04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


『チェンジリング』と水戸の映画館 

こんばんは、ロッカリアです。

もう30年以上も前の事なので、記憶は曖昧だが、1979年か80年の秋頃。
僕は水戸の近くの研修所で一か月ほど寮生活をしていた。
大阪在住だったから、日曜日になっても、地元で遊ぶような訳には行かない。そこで、山口から来た一つ年上の先輩を誘って、水戸駅前の商店街の外れにあった映画館で『未知との遭遇~特別編』とこの映画の2本立てを見る事にした。
2本立て上映ではあったが、この映画館、名画座と言う訳でも無い。
堂々と、封切り映画を、しかも洋画を上映すると言う不思議な映画館だった。
何故不思議なのかと言うと、邦画不遇のこの時代は邦画は2本立てが基本になっていたが、洋画はどんなにつまらない映画でも、1作品でロードショーだった。(つまりこの時、1作品の値段で2本観られてラッキーだったのだ)
最初は、『未知との遭遇』の特別編を見に来たので、こっちの方はあんまり期待していなかった。
ヒカシューと言う日本のグループ(確かテクノ系)の曲がエンディングで流れる、と言うので話題になって知ってはいたが、ほとんど予備知識無しの状態で見た。

DSC00499-1.jpg

今回はニコ動にあった映像で、元がVHSテープの為にかなり見難いし、10パートに分かれての再生だから途中で見るのが嫌になる。
そこをグッと我慢して、2日間で何とか見た。(ちっとも我慢してないじゃん…)
ショッキングな事故シーンに続いて、タイトルバックに流れるピアノのメロディーが印象的だ。
屋根裏部屋へと続く階段の発見や、バスタブの中に見える幽霊(ふ、風呂に入れねぇ…)、河に捨てたはずのボールが、帰宅するなりトントンと音を立てて階段から転がり落ちて来るシーンなど、全部怖い。
モダン・ホラーの見せ所が満載だ。
だが、主演のジョージ・C・スコットが何かを自分に訴え掛けているんだ、と思った時点から、観客はジョージの探偵助手として、驚きのラストと、タイトルになっている『チェンジリング』の意味を知る事になる……。
音楽と言い、複線の貼り方と言い、小道具の使い方と言い、ジョージの静から動へと流れるような演技、そして、あの幽霊屋敷……。
全てにおいてクォリティが高いのだが、残念ながら未だDVDになっていない(これを超常現象と言わずに何と言う!)。
ちなみに……。
クリント・イーストウッド監督で、アンジーが出演した同名映画の『チェンジリング』は、この映画のリメイクでも何でもないが、今やこちらの方が有名になっている。
僕みたいなオールド・ファンは、クリント版『チェンジリング』が公開された時に、どうして同じタイトルを付けたんだろ?と大いに疑問に思ったものだ。
今更遅いけど、このタイトル、チェンジして貰えないだろうか……。


Category: シネマ・エッセイ

Thread: ホラー

Janre: 映画

Tag: ホラー  おススメ   
tb 0 : cm 3   

コメント

こんばんは☆

>洋画はどんなにつまらない映画でも、1作品でロードショーだった

大阪だけではないでしょうか?(東京も?)
私は当時、結構大きな都市に住んでいましたが、
2本立ても多かったですよ。(もちろん名画座を除く)

冷静に思い返すと、名作リバイバルとか、岩波ホールの流れとかは、
1本立てがほとんどでしたが、

いわゆる「封切り」の場合は、併映にはそれなりの作品の場合が多かったけど、とりあえず何かを一緒に上映していることが多かったです。

まぁ多分、土地柄でしょう。
ケチで有名な土地かもしれませんので(大爆)。

miri #jSBoJ0Ww | URL | 2012/06/19 20:09 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/06/19 22:12 [edit]

Re: miriさん。

へえ~、大阪では2本立てのロードショーは無かったなぁ…。
リバイバルも基本一本だったなぁ。

ケチどころか、2本の新作を一度に見られるなんて大盤振る舞い、ラッキーだよ。

あと、鍵コメの情報もありがと。(でも高いね~)
取り合えず明日の晩、またお医者さんに行って来るよ…。

ロッカリア #- | URL | 2012/06/20 01:02 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/182-81c895bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)