06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【第84回アカデミー賞授賞式】を語ろうか。 

今日は【先日TVで見たアカデミー賞授賞式】の時間です。

img061.jpgこんばんは、ロッカリアです。
月曜日は、一日中アカデミー賞の話題で持ちきりでしたね。
僕もツイッターで、リアルタイムに入って来る情報にエキサイト、帰宅してからはWOWOWでじっくり見ました。

アカデミー賞には批判も含めて、様々な意見があるでしょう。
僕は、今更批判する事も肯定する事もしない。
映画は、見る人によって違う意味や価値が生じるし、好き嫌いも見る人によって異なる。
勿論、作品賞は何?主演男優賞は?と言う事は気になるが、賞を取った作品が面白く、男優賞を取った俳優が素晴らしいだとか、そんなん事はナンセンスの何物でもない。
映画は、見た人、それぞれがどんな作品なのかを感じればいい、そう思っている。

じゃあ、何故アカデミー賞の授賞式を見るのか?
授賞式はエンタテインメント性に溢れているし、ゲストもプレゼンターも豪華で、今回のMCのビリー・クリスタルも実に上手い。
まあ、それも楽しみの一つには違いないが、僕はいつもこの授賞式を見て感じる。
それは、映画が大好きな人たち集まっている、と言う事だ。
僕はこの雰囲気が好きなんだ。
映画が好きで好きでたまらない、映画を愛して止まない人たちの祭典、それがアカデミー賞授賞式だと思う。

クリストファー・プラマーが助演男優賞を取り、壇上でオスカー像に向かって、「私とは2つしか歳が違わないのに、やっと会えたな…」とつぶやく。(涙)
その光景を、ノミネートされたが賞を逃した同い年のマックス・フォン・シドーが目を細めて拍手を贈っている。(涙…)
監督賞に、自分の名前が呼ばれなかったマーティン・スコセッシは、一瞬落胆の表情を見せるが、すぐに拍手を……。
よほど『ヒューゴ』に自信があったんだろう、残念だ。

前年にこの世を去った映画関係者の追悼も、このアカデミー授賞式には必ずあって、次々にその顔が映し出されて行く。
エリザベス・テイラー、ベン・ギャザラ(2012年の2月に死去)、ピーター・フォーク、クリフ・ロバートソン、ケン・ラッセル。
先月、衝撃的な死を迎えてしまったホイットニー・ヒューストン、彼女のコンサートに行った記憶が蘇る……。

主演女優賞に輝いたメリル・ストリープは受賞自体に心底驚いて、スピーチで彼女はこう言った。
「私が取れるなんて思ってもいなかった。私はもう、輝きを失ったと思っていたから……」
あの大女優にして、アカデミー常連のメリルがそんな風に自分の事を思っていたなんて驚きだ。
でも、すぐにこうも言った。
「またメリルか…、みんなそう思っているでしょ?でも、そんな事どうでもいいわ!」
さすがである。

また、ハリウッドに背を向け続けているウッディ・アレンが脚本賞を受賞!
そのプレゼンターのアンジェリーナ・ジョリーは、そんなウッディに向けてこう言った。
「このオスカー像は、アカデミー協会で大切に預かっておくわ!」
これは、いつの日か、気が向いたら取りに来てね、そう僕には聞こえた。

作品賞を受賞した『アーティスト』のプロデューサーに続いて、すでに監督賞を受賞したミシェル・アザナビシウスはにこう言った。(さすがフレンチ)

「最後に、三人の人に感謝したい!
サンキュー、ビリー・ワイルダー!
サンキュー、ビリー・ワイルダー!
サンキュー、ビリー・ワイルダー!」


この人も、映画によって人生が変わったんだなぁ……。

3月2日は日本アカデミー賞の授賞式。
楽しみにしている人もいるだろう。この授賞式も、どうか映画好きの祭典になるように、そして、いつか本場アメリカを凌ぐような、すばらしい授賞式になるように、心から祈っている。

アカデミー賞について本音を言うなら、「ノミネートされたら、みんなにやっちゃえよ!」なんだけど、これじゃ話にならないよなぁ……。




Category: シネマ・エッセイ

Thread: 映画関連ネタ

Janre: 映画

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/129-7589a1e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。