09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『スカイ・ライダーズ』ブルース・リーの影を追って… 

こんばんは、ロッカリアです。

実はこの映画が公開された頃、ウソかホントか、ブルース・リーのために企画されたとか、出演は生前に決まっていたとか、まことしやかなウワサがあった。
企画段階では、確かにあった、と言う着地点に落ち着いたのだが、この映画の制作は1976年。
リー先生が亡くなられたのが1973年だから、僕はまんざらウソではないと今も思っている。
その結果、この映画を見る度に、リー先生がもし出演していたら……と、ことあるシーンでいつも想像してしまう……。
その代役と言っては、大物過ぎるから失礼だが、ジェームズ・コバーンが体当たりのアクションを見せてくれる。

物語は、今は別の男と結婚した元妻と子供たちが、ギリシャにある別荘からテロリストによって誘拐される所から始まる。
断崖絶壁、陸の孤島とも呼べるような山脈の頂上に建てられた僧院に立てこもったテロリストたちに対して、コバーンはその要塞に侵入するため、ハングライダー・サーカス・チームに協力を頼み(そもそも素人が危険な任務に巻き込まれると言う所に大きな疑問が残る)、夜の闇にまぎれて空からの侵入を試みる……。
スカイライダーズ500

見所は何と言っても後半のハングライダーで、人質共々要塞から脱出する所だ。
風に流されて敵のターゲットになったり、山肌に激突しそうになったり、スタントマンも命がけだ。
しかし、何と言ってもこの頃のスターは偉い!
トム・クルーズやダニエル・クレイグも頑張ってい入るが、コバーン自身がヘリの脚にしがみ付いて、実際に山間を飛行してアクションを見せてくれる。
『恐怖に襲われた街』の時にも言ったが、この頃の役者さんは一応にしてアクション・シーンは自らこなす事が多かったのだ。
ただ、難攻不落の設定にしては、最後の方で警察や軍隊がジープや徒歩で普通に山を登って来ると言うのはどうよ?
ハングライダーの緊張感が半減するんじゃないかなぁ……。

ちなみに……。
この頂上にある僧院は実際にあって、僧侶たちもここで生活している。この映画の時のロケが、僧侶たちのストレスになったのか、後に『007 ユア・アイズ・オンリー』で同じ場所がロケ地に選ばれ、撮影が行われた際には、僧侶たちが非協力的で、洗濯物を干したりして、撮影を邪魔した、と言う逸話も残っている。

その昔、TVで見た時はもっと面白かったと言う印象があったが、今見ると、いい意味でも悪い身でも、70’シネマそのものである。
それがまた、愛おしいのだが……。




Category: 愛しの70’Sシネマ

Thread: DVDで見た映画

Janre: 映画

Tag: イラスト  アクション  70’S 
tb 0 : cm 5   

コメント

ロッカリアさん、こんばんは。

もっと面白かったと言う印象>そうなんですか・・・
どうしても、同じ頃、公開された「スカイ・ハイ」との比較になっちゃうのですが。
僕も、とても面白かった記憶だったんです、細かい所は忘却の彼方へなんですが。
絶壁の上に建つ僧院と、暗い中、パラグライダーが空を舞っているシーンは憶えています。
僕としては、この頃のコバーン出演作では、これが一番好きでした。
レンタル屋さんで見つけたら、余り期待しないで観る事にします。
ファンだったS・ヨークも出てるし。

鉦鼓亭 #AM34sMcQ | URL | 2012/06/05 22:53 [edit]

Re: 鉦鼓亭 さん。

おお、スザンナ・ヨークのファンでしたか!
『スカイ・ハイ』も一緒に買いました。まだ見れてませんが、近々見ようと思ってます。
私も面白い印象があったんですが、TVでしか見た事が無く、ノーカットで、しかも今の目で見ると、ちょっと印象が違ってました…。
スザンナは戦争映画での印象が強いのですが、『ひとりぼっちの青春』が一番印象に残ってます。
あと、『スーパーマン』のシリーズにも出てましたね。
コバーンは、同じ年の『大いなる決闘』は劇場に観に行きました。DVDも持っていて、2年ほど前に見ましたが、やはり印象が昔と随分変わっていました。
映画が変わるわけも無いので、私自身が、良い意味でも悪い意味でも変わった、と言う事なんでしょうね…。

ロッカリア #- | URL | 2012/06/05 23:29 [edit]

「ひとりぼっちの青春」観られてるんですね!!
僕の洋画部門、不動の№2な作品なんですよ。
スザンナもバトンズもジェーンもサラザンも妊婦のネエチャンもギグ・ヤングも
みんなみんな凄くて良かった!
ジェーンは、この作品でオスカーを貰うべきだったと思ってます。
当時、彼女、アメリカで嫌われてましたからねぇ、その影響なんだろうな・・・。
「コール・ガール」の演技は「ひとりぼっちの青春」のバリエーションに見えるんですよ。

鉦鼓亭 #AM34sMcQ | URL | 2012/06/06 01:02 [edit]

Re: 鉦鼓亭 さん。

はい、見てますよ。
不動のNO2…。
NO1がとっても気になりますが…。
『ひとりぼっちの青春』は、色んな意味で忘れられない映画です。
ジェーンは、ガキの頃見た限りでは、全く理解できない女性でしたが、大人になってから見直した作品では、その奥の深い役柄に感嘆したものです。
実生活では、ウーマン・リブの代表のようなイメージがあったので、私の周りでもあんまり人気がありあせんでした。
今は、ウーマン・リブの意味も理解できるようになると、ジェーンの本当の凄さが、、素晴らしが理解できますね。
ま、歳を取ったと言う事なんでしょうが…。

ロッカリア #- | URL | 2012/06/06 22:12 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/06/17 10:52 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/173-fb11e88b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。