06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【友よ静かに死ね】ハイビジョンで見る! 

今日は【70’シネマ】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
1977年の公開時に、どーしても劇場に足を運ぶ気になれなかった映画の一つ。
その理由は、ドロンのヘアー・スタイルにあった。
ロードショー誌で、初めてあのカーリー・ヘアーを写真で見た時に、強烈な違和感を覚えたからだ。
その後も、TV放映などで見る機会を逃したりしていたので、今回BSハイビジョンでやっと見る事が出来た。

『ボルサリーノ』『 ボルサリーノ2』『フリック・ストーリー』と、名コンビぶりを発揮していたジャック・ドレーの監督作とあって期待して観たが、正直なところ面白い作品に仕上がっているとは言い難く、かなり明星、いや平凡に終わっている(……)。

img019-2.jpg

第二次世界大戦終結直後のフランスで、実際に起こった事件を、シトロエン・ギャングの生活(中でもドロン)を中心に描いている。
ただ、強盗シーンは何処かコミカルで、緊迫感に欠けるが、もしそれが監督の狙いなら、全編をもっとコメディ寄りにした方が、ラストの悲しみも倍増したんじゃないかな。そう、『ボルサリーノ』のように。
今作は、ドロンの新しい一面を引き出そうと、例のカーリー・ヘアーにまでして見せたが、作品的な山場に欠けている。
ジャック・ドレーと言う人は、以前から思っていたんだけど、現代劇よりも、少しクラシカルな作品を撮りたがる人なんだよね。
ヌーベルヴァーグの台頭を経験したが、それに憧れながらもその波に乗ろうとはしなかった、丘サーファー的な人で、良い意味において、フランス映画の伝統を引き継ごうとしていたように思える。
ただ、この映画が制作された1976年以降のフランス映画界は、新しい波も消え、伝統は見失われて行き、混迷の時代へと突入する事になる。(俳優や監督、スタッフ、プロデューサーにも同じ事が言える)
少し横道に外れたので、話を戻そう。
この映画は、ニコール・カルファン(!)の魅力と、ラグタイム調の音楽に、大いに助けられている、と言っても過言じゃない。

今回はハイビジョンで見る事が出来たが、圧倒的な色の美しさには驚かされた。
逆に、アナログ放送が終了すると、レストアされない映画は、オンエアされない、と言う危惧もあるが……。
ま、良い意味でも悪い意味でも、1970年代の映画だなぁ……、と感じる作品でした。

Category: 休日は名画座で

Thread: 心に残る映画

Janre: 映画

Tag: 70’S  フィルムノワール  イラスト 
tb 0 : cm 2   

コメント

こんにちは!

こちらでは初めましてですね~。更新二回目から密かに読んでました。わたしのブログにも何度も足を運んでいただいてありがとうございます。

あのカーリーヘアは一体どうしたんでしょうね(笑)
アラン・ドロンに何かあったのかと心配になってしまいました。
イラスト、雰囲気でています!

>この映画は、ニコール・カルファン(!)の魅力と、ラグタイム調の音楽に、大いに助けられている、と言っても過言じゃない。

その通りでしたね。彼女が彼らの事を愛おしいという目線で見ていたから、わたしもそういう風に観られたような気がします。駅(だったかな?)でロベールが警官と追いかけっこするシーンと、洗礼パーティで遊ぶ男どもをマリネットが眺めているシーンがお気に入りです。

宵乃 #- | URL | 2011/06/28 09:58 [edit]

Re: 宵乃さんへ。

なんだ~、人が悪いなぁ~。それならそうと言って下されば…。
その節は大変お世話になりました!
いずれご連絡しようと思っていましたが、実はもっとイラスト(落書き)が上達してから、と内心思っていたんで、ちょっと複雑な感じです…。
う~ん、本当なら「うまくなったね~!」と驚かせるつもりだったのですが…。
ま、もう一人驚かせたい人がいるんですが、その人にもひょっとしてばれているんでしょうかねェ…。
でも、足あと消していたはずなのに、何でそんなに早く…?
でもまっ、いいか!
ばれてしまっちゃ~しょうがねぇ~!(歌舞伎?浄瑠璃?)
これからも宜しくお願いします。

記事の方は、私も駅のでの追いかけっこが好きです。
あと、警察署(?)でキレるシーン。おいおい、と一人で突っ込んでしまいました。

ロッカリア #- | URL | 2011/06/28 19:54 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/26-9ad9be88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。