08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『本陣殺人事件』、金田一さん、間違ってます! 

今日は【ミステリー邦画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
この映画、意外だろうが面白い。
しかも、プロローグとエンディングが同じ場面に通じていると言う、好きな人にとってはたまらない映画だ。
市川崑監督の金田一シリーズだが、僕はこの映画を観た瞬間から、実はこのATG作品にかなり影響されていたんじゃないだろうか、そんな思いが脳裏に浮かぶほど、この映画は金田一ミステリーの原型だと言っても過言じゃない。

確かに、謎解きの場面、時間軸の歪曲など、ATGだなぁ、と思う個所もあるが、市川崑のタイポグラフィを冒頭で使い、東宝のロゴマーク、監督市川崑、と続けてクレジットして始まっても、何の違和感もない、紛れも無い横溝ミステリーなのだ。
ただ、あの一点を除いては、の話だが……。
本陣2

あの一点、と言うのは、すでにご存じの方も多いと思うけど、中尾彬が演じる金田一耕助のヒッピー・スタイルにある。
ジーパン姿の金田一耕助ってのは、どうなの?
そんな気持ちでこの映画を見始めたが、絶対許せない、と言う感じもしなかったし、この映画が作られてから歳月が流れたせいなのか、逆に、中尾彬がオカマ帽に着物姿で登場!の方が違和感があるように思う。
いくら古典的な小説が原作で、何度も映像化されている有名なトリックでも、未読未見の人もいると思うので、知らない人はここからは読んじゃダメ!

ネタバレ↓   
この作品の中で、2つ大きなミスを犯している。
それは、琴の糸が切れ、木がしなり、刀が地面に突き刺さる音を消すために、一柳賢蔵(田村高廣)が琴をかき鳴らす場面。
これはあり得ない。
段取りが合っていない。刀が外の時は、その刀ですでに賢蔵は死んでいるはず、有り得ない。
もう一つは、あそこまで現場が血の海になっているのだから、刀にも相当の血が付着しているだろうし、血の海をズルズルと引きずられるのだから、血の道筋が畳の上、屏風、或いは廊下にまで滴が落ちているはず。
この辺の演出は、TV版の『本陣殺人事件』の方が上手く処理をしていた。
ま、TVにしろ、原作にしろ、トリックに関しては常に物議を呼ぶ宿命であり、それがファンにはたまらないのだが、演出的ミスはご遠慮願いたい。
たまらないと言えば、この映画の中でも触れているが、ガストン・ルルーの密室小説の傑作、「黄色い部屋の秘密」に挑戦状を叩き付け、真っ向勝負を挑んでいるのも面白い。
また、ミルンの「白い僧院の殺人」などにもよく見られる、「雪の上の足あと」のトリックも使って、ミステリー・ファンにはたまらない。

ネタバレ解除!
舞台設定を、小説の1937年から、1975年当時に置き換えたが為に、金田一耕助はジーンズ姿になってしまったワケだが、1977年に作られた『八つ墓村』で、同じ過ち(?)を繰り返している。
それは、渥美清が演じた、サファリ・ルックの金田一耕助で、こちらもその見た目の変化に、金田一ファンからは冷たい目で見られた。

だが、よく考えて欲しい。
着物姿の金田一が活躍した映画、リメイク版の『八つ墓村』(1996)、『悪魔が来たりて笛を吹く』(1978)、『悪霊島』(1981)と、どの作品も不発に終わっている。
唯一、TV版で何作も金田一を演じた古谷一行が認められているが、それは、別物だが良く出来ているし、好感が持てる、と言うモノだろう。

何と別物なのか?

それは、市川崑のシリーズであり、石坂浩二が演じた金田一耕助である事は、誰も否定できないだろう。
このシリーズ5作品がある限り、もはや誰が演出しても、誰が金田一を演じようとも、別モノ扱いになってしまう。
そう言う意味において、この『本陣殺人事件』を面白いと言えるのだ。

じゃあ、渥美清の『八つ墓村』と、この映画、どっちが面白いかと聞かれれば、僕はこの『本陣殺人事件』だと思う。
え? ウソだろう? ですって?
いいえ、「ホンシン」です。

Category: 愛しの70’Sシネマ

Thread: 最近見た映画

Janre: 映画

Tag: 70’S    探偵  おススメ  イラスト 
tb 0 : cm 4   

コメント

“鈴ちゃん”は何故死んでしまったの?

こんにちは・・・ 読みに来るのが精一杯でなかなか書き込めませんでした

仮面ライダーが本郷 猛のままライダーキックをぶちかましてもダメなように、金田一耕助は形の崩れた帽子と皺だらけの着物によれよれの袴に変身しなければ推理をしてはいけないのです(^^ゞ

例えが適格かどうかはともかく、見た目は・・・いや見た目こそがまず肝心!

ただ、中尾彬に本来の金田一の扮装をさせても肝心な“生活感が薄い書生”といった雰囲気にはならなかったでしょうね・・・

中尾彬の演技は上手いですですが、顔が金田一じゃない(T_T)

この作品、ミステリーとしてのカタルシス感(こんな言葉は無い!)が弱いと思うんですよ~
だから金田一が謎解きしたっていう名探偵振りもあまり感じられず・・・
主人公はだれ?だれなの? そんな気さえします

旧家の脆弱エリート長男と、この殺人トリックがどうしてもしっくり結びつかないとも感じるのです

一柳家の当主としてどうしてもあの日本刀を使わねばならない理由があるとか、この長男は実は弟を遙かにしのぐ探偵小説マニアだったと解るとかでないと僕の中では納得がいかないわけで・・・

全編を通しての雰囲気はいいです!
映像的には特に“鈴ちゃん”の存在が効いていたように思えてなりません

>金田一ミステリーの原型だと言っても過言じゃない。

僕もそう思います! だからこそなんかこの物足りなさがもtったいない・・・

“鈴ちゃん”の弔いから事件が回想され・・・ 最後また弔いの場面へ・・・
市川:石坂=金田一で、このパターンをやって欲しかった~

で、“鈴ちゃん”は何故死んでしまったのでしょう?

|―|/‐\|\/| #- | URL | 2012/03/03 14:58 [edit]

Re: HAMさんへ。

ほほほ。
金田一さんを愛して止まないHAMちゃんらしいねぇ~。
石坂=金田一耕助至上主義のファンにとっては、確かに物足りなさを感じる。
でも、私の中では、アノ5作品はもう別格。
他の作品と比べちゃいけない領域に達していると思うんだ。
実際、アノ5作品を見た後では、どんなものでも受け付けないだろ。
ただ、ATG作品と言うのはかなりのアート系なんだけど、それにしては頑張っていたと思う。
見始めた時に、市川作品を思い出したもの。
だから、原型があるような気がするんだよね。
ジーパン姿の金田一が不評だったから、今度は正統派で行こう、何て話が企画会議で出たかも知れない。
本文ではあまり突っ込まなかったけど、そりゃ言いたい事はたくさんあったよ。
カタルシスなんて無かったし、理論もメチャクチャだし……。
でも、怪奇映画になってしまった『八つ墓村』よりはミステリーだったし、思い切って現代劇にしたことで、今から見返すと、良く出来ている、と言う事だと思うんだ。

一柳家の長男は、おそらく次男の部屋で推理小説を読んだか何かで、自殺を殺人に見せる方法を思いついた。
自分のプライドを守るために、研究したのかも知れない。
日本刀は、旧家によく飾っていたもので、これを見た時にトリックをひらめいた、と言うのはどうだろう?

鈴ちゃんは、おそらく自殺じゃないだろうか?
病的な所は見当たらなかったし、精神に異常をきしていたなら、発作的に自らの命を絶った、ネコの後を追うように……。

これはあくまで、この映画を観た個人的な推理です、はい。
でも、ライダーと金田一さんを同じ立ち位置に持ってくるなんて、驚いたけど、妙に納得しちゃったよ。

ロッカリア #- | URL | 2012/03/03 20:29 [edit]

はじめまして、鉦鼓亭と申します。
僕も70年代(50,60年代もですけど)の映画で育ちました。

「本陣殺人事件」は僕が原作より先に出会った、初めての金田一耕助だったので、
それ程、違和感が無かったのです。(苦笑)
でも「旧家の没落」という昭和20年代のテーマを、あの時代に持ってきたのは、
さすがに、ちょっと。
それも70年代ATG臭ぷんぷんですから・・・。

それでも、振り返ってみて、石坂版金田一以外の作品として真っ先に浮かぶのは
この「本陣殺人事件」なんです。
最初に見た金田一作品という事もあると思いますけど、
それ程、レベルは低くないと思うし、真摯に作ってる所に好感が持てるんです
(真面目に作ったからって、しょうもないのはしょうもないけど)。
アマチュアに毛が生えたというか、いかにもATGなんだけど、原作の芯は、
渥美版「八つ墓村」より掴んでるんじゃないでしょうか。
儚げな鈴ちゃんを演じた高沢順子(S20年代設定にしたら彼女の出番はないかも)
が一番印象に残っています。

鉦鼓亭 #AM34sMcQ | URL | 2012/04/08 15:46 [edit]

Re: 鉦鼓亭さん。

こちらこそ初めまして、宜しくお願いします。
ご返事遅くなりました。
全く同感です。
いい意味でも悪い意味でもATG作品ですね。
いい意味と言うのは、原作のニュアンスを、アレンジしながらも微妙なバランスで保っていて、やっぱり横溝ミステリーだと思えるんです。
悪い意味では、編集が斬新過ぎて(当時)そこに多少違和感みたいなのが生まれたのかな、と感じてます。
石坂金田一崇拝者の人には怒られるかも知れませんが、個人的には結構好きな作品なんですよ。
おっしゃる通り、『八つ墓村』の怪奇映画志向に比べると、こちらの方がミステリー色が断然強い。
まさに原作の芯はこちらに軍配があると思います。
高沢順子さんは、とても印象深いです。これは、映画化になった全ての金田一作品においても、際立っていると思います。
コメントありがとうございました。
また、いつでも遊びに来てください!

ロッカリア #- | URL | 2012/04/09 08:31 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/127-28df164f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。