04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


『デジャヴ』 腹立つわ~、この映画! 

こんばんは、ロッカリアです。

時間の窓(タイム・ウィンドウ)とかタイムスリップやパラドックスの理論、概念なんて無茶苦茶で、少しも納得できない!
なのに一級のサスペンス映画に仕上がっていて面白い!それが腹立つ!
3回ぐらい見ただろうか、この映画。
今回はWOWOWで視聴しました。
いつも、4日と6時間前をリアルタイムで見れるタイムウィンドウの下りになると、ど~にも納得がいかないんだけど、いつも最後までハラハラドキドキしちゃうんだよね~。
でも、何故だろう!?
そこで今回はちょっとだけ考えてみた。

シネマチケットデジャヴ1御

とにかく、主演のデンゼル・ワシントンへの感情移入がしやすく、その世界観に没入できるのが良いんだと思う。
科学的な説明シーンでも、「もっと普通の言葉で話せ!」と最もな事を言うし、殺された女性、クレアの生前の姿に、きれいだな~と思っていると、デンゼル・ワシントンも恋していたり、何とか助けたいと言う感情が爆発して、自らタイムスリップを試みたりと、観客を引き込む、映画だからこその醍醐味が充分あるのだ。
つまり、面白い映画のすべてに共通する、作品の中で、その世界観で、見る者を遊ばせてくれるのだ。
ラストもいい。
ベタベタ感が無く、絶望の後に訪れる希望は、いつもなら興ざめしてしまうパラドックスが良い方に働いて、疑問より安堵感を生み出している。
傍観者の立場でしかなかった主人公が、気が付くと事件の渦中に飛び込んでいる。
映画と観客の関係そのままを表現しているからこそ、この映画は面白いのだ!

う~ん、今日も分かったような分からんような記事になってしまった……。
出来る事なら、ちょっと前に戻って、記事を書き直したいなぁ……。

Category: レビューがはじまる

Thread: 心に残る映画

Janre: 映画

Tag: 仮想チケット  おススメ  サスペンス 
tb 0 : cm 2   

コメント

こんにちは!
突っ込みどころは多いけど、それでも引き込む力がありました。愛のために突っ走るところが共感できるポイントでしょうか。

>映画と観客の関係そのままを表現している

そういう事なんでしょうね~。どっぷり感情移入できれば、ストーリーの穴くらいはカバーできてしまうんだなぁと驚かされた作品でした。

宵乃 #K4YeSyNc | URL | 2013/01/24 13:43 [edit]

Re: 宵乃さん。

愛の為に突っ走る、ですか、なるほど。
最後まで一気に突っ走って行く映画、そんな疾走感がいいのかも知れませんね。
冷静に考えると、結構なSF映画なんだけど、あんまりそれを意識しない映画ってのも、
何だか不思議な作品だなぁとも思います。
ストーリー、確かに穴だらけでした。

ロッカリア #- | URL | 2013/01/25 20:54 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/280-ead25d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)