04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『ベルモンドの怪盗二十面相』 これはダマされる! 

こんばんは、ロッカリアです。

1970年代の中頃、僕が通っていた銭湯には、必ず一番近くの映画館で上映されているポスターが貼ってあった。
この映画のポスターも、そんな銭湯で見かけ、カラーのポスターが主流だった時代に、二色刷りだったのでよく憶えている。
特に凄かったのが宣伝文句だ。

二十の顔と奇抜なアイデアで、パリ中を 荒らしまわる痛快な怪盗登場!


小さい頃から江戸川乱歩の「怪人二十面相」、「少年探偵団」に慣れ親しんで来た僕は、「おお、今度のベルモンドは怪盗役か!」と単純に思い込み、絶対見に行かなくては、と思っていたのに、劇場に行く事は無かった。
理由はあんまり覚えていないけど、多分クラブ活動か、受験の影響だったのかも。
あれから幾星霜……。
先日このブログでも紹介した「思春期映画女優グラフィティ」をパラパラとめくっていると、懐かしいジュヌヴィエーブ・ビジョルドの写真が!
そう言えば一時期、『冒険者たち』のジョアンナ・シムカスを筆頭に、フランスの女優に熱を上げている時代があった。
そんな中で、ビジョルドはど真ん中の女優さんだったのだ。
そう言えば、ビジョルドの映画を何作かエアチェックした記憶があって、パソコンのデータベース(そんな大そうな物か…)で検索すると、『愛のメモリー』、『戦慄の絆』『タイトロープ』『コーマ』『パリの大泥棒』と結構ヒットする。
残念だが、『カリブの嵐』は無い……。
そんな中から選んだのがこの『怪盗二十面相』で、NHKBS-2の衛星劇場をブルーレイに録ったものだ。
見始めたのが夜中の12時、おお、久々に「午前0時の一人映画祭」ではないか。
ウィークデイなのに大丈夫なのか…と言う自問自答もなんのその。考える間にプレイボタンを押していたよ。
(↓クリックで拡大します↓)
img094-500.jpg
刑務所から出所したばかりのビクトール(ベルモンド)は口八丁手八丁の、怪盗と言うよりは詐欺師だ。
不動産詐欺やクルーザーを騙して売ろうとするビクトールは、女にもルーズで、行く先々でトラブルを起こすが、本人は全く気にもしない能天気さ。
この辺(開始30分ぐらい)まで見て、昔、TVの深夜劇場か何かで見た事を思い出すが、内容は殆ど記憶に残っていない。
が、ビジョルドが登場した瞬間に、そんな事は、もうどうでもよくなった。今見てもカワイイじゃないか!
そんな彼女と食事やコンサートに行くビクトールの姿が、山高帽にタキシードとマントと言うスタイルで、はは~ん、この姿から怪盗二十面相と言う言葉を宣伝に選んだようだ。(昔の宣伝マンの方がよっぽど詐欺師じゃないかよ…)
ただ、ビジョルドの親が、美術館の館長で、カギやセンサーの場所が偶然に分かると、ビクトールの叔父、カミールがグレコの絵を盗んで一儲けを企む。
このへんで少しは怪盗らしくなるのか…と思っていると、結局ベルモンドはビジョルドの気を惹く役回り。
美術館での盗みのシーンも、ドタバタ・コメディに終始している。

ベルモンドは、やがて真剣にビジョルドを好きになるが、親の美術館から絵画を盗んだと分かると、その恋も成就するはずもない……、なんて見ていると、やっぱり70年代の映画はスゴイ!
とんでもない着地点に落ち着いて、観客をアッと言わせるのだ。

なんだ、この映画もタイトルが間違ってるじゃないか!
正解は、『ビジョルドの怪盗二十面相』だよ。

Category: 休日は名画座で

Thread: お気に入り映画

Janre: 映画

Tag: イラスト  70’S  コメディ 
tb 0 : cm 2   

コメント

コクリコ、コロンバイン、ひなげし

 ロッカリアさん、こんばんは!

『ベルモンドの怪盗二十面相』<これ観てると思って調べてみたら未見でした。
ビジョルドは好きな女優さんでした、スタンダードな美人じゃないけど個性的な美しさがあったと思います。
僕にとって一番の魅力は、強い意志を感じる目です。
「まぼろしの市街戦」、「1000日のアン」、「トロイアの女」、「大地震」(これでファンになった)、「カリブの嵐」、「愛のメモリー」、「コーマ」を見ています。
「カリブの嵐」>僕たちの世代の「パイレーツ・オブ・カリビアン」。(笑)
CGなんて勿論ないけど、肩の力を抜いて観られる楽しい作品でしたよね。
ビジョルドのじゃじゃ馬っぷりも良かった記憶が・・・もう一度観たい映画です。
(「カリブの嵐」は個人的に彼女の3番目に好きな作品~再見したらどうなるか解らないけど)

鉦鼓亭 #AM34sMcQ | URL | 2012/09/04 23:05 [edit]

Re: 鉦鼓亭 さん。

コメントありがとうございます。

勿論スターなので、独り占め出来ないのは分かっていますが、ビジョルドが好きな人って、当時あんまりいなかったので、てっきり私だけがファンだと思ってました(そんなバカな…)。

意外にも、劇場で見たのは『大地震』と『カリブの嵐』『愛のメモリー』ぐらいで、鉦鼓亭さんの言われる通り、『カリブの嵐』は、当時でも珍しい海賊映画で、ジョニー・デップとロバート・ショウではかなり海賊の印象が違いますね。(意外と『フック』も好きなんですが…)
確か、エロール・フリンのモノクロを見た記憶も…。

私も、『カリブの嵐』は好きな作品なんですが、今見たらホント、どう思うんでしょうね?
見られないから、とても気になります。

ロッカリア #- | URL | 2012/09/05 00:26 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/223-738816c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。