08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

メビウスは永遠なり… 

ジャン・ジローと言うフランス人が、3月10日、息を引き取った……。
73歳だった……。
彼こそ、フランスの芸術家を代表する人物、メビウスだ。
彼のコミック、イラストレーションは、世界の名だたるアーティストに多大な影響を与えた。
大友克洋、鳥山明、宮崎駿、麻宮騎亜、そして手塚治虫先生までも。
また、『ブレードランナー』の衣装デザインや街並み、『エイリアン』の宇宙服や『フィフス・エレメント』の都市デザイン総合。
また、ジョージ・ルーカスはメビウスの絵を見て感銘し、『スター・ウォーズ』の世界観を生み出したと言われ、彼のイラストは世界で一番美しく、感銘を受けた、と今回の訃報を聞いて答えている。

僕がメビウスを初めて知ったのは、1979年頃に買った、日本版「スターログ」と言うSF雑誌だった。
海外のイラストレーターが数多く紹介されていたが、メビウスのイラスト、線使いは衝撃的だった。
僕も絵は好きだったので、忘れる事は出来なかった。

そして先日の事だ。
自身のイラストに、すでに限界を感じまくっている僕は、メビウスのコミックが再編集され、売られている事をネットで知り、速攻で購入した。
それが届いたのが9日、つまり死去される前日だったわけだ。
ものすごい物量のこのコミックは、丹念に描かれた絵に目を奪われ、中々先が読めず、10日の日も仕事から帰ってから、読み続けていた。
何と言う不思議だろうか……。
名称未設定-2
何とか、憧れのメビウスのような絵に近づけたら、絶対無理なんだけど、そんな気持ちで描いたのが昨日の『アナザープラネット』のイラストだった。


メビウスの輪のように、あなたの絵は永遠に語り継がれ、無限大に広がって行くでしょう……。
天国で、これからも大好きな絵を描き続けて下さい。
心よりご冥福を祈ります。
そして、ありがとうございました……(涙……)。

Category: シネマ・エッセイ

Thread: 映画関連ネタ

Janre: 映画

Tag: イラスト  ニュース 
tb 0 : cm 2   

コメント

はじめまして

こんばんは、はじめまして浪漫といいます。
私もメビウスを始めて知ったのは『スターログ』の5号に載っていた”BALLADE”という作品です。一目で気に入りその後、洋書店で画集とかも探しましたが当時は高校生だったのでやっぱり値段が高く購入することはできなく表紙を見て帰ってくるということをしていました。その後、講談社から”謎の生命体アンカル”の一巻だけ発売になったりブラットベリーの文庫で”恐竜物語”の中の短編
の挿絵とか”マーベルクロス”の”シルバーサーファー”とかでメビウスを見ることが出来ました。新しく出た”アンカル”は全部読めるのでかなりうれしい本です。メビウス風に描いた”アナザー・プラネット”のイラストもすばらしいです。

浪漫 #- | URL | 2012/03/25 21:04 [edit]

Re: 浪漫さんへ。

こちらこそ初めまして。
コメントありがとうございます。
浪漫さんとはおそらく同世代ですね。
私も貧乏学生でしたから、よく欲しいものを見つけては、指をくわえて見てました。
当時、本で¥1500も払うなんて発想はありませんでしたから。
メビウス風なんて、恐れ多いです。
私は自分の絵は落書き程度にしか思ってません。
浪漫さんこそ、かなり達者なイラストじゃありませんか!
それと、私もプログレ大好き人間なので、よかったら、またその辺の話題で盛り上がりましょう。
ちなみに、ブラッドベリも、大好きな三大作家のひとりです。昔は、出版される本全てを買う勢いがありました。
また、遊びにいらして下さい。

ロッカリア #- | URL | 2012/03/26 20:56 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/137-a6be7feb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。