05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『ロボット大襲来』 だ、だ、だ、大襲来? 

今日は【レトロSF映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
1954年製のレトロSF。最近、この辺のカルト化しているSFにハマっています。

睡眠薬で自殺を図った女、バージニア・グレーは死にきれず、ベッドから起き上がったのは昼を過ぎていた。
アパートの窓から外を何気に見ると、様子がおかしい。
あわてて外に出てみるが、誰もいない。
大都市ロサンゼルスがゴーストタウンと化していた。
辺りを探していると、一人の男と出会うが、やはり、この街で一体何が起こったのか知らないと言う。
二人で街中を探していると、一件のバーからピアノの音が聞こえて来る。
中に入ってみると、酔いつぶれて、目が覚めた時は誰もいなかったと言うカップルが一組。
事情が分からないまま、4人が街を歩いていると、ビルの壁に巨大な何かの影が……。
身の危険を感じた4人はホテルへ逃げ込む。
そのロビーで見つけた朝刊には「未知の侵略者が地球に……」との見出しが。
そして、4人が足音に気付いて、ロビーの窓から外を見ると、一体のロボットが歩いていいるではないか!
きゃ~っ!

img065-1.jpg

最初にこのロボットを見た時、子供が段ボール箱をかぶって遊んでいるのかと思った(マジで…)。
しかも、軍が確保したロボット(道端に倒れていたところを回収したと言う…。ぷ~っ!)を数に入れても、全編に出てくるロボットは2体だけ。
『大襲来』とは看板に偽りあり、だ。(原題はターゲット・アース。こっちの方がいいか…?)
このロボットは一つ目の所から殺人光線を出すハイテク・ロボットなのに、後ろからちょこんと押せば絶対倒れる!
そして構造上、二度と立ち上がれないはずだ。(保障する!)
軍の研究所で、真剣にロボットの弱点を探しているが、後ろから押すんだよ、と伝えたい。
階段を上がる時、右足を一段目、その同じ段に左足、二段目に右足、同じ段に左足、の繰り返し。
幼稚園児でももっとしっかり歩くぞ。
見ているこっちがハラハラドキドキ、こんなにロボットに感情移入したのは『ロボコップ』以来だ。
ドラマ部分はしっかりしているので、余計ロボットが登場すると笑いをそそる。
少しネタバレ気味で言うと、ある周波数に弱点を見つけたりする所は『マーズ・アタック!』の元ネタを連想させるし、昔のヒーロー、『快傑ズバット』そっくりなシーンがあったりする。
この辺のSF映画は、ハマり出したら制御が効かないんだよなぁ、このロボットみたいに……。




Category: レビューがはじまる

Thread: SF映画

Janre: 映画

Tag: Sci-Fi    レトロ  イラスト 
tb 0 : cm 2   

コメント

わかります!

手を抜いてるわけじゃないんだけど、予算の都合とかでちゃっちくなっちゃって、それでも頑張って真剣によい作品にしようとしていると、もう愛しさがこみ上げてきますよねぇ!
どこもかしこも完璧な作品より、こういうどこか抜けてる感じの作品の方が愛着が湧くかも。
にしても、このロボット・・・ホントに後ろからどつきたくなります(笑)

宵乃 #wLFgNV3g | URL | 2012/03/16 10:06 [edit]

Re: 宵乃さん。

そうなんですよ、みんな真剣に作っているんですよね。
だからドラマ部分なんて、他のハリウッド映画と遜色がないんです。
技術が未発達だっただけなんですね。
1950年代ですもんね。
今、この辺の映画にハマっていて、とても面白いですよ~。
もう、絶対TVなんかでオンエア出来ない作品ばっかりです。
これからも時々アップして行きます、お楽しみに!!!

ロッカリア #- | URL | 2012/03/17 00:11 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/138-a4bf762c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。