07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

映画雑誌【CUT】の挑発! 

今日は【映画雑誌】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
この雑誌に取り上げられている3本の映画、『タクシー・ドライバー』『時計じかけのオレンジ』(←この2つはフェイバリット!)『地獄の黙示録』は、いずれも”狂気”と言うキーワードが頭に浮かぶ……。

ま、とにかくこの挑発的な表紙を見てよ! 

DSC00338-1.jpg

「なんだと~、買ってやろうじゃないか!」と叫んで(もちろん心の中で…)レジに直行しちゃったよ。
雑誌に限らず、表紙は大事だね。いつもはスターのファッション雑誌か?と思うCUTも、今回はがんばった。(読者は編集部が思っているより、よく見てますよ~)

70年代に狂っていたのは、映画なのか?時代なのか?と言う検証を3本に絞って行っている。
『タクシー・ドライバー』は、あの時代、あのニューヨークでしか生まれなかった作品だし、『時計じかけのオレンジ』『地獄の黙示録』は、狂っていたのは若者?国家か?と言う事を浮き彫りにしている。
70年代の映画を見て青春時代を過ごした僕から言わせてもらえば、今もこの現象はそんなに変わっちゃいない。
ただ、70年代と言うのは、映像作家が今よりも遥かに自由で、それぞれの個性を生かした映画作りが出来た時代だと思う。
となると、映画=監督のもの、と言う式が成り立ったあの頃、狂っていたのは監督の方ではなかったのか?

img020-1.gif

この雑誌には、”70年代スピリットが刻まれた45本の狂気映画 ”と言うのがリスト・アップされているんだが、これらの映画を片っ端から見て行くのも楽しそうだ。

結論。
1970年代の映画って、奥が深いんだよ。見なきゃ分からんさ。

Category: 迷宮図書室

Thread: 映画関連ネタ

Janre: 映画

Tag: 70’S  映画本  イラスト 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/27-84ff087d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。