05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『料理長(シェフ)殿、ご用心』とTV洋画劇場時代 

今日は【主にTV洋画劇場】の時間です。

シェフ-1今日は珍しくこんにちは、ロッカリアです。
この映画の内容は近々アップするとして、今日は昔の話にお付き合い下さい。
この映画もやっとDVD化。しかも、買えるものなら買って見ろ、と言う脅迫価格の¥5040!(ブルーレイなら2枚も買える…)
この映画を見ていて、僕が昔経験した不思議な出来事(と言っても大袈裟な事ではないけど…)を思い出した。
この映画も、TVの洋画劇場全盛の時代、真夜中に何度か見た記憶がある。
カラー作品と言うよりモノクロのイメージが強く残っている。
その当時(1970年代)は、僕は5インチの白黒TVで、ふとんに潜り込んだまま深夜の洋画劇場を見ていた、と言うのは以前にも少し書いたが、モノクロの印象が強い映画は、決まってこのスタイルで見ていたかだ。

11PMが終わって(男子の教科書だった…)から、洋画劇場が始まる深夜(だいたい1時前後)まではラジオで時間をつぶす。
3時頃には映画も終わるから、いい夢を見ながらそのまま寝る…と言うのが生活サイクルだった。
この深夜劇場、金曜、土曜ともなると、あっちこっちのチャンネルでオンエアされるから、ビデオの無い時代、リアルタイムで見なければならなし、時間帯が重なったりして見れない場合もあった。
1時から『フレンチ・コネクション』1時15分から『いちご白書』、2時から『ソイレント・グリーン』なんて日は、昼間っから映画好きの友人と「何見よ?」
「やっぱソイレント・グリーンは外せんだろ」などとよく話した。
土曜、日曜なんて、昼間から洋画劇場が放映。
学校帰りに友人宅で鑑賞、数人で盛り上がっていた。

さて、不思議な体験と言うのは、そんなある日の日曜日のこと。
『影を追う二人の刑事』(TV放映時で、『最後のアドレス』と言うタイトルでビデオ化されていたらしい。見た事ないし、ダサいタイトル…)と言うフランス映画がある。
監督ジョゼ・ジョヴァンニ、主演リノ・ヴァンチュラ、マルレーヌ・ジョベール、音楽フランソワ・ド・ルーペ
と言う一流のスタッフの手によって作られた映画だが、ヒットせず、後にも先にもこの映画を見たのはこの時だけだった。
中学生の頃、お昼の2時ぐらいから放送が始まった。
普段なら外に遊びに行っているか、野球をしているかだったが、その日は朝からどんよりと曇っていたので、家でこの映画を見ようと決めていた。
映画が始まる。

ある男の後を追って、二人の刑事、リノとマルレーヌがコンビを組んで捜査をする、と言う内容のものだが、常に雨がシトシトと、本当にそんな感じで降っていて、その雨の中、ただ犯人を追いかけるだけの地味な映画だった。
「あ、雨だ……』
雨の匂いと共に、シトシト降って来た……。
季節は春ごろ。
僕はTVの画面から視線を外に移したり、また画面を見たり……。
この何気ない事が不思議な感覚だった。
何て言えば言いだろう、生涯でたった一度、映画と現実が混ざり合う不思議なひと時。
現実離れしているのに、何処か時空を超えて、映画と繋がっているような「錯覚」……。

ま、これは体験した本人だけが得る感覚だから、文字では伝えられないのが残念だが、こと映画に関してのエピソードなら、一冊の本になるぐらいいっぱいある。
いま思いつくだけのエピソードを、タイトルを付けて挙げるならこんな感じだ。


『南から来た用心棒』とチビロク(ラーメン)の悲劇
『ドラゴンへの道』と史上最大の割り込み作戦
『燃えよドラゴン』鉄製ヌンチャクの恐怖!
『タワーリング・インフェルノ』をビルの5階の名画座で見る怖さ
『エアポート’75』名画座小劇場って、小さ過ぎ…
『エマニエル夫人』が見たいんだよ!
『高校教師』の砂浜とトランペット
『エクソシスト』真夜中のトラウマ事件
『チャップリンの独裁者』とお寿司
『ソイレント・グリーン』とビスケット…
『オーソン・ウェルズの火星人来襲』(TV映画)とラジオ・ドラマ作り
『ハウス』の生ラジオが聞きたい!
『ミッドウェイ』と雷鳴恐怖症
『未知との遭遇』とサングラス事件
『野獣死すべし』水戸の映画館
『夕陽のガンマン』にオカンの声が…
『夕陽のガンマン』TVのリレー中継?
『カサンドラ・クロス』立ち見はつらいよ
『コンドル』と『フリック・ストーリー』の正月対決
『ジェット・ローラー・コースター』のクルマ版!死ぬ!
『燃えよドラゴン』幻の足刀蹴り!血まみれ事件


まだまだいっぱいあるなぁ~。

『野をかける白い馬のように』とオープン・リール
『金田一耕助』と夜明け
『荒野の用心棒』『ダーティハリー』のパネルが…
『マカロニ・ウェスタン』見過ぎで改造モデル・ガンの恐怖!
『荒野の用心棒』クリスマス、演劇で再現
『続・荒野の用心棒』サントラとの出会い


だいたいが1970年代の昔話だが、我ながら楽しい青春時代だったと思う。
他人の昔話なんてつまらんと思われるだろうけど、機会があったら、記事をアップして行こうと思ってます。
今日はダラダラと長くなってしまった……。

Category: 休日は名画座で

Thread: 映画関連ネタ

Janre: 映画

Tag: 70’S 
tb 0 : cm 4   

コメント

センサラウンド

『ミッドウェイ』はセンサラウンド方式でしたね。 僕は轟音と振動に興奮しましたが、一緒に行ったガールフレンドはまったく興味がなさそうで、デートのチョイスに失敗したなと後悔した思い出があります。

music70s #pRFQ4CSg | URL | 2012/02/05 19:17 [edit]

Re: music70s さんへ。

おお、デートで『ミッドウェイ』ですか!
デートの時は、やっぱりホラーです!(下心見え見えですが…)
『大地震』の時は、名画座でしか見ていないので、この映画で初めてセンサラウンドの重低音を体験しました。
雷鳴編とは別に、この重低音を自宅で再現しようと、アンプのBASSを目いっぱい上げ大音量でレコード(大地震のEP)を鳴らしたら、母親が血相を変えて飛んで来ました。
部屋が爆発するんじゃないかと思ったらしいのです。
昔の安物のアンプって、保護回路が付いていなかったんですね…。

ロッカリア #- | URL | 2012/02/06 00:10 [edit]

ずっと前にオードリーの「シャレード」のことを書かれてた時から、コメントしたくてうずうずしてたんですけど、時間がなかったりしてスルーしてました。
「シャレード」は子供の頃テレビで見て、まんまとヤラレました(笑) 今だったら実はあの立場は逆なのかな?と推理できるかも知れないけど。意外なラストだったので、すごく面白かったです。音楽もいいですよネ~e-287
ここに挙げておられる映画って、月曜、水曜ロードショー、日曜洋画劇場の定番でしたよね~e-454
タワーリング・インフェルノは当時流行ってた「パニック映画」の中でもすごく好きでした。その頃小学生だったんですけど、テレビで2週連続で確かやってた覚えがありますよ~。
前に書かれてた「いちご白書」は、小学生の時ばんばひろふみさんの「SACHIKO」という歌がヒットしたので、その絡みでバンバンの「いちご白書をもう一度」を聴いて・・・その歌がキッカケで知った映画です。深夜に放送されてるのを1度だけ見ましたが(それは20歳過ぎてからだったと思う)、60年代末の匂いに満ちた映画ですよね~。

ああ長くなってしまってスミマセン (-.-;)  でもこの頃の映画のお話ができるのは楽しいですe-446

マナサビイ #- | URL | 2012/02/22 12:40 [edit]

Re: マナサビイ さんへ。

『シャレード』、嫌いな人はいませんよね~(多分)
私はこの映画を見た時に、オードリーが『ローマの休日』と違って、意外にフニャフニャとした感じで、ビックリしました。
若い頃は、勝手に俳優さんのイメージを決め付けていましたし、今ほどゴシップ記事を目にする事もありませんでしたから。
また、『ティファニーで朝食を』見た時も、また違う感じに見えたものです。
でも、それが役者の本質、才能なんですけど、子供の頃はそんな事、考えた事もありませんでしたから。
あの頃は、ホントにTVの洋画劇場に首ったけでした。
実は、『いちご白書』の映画は、歌が先行したんです。
と言うのは、特に中学生だった私が進んで『いちご白書』を劇場に観に行く事なんてありませんでしたから(公開時は小学生でしたけど)、バンバンの曲が大ヒットして、で、『いちご白書』って何なんだ?と言う所から、マスメディアも取り上げて、確か1975年か76年に、TVでオンエアされたのを見て衝撃を受けたんです。
学生運動と言う言葉は知っていても、団塊の世代より10年ほど若かったので、この映画を見た時に、ラブ・ストーリーだと見ていると、あのラストに衝撃を受けました。以来、再放送がある度に、毎回見たもんです。
ビデオ何てのは当然ありませんでしたから。
♪サークル・ゲームも当然好きになりましたが、やっぱりラストで歌う♪「自由を我らに」が心に強く響きました。
TVの洋画劇場は、長い『タワーリング・インフェルノ』とか『大脱走』『風と共に去りぬ』なんて言う作品は、前篇後編で、2週に分けてやっていました。2週間を待つのは辛かったんですが、時に、深夜枠で、この長い映画をぶっ通しで一気にオンエアする事もあって(特に年末年始に)眠気と必死に戦いながら見た記憶が今でも鮮明にあります。(2時から5時ぐらいの放送で、しかもCMの長い事…)
そうやって昔見た映画は、宝物です。
長いコメントも大歓迎します!またのお越しをお待ちしてます!

ロッカリア #- | URL | 2012/02/22 21:38 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/113-e4f51962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。