04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


『ザ・インターネット』 時代だなぁ… 

今日は【1995年の映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
実際にアクセス出来ないホスト・コンピューターにハッキングして、個人情報を盗んだり、データを書き換えられたりして、警察と殺し屋の双方から追われる羽目になったサンドラ・ブロックは、プログラム・アナリストの知識を生かして孤軍奮闘する。
うん、面白いじゃないか、今見ても。
時代を感じてしまう場面もあるが、それよりも、アイデンティティを奪われたサンドラが、次々に襲いかかって来る困難をどうやって切り抜けるのか。
この辺が見る者にスリルを与えている。多少、ご都合主義の部分もあるが、プロローグの議員の謎の自殺から始まって、サンドラが国家的な犯罪に巻き込まれだろうな、と言う予測のもと、ラストまで飽きる事なく楽しめる。

(クリックで文字が現れます↓)
インターネット-2
この映画が公開された1995年、マイクロソフト社は、ウィンドウズ95を開発してリリースする。
だが、映画の中では完成までのギャップがあり、使われているOSはウィンドウズ3.1が見て取れる。
もし、この映画の完成が後2~3年後になっていたら、「インターネット」と言う言葉は完全に市民権を得て、この映画の恐怖度は増していたに違いない。
その反面、レンタルビデオやDVD化になってから、この映画は話題になった事を記憶している……。

インターネットの世界は、今では掌の中に収まるようになって、ブログ、ツイッター、フェイスブックと言うトレンドを生み出して来たが、この映画の悪役のように、悪い奴らはいつの時代にもいる。
先日も、ツイッターからのダイレクト・メッセージと称して、メールにスパムが送られてきた。
しかも、手の込んだ事に、僕のフォロワーさんの名を騙り、「サスペンス映画好きです…中略…個人的にお友達になって下さい」と、若い女性の顔写真と共にメルアドが記載されている。
この手のメールは、良く出来ているほど怪しい臭いがプンプンするので調べてみると、ツイッター専用のスパムと分かった。
映画ほどの窮地には追い込まれないまでも、邪悪な奴らから身を守るのは自分だ。日頃から情報と知識だけは充分に磨いておこうと感じた。

今、こうやって読んでいるこのブログも、実は……(ないない!)

Category: シネマ・エッセイ

Thread: 映画感想

Janre: 映画

Tag: イラスト  おススメ    サスペンス 
tb 0 : cm 2   

コメント

これ怖いですよね~

何年か前に再見して、その頃にはネットの事も初見の頃よりわかっていたので、自分がこんな目に遭ったら・・・とぐいぐい引き込まれました。サンドラもはまり役で、孤軍奮闘する姿に手に汗握りました。
観終わってから、さっそくPCのセキュリティ面を見直してみたり(笑)
外部リンクを踏むのもいちいち調べて、けっこう神経質にやってます。

宵乃 #wLFgNV3g | URL | 2012/02/18 09:44 [edit]

Re: 宵乃さん。

何事も慎重過ぎる事は無いので、その方が賢明ですよ。
私なんか、行き当たりばったりで…。(そのうち地雷を踏みそう…)

映画の方は小気味良くて、面白かったですね。特に、ネットの掲示板で自分の好みの男性像を書き込むと、目の前に現れるなんて、仕組まれていたとしても試す価値あり?
私の場合、男は絶対嫌ですけど!
今見ると、現実味があって、恐怖感も当時よりアップして観れますね。

ロッカリア #- | URL | 2012/02/18 21:47 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/122-f4107c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)