05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

即席LD講座。LDって何なんだ!と言う人に…。 

こんばんは、ロッカリアです。

このブログには、ちょくちょくLD、つまりレーザーディスクってものが登場する。
でもって、最近ブロ友さんから、「で、結局レーザーディスクって、一体どんな物?」と聞かれ、そう言えば、僕は普通に使っているが、考えてみりゃ1990年以降に生まれた人なら、親がよっぽどの映画好きでもなければ、その存在すら知らないだろうし、女性にして見りゃ、ダンナさんがマニアでもない限りLDに触れる機会も無いのは当然かも知れない。

と言う事で、今日は簡単に、即席レーザーディスク講座を。
”絵の出るレコード”、この言葉に僕らは胸が高鳴ったものさ。
実際、LPレコードと同様、A面とB面があって、片面に60分の映像が入る。(CAVとかCLVと言った仕様は、今回は省略。だって長くなるからね)
両面で、2時間の映画が収められていて、2時間を超える映画は2枚組、と言う事になる。
見た目はこんな感じ。↓
DSC00540.jpg
左が先日このブログでも紹介した『ブリンクス』のLDで、右はマイお宝サウンドトラックのLPレコード『なんとなく、クリスタル』。(今聴きながらこの記事を書いている)
ジャケット・サイズも殆ど一緒。

でも、中身が違う。(↓)
DSC00539.jpg
分厚いし重い。しかも、光(レーザー照射)で信号を読み取るので、反射しやすいように輝いている。
実は、レーザーディスクの歴史にも、VHSかベータか、と言うビデオ戦争に似た争いが合ったりもしたんだよ。
長くなるから止めるけど、新たしい媒体が出現する度に、こう言った争いがある。
興味があって、詳しい事をもっと知りたい人は、Wikipediaにかなり詳しく説明があるから参照してね。

絵の出るレコードと言う言葉に心躍らせた時代はとっくの昔に終焉を迎え、今この言葉を聞くと、胸が締め付けられる思いがする。
これが一時代を築いたレーザーディスクってやつです。
超簡単ではありますが、これにて即席講座は閉講、お後がよろしいようで……。

Category: シネマ・エッセイ

Tag: LD 
tb 0 : cm 5   

コメント

おはようございます!

LDは中学校時代に音楽教師と美術教師が使っていて、授業でよく目にしました。うちにはなかったし、教師が生徒には絶対触らせなかったので、高価なものなんだろうなぁと、ぼんやり思ったり。
ピカピカ光ってきれいですよね~。

宵乃 #K4YeSyNc | URL | 2012/09/14 07:35 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2012/09/14 09:19 [edit]

Re: 宵乃さん。

コメントありがとうございます。
絶対触らせてくれなかったんですか?
それはそれは。
音楽や美術ソフトよりも、映画ソフトの数量が圧倒的にありました。
友人のコレクターには、当時2000枚を超えたソフトを所有していた者もいましたよ。
LDは、ピカピカなんです。
でも、今の小っちゃいDVDやBDに比べると、画像も悪く、値段も高いので、消滅は必然だったんでしょうね…。

ロッカリア #- | URL | 2012/09/15 09:07 [edit]

懐かしいです

ご無沙汰しております。
LD懐かしくて、色々思い出しました!
大学時代の視聴覚ルーム、というんでしょうか映画を観られる部屋がありまして、キャンパスが都会から完全に隔離されたド田舎でしたので、時間の空いた時は図書館かその部屋に籠ってました。で、いつもLDをよっこらしょと借りてきてはブースで観ていました。確かにLDって重かったですね!そしてピッカピカに輝いてましたよね!『ザッツ・エンタテインメント』とかを順番に観ていったりとかしてました。良き時代です・・・・

そういえば、私の亡き祖父も映画好きで、LDが発売された頃からどんどん集めて、家の一角に映画部屋を作っていました!あのLD、いとこが持って行ってしまったけれど、一緒に『ベン・ハー』など観た思い出が本当に懐かしいです。

「絵の出るレコード」って、すごく夢のある言葉ですね!DVDとかBlu-rayに対して、そんな素敵な夢を感じることもなくなってしまったので、すごーく新鮮な響きでした。

McBeal #mHZ/BfkA | URL | 2012/09/15 21:30 [edit]

Re: McBeal さん。

こちらこそ御無沙汰です。
また、岐阜に行っていたのでご返事遅くなり申し訳ありませんでした。

いいおじいちゃんだったんですね。
映画部屋を造られるなんて、私の大先輩ですね。
映画を一緒に見るって、同じ屋根の下では、有りそうで意外と少ないんですよね。(映画の趣味が違ったりして…)
でも、いい思い出ですね。

そう言えば、一昔前までは、図書館でも見る事が出来ましたね、
意外とお宝映画なんかも置いてあったのが印象に残ってます。

確かに、絵の出るレコードって言う響きは、心がくすぐられる感じがします。
高価だったので、100枚ぐらいしか持ってませんが、DVDになっていない映画も結構あります。
おじいちゃんは、一体どれぐらいコレクションしていたんでしょうね?
結構気になりました。

ロッカリア #- | URL | 2012/09/17 23:20 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/227-2815814e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。