょうど目当てのレコードがあったので、そのレコードをアフロマスターに渡した。
すると、すぐ横に集まっていたお兄さんたちの一人が、「知らないなぁ、こんなレコード」と言う。
全く悪気は無かったと思う。
だけどアフロマスターは、「この子はあんた達よりもよく知っていて、聞く耳も確かだよ」と少しだけ声を荒げて言った。
いつもニコやかなアフロマスターだったが、この時はそのチャーミングな出っ歯は見えなかった。
「でも知らなし、聴いたことも無いぞ…」などと言う話し声が聞こえて来たが、そのレコードにアフロマスターが針を下した瞬間、お兄さんたちから「おおっ~!」と言う小さな歓声が上がった。
「いいねぇ、コレ」と言う声も聞こえて来た。
その時かけてもらったレコードが、ウェザー・リポートの天才ベーシストのジャコ・パストリアスのソロ・アルバム、【ワールド・オブ・マウス】だった。
映画『タクシー・ドライバー』でジャズ、フュージョンにハマってから、ロック以外にジャンルを飛び越えて聴くようになっていた。
それからと言うもの、度々このお店でそのお兄さんたちと顔を合わせる事になるが、これがキッカケで「ヨッ!師匠いらっしゃい!」とか、「何かいいレコードの情報は?」と話しかけて来る仲になった。

このレコード屋さんと言う言葉の響きには、単にレコードを商品として取り扱っているんじゃなくて、音楽そのものの価値をお客さんに提供していたんじゃないか、と言う思いがある。
このレコード屋さんは、1980年代に入ったある日、アフロマスターから、
「身体をこわしたから、田舎に帰って療養します…」と告げられた。
とても哀しかった……。
お店自体は他人の人が経営を継いだが、私にとってのレコード屋さんは、このアフロマスターの時代だけだった。

最後に、私はボブ・ディランのライブ・アルバム【at武道館】と言う、滅多に買わない2枚組のアルバムを買ったが、それが私に出来る感謝の気持ちだった……。"


Category: 迷宮図書室

Thread: 音楽のある生活

Janre: 音楽

tb 0 : cm 3   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/01/25 22:45 [edit]

こんばんは☆

こちらでは、はじめまして☆
お久しぶりです、「映画鑑賞の記録」の miriです。

この記事、以前の海賊版でも読ませてもらっていました。
良い記事ですよね~。

>このレコード屋さんと言う言葉の響きには、単にレコードを商品として取り扱っているんじゃなくて、音楽そのものの価値をお客さんに提供していたんじゃないか、と言う思いがある。
>私にとってのレコード屋さんは、このアフロマスターの時代だけだった。

良かったですよね、その方との出会いがあって。
「良い想い出」という簡単な言葉だけではなくて、
あの頃に聞いたレコード・あの時代の全て・そしてきっと、お友達のお顔なんかも
浮かぶのではないでしょうか?

こうして今、ブログにアップしている事を、お知らせしたいような気持ちですよね~。
きっとどこかで、元気にしていてくれてると思います。

ところで、私のブログで、ノートの転記が終わった事もあって、
今年からは1週間に2回の更新にする事にしました。

名前を付けて下さった企画の方は、宵乃さんがこころよく引き継いで下さり、感謝です。
ロッカリアさんも、是非また、お時間頂けたら、ご一緒しませんか?

では、これからは、こちらにもお邪魔させて頂きますね~。
どうぞ宜しくお願いいたします♪
(長々失礼いたしました)

miri #jSBoJ0Ww | URL | 2012/01/26 19:13 [edit]

Re: miriさんへ。

どもども。
最近では結構ポップな映画も見てるんだね。『ハワード・ザ・ダック』なんて見るんだ。
こいつもDVD出た瞬間に買いに行ったよ。
世間では評判悪いけど、好きなんだなぁ~ハワードが。
なんかハードボイルドで。

今日の記事にも関係あるかも知れないが、あの頃の映画や歌には、みんな思い出や思い入れがいっぱいあるよね。
良い時代、いい青春を過ごせたんだよ。

映画ノートの記録は、もう宝物だね。
僕も昔からノートに記録すると言う発想があったら…と思うと残念でしかたがない。
でも、長続きはしなかっただろうとは思うけど…。

こちらこそ宜しく。

ロッカリア #- | URL | 2012/01/26 23:49 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/106-53809388
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。