10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『リンカーン:秘密の書』ああ、双葉先生…。 

こんばんは、ロッカリアです。

DSC00747-1.jpg

最初に言っておくけど、銀の銃弾に倒れるのは1941年のユニバーサル映画『狼男の殺人』以来、映画界では狼男であって、吸血鬼じゃない!
また、いくら『トワイライト』が流行ったからと言って、サングラスと日焼け止めで白昼を闊歩する吸血鬼は、いかがなものか……。

(『海外特派員』へのオマージュ↓)
DSC00749-1.jpg

考えてもみてよ、吸血鬼は太陽が沈むと棺桶ベッドから起き上がる。だから、観客だってスクリーンの中に夜が訪れると緊張に包まれ、早く夜が明けないのかと、祈りたくなるのだ。
リンカーン大統領をヴァンパイア・ハンターに設定し、南北戦争と言う歴史背景を取り込むアイデアは良いが、南軍がいつの間にかヴァンパイア軍団になっているのは興ざめだ…….

DSC00751-1.jpg

この映画や、最近のVFXを多用した映画ばっかり観ていると、99歳で亡くなられた、僕が勝手に映画の師と仰ぐ映画評論家の双葉十三郎先生の言葉を思い出さずにはいられない。

027-1.jpg


ぼくは、映画は1950~60年代にピークを迎えていまった、と考えている。
(中略)さらに、映画が映画だったのは二十世紀で終わってしまったのではないか、とも思っている。その理由のひとつは、CGに代表されるハイテクノロジーだ。断崖絶壁で危険なアクションが展開される場面など、従来は本人かスタントマンが実際にやったものだが、これをCG活用のゴマ化し構成映像で処理したら、ハラハラする前に興ざめしてしまう。
リアルな恐竜がなめらかに動く。なるほど面白いかもしれないが、それだけだったら動く恐竜図鑑にすぎないのではないか。それに『ジュラシック・パーク』は『ロスト・ワールド』(1925)を作り直しただけ、と言う思いもある。トシのせいかな?
(中略)
ぼくはあまり楽観していない。(今後の映画に対して)
もう一つの理由は、かつての映画がほとんどのことをなしとげてしまったので、新しい何か、をなかなか生み出せないことだ。(それは60年代以降から感じていた)。およそ芸術、表現は、初めて考えついてそれを創造すること(オリジナリティ)が何より大切だろう。
現代の画家は、セザンヌのような絵、を苦もなく描けるだろうが、そんな絵を今見て誰が感心するだろう……。
   「外国映画ぼくの500本」より



この作品に限らず、映像作家は何を僕たちに見せたいのか?或いは何を訴えたいのか?
そんな事が伝わって来ないのは、双葉先生が言うように、映画はアトラクションになってしまったからなのか……。
芸術は殻を破ることで生まれ、伝統は革新が生まれてこそ歴史を刻んで行く。映画は総合芸術だし、100年以上もの歴史を見れば伝統と言う言葉もうなずけるだろう。
だが、殻を破るには技術だけではなく、そこには発想も伴うと思うし、伝統を受け継いで守り、より高めて行くには、歴史を認識した上で成立し、なによりも、受け継ぐ人の感性が大切だと思う。
方法は受け継ぐ事が出来るだろうが、感性を受け継ぐ事は出来ない。しかし、映画と言う総合芸術をより高い次元に引き上げようとするなら、感性こそが大事なんじゃないだろうか。
同じ吸血鬼の映画で、1985年の『フライトナイト』は僕も劇場で観たが、当時はディスコで獲物を狙うヴァンパイアとして話題を集めた。その中で、迫るヴァンパイアにロディ・マクドウォールがここ一番で十字架をかざす。当然怯むだろうと思っていたら、ヴァンパイアは近付いて十字架を握りしめると、「信じていない、こんな物など役に立たんわ!」(←大阪弁…)と言って焼いてしまう。
なるほど、そう言う解釈もあるのかと、今迄に無い新しいヴァンパイア像を見た気がした。
吸血鬼と言うコードの中にありながらも、柔軟で斬新な、そしてユニークな発想だと思ったよ。

悲観的な、ネガティブな意見を並べたように思われるかも知れないが、そんな時代にあっても、必ず新しい人材と言うものが輩出されると僕は信じている。
CGの力を最大に引き出しながらも、見世物じゃない、凄みを持った映画は必ず現れると信じているのだ。
クリストファー・ノーランのように、或いはダンカン・ジョーンズのような監督が陸続と現れる事を切望して止まない。
最後に、自他共に日本一の洋画宣伝マンの古澤利夫氏の著書「明日に向かって撃て!」の中から。

映画が劣化すれば、観客も劣化します。
映画は文化ですからね。







オマケですが昨日娘からこんな物を頂きました。

026-1.jpg

『禁断の惑星』のロビーのピンバッチ、アンティークです。
大切にします。
また、息子夫婦からも財布やハンカチ等も頂きました。
ここに感謝の気持ちを込めて。
ありがとう。

Category: レビューがはじまる

Thread: ひとりごとのようなもの

Janre: 写真

tb 0 : cm 2   

コメント

ご無沙汰しております!

ロッカリアさん、こんばんは。
こちらの記事、最近自分が映画に対して心から感じていたことだったので、思わず一人で「うん!うん!」と言いながら読んでしまいました(笑)。

たぶん強く意識し始めたのはここ1年くらいだと思うのですが・・・・ここ数年の新作映画を観ていて(自分の疲れ加減を差し引いたとしても)、VFX満載の映画を観ていると睡魔に襲われることが多くなっていることに気がつきました。スマートな映像でドンパチドンパチ☆空を飛んだり大爆発したり・・・・いわゆる映画の"みどころ"となるはずのアクションシーンで眠気が襲ってくるのです。

私はロッカリアさんのように数多くの映画に出会えているわけではありませんし、作品公開当時にリアルに観た人間ではないのですが、例えば80年代に人間の手や工夫で特殊メイクを施して作品を作りだしていた時代の"力強さ"に惹かれます。『F/X 引き裂かれたトリック』のような映画で見ることができた"知恵と想像力"で1カット、1シーンを作っていた特撮や特殊メイクの技は、ワクワクできるものだったに違いないだろうなぁと。その後のCGやVFXなどは、当初こそ目新しかったかもしれませんが、人間慣れてしまうとそう簡単には驚くこともなくなってしまいますよね。観る側からしても、自分のアタマの中で想像力が働かなくなっていることにも気が付きます。最後に残るのは、ロッカリアさんの仰るようなダンカン・ジョーンズ監督などに見える光るアイディア、ということになるのでしょうね!

>映画が劣化すれば、観客も劣化します。
これはドキーンとくる言葉でした。


ところで、ロッカリアお父さん、父の日おめでとうございました!!
(私のお父さんではありませんが(笑))素敵な父の日だったのですね♪

我が家は、父の日の幼稚園翌日から子どもが水疱瘡になってしまって
今週は子どもが外に出られないため、家の中でありとあらゆる遊びをして、
子の身体と顔に白い薬を塗るのに追いかけまわしていました^^;

久々のコメントで物凄く長くなってしまい大変失礼いたしました!!
いつも(ディープな話題と知識の深さに感服しつつ)楽しく読ませていただいています♪
また遊びに参ります^^

はなまるこ #mHZ/BfkA | URL | 2013/06/21 20:37 [edit]

Re: はなまるこさん。

コメントありがとうございます。

私は、先日92歳で大往生された、レイ・ハリーハウゼン氏の洗礼を受けたひとりなんです。
はなまるこさん世代のような若い人にはあまり縁が無いでしょうが、おじさん世代にとっては、特撮の世界では神のような存在です。
勿論、『スター・ウォーズ』やなんだかんだ言っても、この人からの影響は避けられなかったのです。
恐竜を一コマ一コマ動かして、人物と合成、そのシーンを始めて見た時の衝撃は、映画少年なら絶対忘れない、忘れてはいけない出来事なのです。
ティム・バートンが受け継いでいるように、今でもこの手法で映画を作ろうとするなら、考えられないような時間と、信じられないような気力と、常に新しい感性が必要になるのですが、それが映像作家の醍醐味でありセンスになって、個性として現れるんです。

『ブリット』はマックィーン自身がハンドルを握ったからこそ、今でも語り継がれるんです。昔のアクション映画の危険なシーンを見ると良く分かりますが、今から考えると、俳優さんがよくここまでやったなぁ、と驚愕する事が多々あります。
もちろんここ一番ではスタントマンの出番となるわけですが、そもそもスタントマンが出て来ると言う事は、実際に危険だからで、現在のようなクロマキー合成にCGを乗せて行く映像ばかりだと、またかよ…、と興奮するわけがないのです。

SF映画でもそうです。
SFにはCG技術が欠かせません。それは、まだ行ったことも無い土地や星や宇宙を本物らしく見せるには、CGほど便利な技術は有りません。
しかし、例えばエイリアンと戦うシーンで、エイリアンをCGで作られると、またかよ、となるし、着ぐるみバレバレのエイリアンを登場させられても、今の、目がシビアになった観客は納得しません。
落とし所を探すのでは無く、想像力を使え、と言いたいのです。

『ミッション:8ミニッツ』でも列車爆破のシーンはCGでした。(昔ならミニチュアを爆破させたんでしょうが)しかしながら、この映画は列車の爆破シーンを見せる映画じゃなかった。
監督が観客に訴えかけて来たのは、愛する人を守りたいと言う事、笑顔でいる事の素晴らしさと、最後まであきらめないと言う信念の大切さ、だったのではないでしょうか。

また、CGが映画界に進出してきた頃、『ジュマンジ』と言う映画が作られました。有名な映画ですが、当時は動物をCGで描いたからこそ話題になった映画なんです。
しかし、そのCGで描いた動物たちは、当時ですらCG丸出しじゃないか!本物には到底見えない!と批判が相次ぎました。
しかし、CG全盛の昨今、この映画を見直すとどうでしょう、確かにCG技術は子供じみていますが、タイムスリップ的な要素に、ゲームが現実になると言う発想の豊かさ、父と子供の絆などなど、CG以外の所に魅力の溢れた良い作品じゃないですか。(私は個人的に好きです、この映画)

映画の基本は、観客にどんな感動を、テーマを、そして意志を投げかけて来るのか、が大切で、それを投げかけられた観客は、どう思うのか、何を感じるのか、何を心に残すのか、と言う事になるはず。
何も残らなかった場合、送信機が悪いのか受信機が悪いのか。或いは、双方が劣化してしまっているのか…。
私は単純に感動したいし、笑いたいし、楽しみたいだけなのです。
昔の監督たちは、自分の撮りたいテーマ、作りたい映画だけを撮っていたような気がします。
観客なんて、あまり考えていないような、そんな映画にしか見えない作品だって、名作と言われる映画には意外と多いような気がします。
でも、見る方だって負けてはいなかった。
これにはどんな意図があるんだろうか?結末はこれでいいのか?なるほど、これには深い、こんな意味があったのか等々、みんな映画を理解しようとしていた。
今は映像を見せられているだけのような気がして、どうだ、凄いだろう的な作品、手に汗握るだろう的な作品が多い。
常々言っているが、映画は観客の目に触れた瞬間から独り歩きをする。
よって、映画をどのように見るかは観客が決める事になる。だからこそ、作り手は必死になって映画作りに専念しなければいけないはず。
CG作りに専念していて、いったい何を作りたいんだい?と言いたい…。

おっ、コメントと言う事を忘れて長くなっちまったぜ。
水疱瘡の時って、舌の感覚が少し麻痺するから、食べる者には気を使ってあげてね。(昔ラーメン食べたいと言って出前取ってもらったのに、とっても変な、いつもと違う味がしので…。ひょっとして私だけかもしえないけど…)
父の日は娘とデパートに行って、たまたま開催されていたレトロ・マルシェで私がコレ!と言っておねだりしたものです…。
『F/X 引き裂かれたトリック』は続編も面白いから、機会があればご覧くださいませ。

こちらこそ長々と…。また遊びに行きます~!

ロッカリア #- | URL | 2013/06/22 01:06 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/335-904ab74b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。