06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『ブリンクス』 ついに出会えた! 

こんばんは、ロッカリアです。

1950年に、実際に起きたブリンクス金融警備会社襲撃事件の一部始終を、名匠ウィリアム・フリードキン監督が、ケレン味たっぷりに作った犯罪映画。
主演のピーター・フォークが、脂の乗り切った演技で、とてもいい味を出している。

物語はこうだ。
1938年に刑務所から出所して来たトニー(ピーター・フォーク)は、早速ソーセージ工場の金庫を襲うが、仲間共々全員が逮捕され、第二次世界大戦中の殆どを刑務所で過ごす。
刑期を終えて、妻(ジーナ・ローランズ!)の経営するカフェで働くが、慣れない商売は上手く行かず、懲りずにまた盗みを働く事になる。
そこに、海軍を脱走して来た昔の仲間から、ノミヤのジャズと名乗る男を紹介され、共に盗みを働くが上手く行かない。
そんな時、トニーたちは偶然にも、大金を袋詰めにして、車に積み込んでいる集金所の現場に出くわす。
この会社が、事件の舞台となる「ブリンクス金融警備会社」だった。
img095500
このブリンクス襲撃をメインに後半は展開していくのだが、まんまと強奪に成功したトニーたちだったが、FBIが介入して来ると、事情が一変してしまう……。

このFBIが登場して以降、それまでコメディ色が強く、軽快に進んできた物語のトーンが変わってしまい、前半に比べると後半は面白くない、と言う意見がこの作品には多い。
しかし、僕が感じたのは真逆で、実際にあった事件としての感触が生々しくて、見応えがあった。
特に、市民から英雄扱いされ、戸惑うラストなど、事実かどうかは別として、映画を締めくくるのに、ふさわしい着地点だった。
後日談にも、ニヤリとさせられる。

さて、今回はDVD視聴じゃなくて、日曜日に買ったLDで見た。
ネットで探せば¥4000ぐらいで、かろうじて手に入るが、LDなら¥500。
以前にTVで見た事はあったが、忘却の彼方だったこの映画、偶然だけど、かねてから見たいと言う欲求が満たされた。
今見ると、改めてフリードキン監督は名匠だと認識させられた。
絵作りが良い。
1978年の映画だが、1930~1950年代のボストンの雰囲気、息遣いが画面から溢れている。
『ゴッドファーザー』『アンタッチャブル』、そう言った名作の絵と肩を並べても引けを取らない。
ピーター・フォークを中心に、ピーター・ボイル、ウォーレン・オーツと言ったバイ・プレイヤー達にもちゃんとスポットライトが当たっている。
フリードキン監督の作品の中にあって、もっと評価されても良いと思う。

こう言った、珍しい作品を、LDの餌箱の中から掘り出した時、まさに一攫千金を手にしたような気分になるなぁ…。

Category: 休日は名画座で

Thread: アメリカ映画

Janre: 映画

Tag: コメディ  70’S  イラスト 
tb 0 : cm 3   

コメント

こんにちは☆

>以前にTVで見た事はあったが、忘却の彼方だったこの映画、偶然だけど、かねてから見たいと言う欲求が満たされた。

覚えていないかもしれないけど、
前に「オンエアがあったら再見しようね」って言っていたこの作品、

私は去年の夏に「カリフォルニアドールス」を
どうしても再見したくて探したら、この作品と一緒の販売しかなくって、
それを買って見ました☆

ロッカリアさんのことちょっと気になっていたから再見なさって本当に良かったです!
URLに再見時感想を入れました。(お時間あったら・・・)

レーザーディスクって、ウチは一切買わなくって
VHSから突然にHDD/DVDになったからソフトもないのよね~。
お値打ちで良かったね!
私2本だったけど、ちょっと高かったです。

そのうえ、その後追悼で(AXNミステリーチャンネル)
「カリフォルニア~」のオンエアがあってひっくり返ったけど
「ブリンクス」はなかったから、まぁ良いけど♪

>今見ると、改めてフリードキン監督は名匠だと認識させられた。
>絵作りが良い。

前置きが長くなりました☆
ホント良い作品だったと思います。

>1978年の映画だが、1930~1950年代のボストンの雰囲気、息遣いが画面から溢れている。
>『ゴッドファーザー』『アンタッチャブル』、そう言った名作の絵と肩を並べても引けを取らない。

これは見ないと「?」だけど、見ると納得しますよね~。
あんまり犯罪系は好きではないけど、そんな私が見ても見やすくって
そうですね「息遣い」は、よく分かりました。

>ピーター・フォークを中心に、ピーター・ボイル、ウォーレン・オーツと言ったバイ・プレイヤー達にもちゃんとスポットライトが当たっている。
>フリードキン監督の作品の中にあって、もっと評価されても良いと思う。

仰るとおりです。
BS3でオンエアして、広く多くの人に見てほしいな~って思います☆

ところで「ベルモンドの怪盗二十面相」ですが、
ちょっとは覚えていますが、

三年前のBS2鑑賞の自分の感想文を読んだけど
いまひとつロッカリアさんの記事と違う方向から見ていて???
録画保存してあるので、もし再見したらその時に
ちゃんとコメントさせて頂きますね~♪

長くなりました。良い土日を~!

miri #jSBoJ0Ww | URL | 2012/09/08 08:55 [edit]

Re: miriさん。

どもどもです。
『カリフォルニア・ドールズ』とこれがカップリング?何繋がりなんだろう…。

そうだね、結局オンエアが無かった。
久しぶりの再見で、結構面白かったよ。
miriさんの記事も再見したけど、評価良かったね。
70年代は映画界の過渡期と言われたんだけど、今振り返ると、決してそんな事が無いよなぁ。
勿論見た歳も影響があるとは思うけど、昨今の映画に比べたら、映画が映画らしかった。
この映画は好き、この映画は嫌い、と、はっきりものが言えた。
それに比べたら、今は良いのか悪いのか、若い子の意見を見ると傑作だ、と言うけど、僕が見るとこれが?
と思ってしまう。
よく考えると、映画を楽しめる基準が、70年代の映画になっているのかも知れない。
CGが発達して、映像を見せる事が基準の映画が、アメリカ映画には多くて、中身が伴っていないんだ。
あと、かなり観客をバカにしているとしか思えない作りだし…。

『ベルモンドの怪盗二十面相』(同じ番組を録画したんだね)の方は、そんなに面白くは無いけど、良い時代だったんだな~と言うノスタルジーには浸れる。(特にビジョルド好きだったし!)
コメント、待ってます。
返事遅くなってごめんよ~。
良い日曜日を!


ロッカリア #- | URL | 2012/09/09 11:50 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/09/09 14:28 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/225-20ec77f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。