04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


『ダーティハリー』 ノーカット日本語吹替え版に脱帽! 

こんばんは、ロッカリアです。
まだまだしつこい風邪に苦しんでます……。
何とか頑張るぞ~(ぜぇ、ぜぇ)

もう先々週の土日になりますが、2日間に渡り、『ダーティーハリー』シリーズの日本語吹き替え版、ノーカット一挙放映と言う、オールド・ファンにはうれしい企画がWOWOWでありました。
「日本語ノーカット」と言うのは、通常TV放映時には時間上カットされている20~30分の部分を、字幕で埋めるんじゃなくて、新たに追加録音したと言う事です。
もうご存知の通り、クリント・イーストウッドの日本語吹き替えをしておられた山田康夫さんはもういません。
そこで、代役として白羽の矢が立てられたのはクリカンこと栗田寛一じゃなしに、知る人ぞ知る俳優の多田野曜平氏。
この人、フツーにしゃべっている時からすでに山田康夫氏にそっくりで、アニメの声優としても活躍しています。
実際、何処が多田野氏の吹替えたパートなのか、最初から最後まで判らなかった!
風邪で寝込んでいたせいもあって、ちゃんと見たのは1作目と3作目だけ。
後は所々記憶がありません……。
40代以上の映画ファンなら、子供の頃からTV放映される洋画は日本語で見るのが常識だったよね。
アラン・ドロンなら野沢那智さん、チャールトン・ヘストンは納谷五郎さん、マリリン・モンローは向井真理子さん、オードリー・ヘップバーンは池田昌子さん、ブリジット・バルドーなら小原乃梨子さん等々。
山田康夫さんはTV「ローハイド」からクリントの声を一貫してやって来られていて、二人の関係はコインの裏と表だと思う。
単に、クリントのセリフを日本語でしゃべっている、そんな感じじゃなくて、クリントが乗り移ったかのような迫力と奥深さがある。
風邪で意識がもうろうとしながら、こんな事を思い出した……。

ハリー1
アラン・ドロンは『フリック・ストーリー』で。チャールトン・ヘストンは『大地震』や『エアポート75』で。
マックィーンとポール・ニューマンは『タワーリング・インフェルノ』で、実際の声を聴いて知っていた。
クリントも予告編なんかで、ナレーションに被りながらも本人の声は多少知っていた。(ブロンソンはマンダムで!)
だが、1976年、僕が高1の時に公開された『アウトロー』を劇場で見た時、知っているはずのクリント自身の声を改めて聴いた時のショックときたら、今も鮮明に思い出す事が出来る。
マカロニ時代からず~ッと山田康夫さんの声で育って来た僕の耳には、本人の声に妙に違和感を感じ、2時間の間、ず~っと戸惑っていたんだ。
他の俳優の時はスグに馴染めたのに、この時は全然ダメで、僕はこの事を機に、映画はTVじゃダメだ、劇場で必ずオリジナルを見て評価しなくては…と言う思いに目覚めたのだ。
裏を返せば、それだけ山田康夫さんの印象が強く影響していたんだね(僕の中で…)。
本当ならもっと早く、『フリック・ストーリー』やそれ以前に劇場で見た時に思い付きそうなことだが、TVで洋画全盛の時代に加えて、僕の脳ミソも未熟だったんだろうなぁ……。

これ以降、TVで見た映画でも、リバイバル上映があれば積極的に劇場に足を運んで観るようにした。
思い出深いのは、TVで何度も見た『エデンの東』と『理由なき反抗』のインパクト。やっぱりジミーは最高だな、なんて友達と言いながら家まで盛り上がった事を思い出す。

この日本語吹替えってのは、今の吹替えとは似て非なるもの。
当時は気付かなかったが、これはある種の芸術だったのだ。

今回、この『ダーティハリー』を見ていて、「ええ!?」と思ったシーンを発見!
ちょっと興奮しちゃったよ。
そいつは2つあって、ひょっとしたら僕だけが知らなかったのか?とも思ったが、一応発表しよう。
それはね、クリントが……おっと、この話は明日以降って事でご勘弁を。
風邪が長引いて本調子じゃないし、ノドがとっても痛いんだ。
誰かが僕の吹替えをやってくれるなら話は別だけど……(書くだけだろうが…)。

Category: 愛しの70’Sシネマ

Thread: 映画関連ネタ

Janre: 映画

Tag: 70’S    おススメ  イラスト 
tb 0 : cm 6   

コメント

大丈夫ですか・・・。

僕も映画は原語派で、現在、民放の映画劇場を見ない理由でもあるんです。
でも、中学・高校の頃、聞いてた声優さんは、本当にプロで上手くて個性的だったと思います。
声優さんも、殆んどが劇団員だったり野沢さんみたいに劇団しょってたり、でも、残念な事に、お顔がイマイチで芽が出なかったりの苦労人ばかり。
アテレコも、今みたいに口の動き出しと終わりが合ってないなんて事はなくて、ピッタリだったし、ホントに日本語喋ってるみたいでした。
広川太一郎さんの作品なんて、実際の原語版みたらイマイチだった、ってのが幾つも有るくらい素晴らしかったし。
僕は、もう一度、広川&愛川版「お熱いのがお好き」を見てみたいと、いつも思っています。

イーストウッドを見ると、頭の何処かから山田さんの声が聞こえてきますね。
僕が戸惑って慣れるのに時間が掛かったのは、J・ウェイン。
その次がA・ドロン
あの頃、ドロンと言えば、もう条件反射で野沢那智さんだったですもん。
ヘップバーンも少し戸惑ったけど、池田昌子さんの声も気品があって大好きでした。
モンローは、本人よりも向井さんの声が好きだったりして。(笑)

以前居たサイトの知り合いの方が、声優・神谷明さんの講演会に行った時、神谷さんが即興で、
人間が生まれてから死ぬまでを、声質を変えながら演じてみせたそうです。
メチャメチャ凄かったそうですよ。

鉦鼓亭 #AM34sMcQ | URL | 2012/05/22 22:11 [edit]

お風邪を召されたという事で

コメントも控えてたんですが・・・なに気合の入った更新しちゃってんですかー!
イラストまで描いて・・・。書(描)きたくて仕方がなくなる時ってありますけど、まずは治してください!!

声優の名前はぱっと出てこないものの、やっぱり馴染みの声優さんじゃないと違和感ありますよね。クリカンはあまり好きじゃなかったので、ロッカリアさんがわからないほど上手いという多田野曜平さんには興味津々です。
わたしは馴染みの声優さんばかりの古い作品は吹替えがいいし、新しい作品は字幕がいいですね~。

宵乃 #K4YeSyNc | URL | 2012/05/23 10:53 [edit]

Re: 鉦鼓亭 さん。

どうもありがとうございます。
徐々に回復の兆しです。

広川太一郎さんの吹替えで『大陸横断超特急』、『新シャーロック・ホームズ おかしな弟の大冒険』は、絶対言語より面白いと断言できます。
最近見た『お熱いのがお好き』はWOWOWで放映されていたのを寝ながら見てたんですが、所有してるDVDには、広川&愛川の吹替えが入ってます!(モンローは向井真理子さん!)

神谷明さんは、どうしてもケンシロウとか面堂の印象が…。
この人も古くから声優をやられていて、そう言うエピソードを聞くと、日本の声優さんって、ホント凄いんだなぁと思います。

野沢那智さんは、意外とジュリアーノ・ジェンマなんかもやられていて、あんまり固定概念はありませんが、やっぱりドロンの印象が強いですね。

言われて見れば、ジョン・ウェインって誰がやってましたっけ?納谷悟朗?
あれ、思い出せない…。


ロッカリア #- | URL | 2012/05/23 21:37 [edit]

Re: 宵乃さん。

どもどもです。
今日になって大分回復してきたような気がします。
お気を使わせてすいませんでした。
コメントぐらいお返事できますから、お気軽に!

鉦鼓亭さんが言われているように、広川太一郎さんのような絶品の吹替えは、オリジナルを凌駕しているように感じますよね。

多田野さんの声は、山田康夫さんそのものと言っても過言じゃないぐらい似てます。
この人の名前は覚えておくと、何かの機会に聴けるかも知れませんよ。

ロッカリア #- | URL | 2012/05/23 21:51 [edit]

私も風邪ひきました(笑)

ロッカリアさん、お久しぶりです。
体調はいかがですか?
今度は私がカゼを引いて(子どもから家族全員に感染しました・・・)しまいました。本当に、ロッカリアさんの後をついていく私だなと思います(笑)

さてさて。
イーストウッドやその他の俳優さんの吹き替えのお話、とても楽しかったです♪それで「へぇー!!」っと思いながら読ませていただいたのですが、考えてみたら、私はイーストウッドにしろ、アラン・ドロンにしろ、マンダムにしろ(笑)、映画が好きになって観始めた頃はレンタル(VHS時代ですが)で観ていた気がするんですよ・・・、つまり【TV放映の吹替】という方に逆に馴染みがなかった気がします。

なので、最初にイーストウッドの山田康夫さんの吹き替えを聞いた時に強烈にビックリした覚えがあります!私はイーストウッドの、あのか細いような、お腹が空いたような、妙に力の入らない声に慣れていたので、テキパキと発声する山田氏の声に暫く慣れませんでしたi-202 あ、もちろん今では脳内で棲み分けが出来ているのでどちらでも大丈夫ですがi-229

ただ、やっぱり野沢那智さんだけはなぜか特別で、ブルース・ウィリスの顔を見ると、那智さんの声しか浮かびませんi-179

McBeal #mHZ/BfkA | URL | 2012/05/26 21:51 [edit]

Re: McBeal さん。

McBeal さん、でよかったですよね(?)

風邪ですか…、しかもご家族全員とは、大変ですね。
気温の寒暖が激しいので、ホント今年の風邪にはまいります。

コメント書き込んでいる暇があったら寝なきゃダメ!!!(でも、ありがとう!)

私は相変わらず長引いていて、今日も病院で注射と、くすりを一週間分貰って来ました…。
でも、仕事には行ってるので、徐々に回復していると思ってます。

そうですね、年代によっては原語字幕で見る方が当たり前、と言う事ですね。
ブルース・ウィリスは野沢那智さんですか…、確かに先日もWOWOWで吹替えやってましたが、私には逆にアラン・ドロンの顔しか浮かんで来ませんでした。
吹替えは、オールド・ファンの楽しみ、と言う事で許してやって下さい。(最近の吹替えTV放映では、誰が誰だか分かりませんけど…)

無理しないで、ゆっくりして下さいね。(中々そうはいかないでしょが…)

ロッカリア #- | URL | 2012/05/27 01:11 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/167-94466f23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)