06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『アパートの鍵貸します』リセットしたい自分がいる… 

こんばんは、ロッかリアです。

ある程度長い期間、映画を見て来た人、つまり、僕と同年代の人たちは、この映画をどんなタイミングで観ているんだろうか?
昔ならTVの洋画劇場でよくオンエアされていたから、見る機会も結構あったけど、今はBSの専門チャンネルは別として、自ら進んで観ようとしない限り、この映画を観ることはないんじゃないかと、ふと疑問に感じる。
とすると、自ら進んで観る、と言う行為には、何らかの理由があるんじゃないだろうか……。
僕には明確な理由と意図がある。
観る映画観る映画がとってもつまらなく感じてきた時。これは昨今の新作映画(特にハリウッド作品を指す)全般を見て強く感じている事だ。
映画を観る、と言う行為自体が億劫になった時。
あと、何が面白いのか?どんな映画が面白いのか?分からなくなった時、この映画をラックから取り出して、デッキに入れる。
このブログの第1回目の記事に、『冒険者たち』と言う映画は僕にとってのマイルストーンだと言った。
つまり、『冒険者たち』を観て、何の感動も、涙も流さなくなった自分がいたら、もうどんな映画を観ても僕は幸せな人生を送れないと思うからだ。

img137.jpg

『アパートの鍵貸します』

この映画は僕に映画を観る楽しさ、素晴らしさを教えてくれる。
コメディ映画の代名詞のように言われることも多いが、人間賛歌のヒューマンな映画だと思う。
一つのアパートの鍵から始まり、その鍵があっちこっちに行き交うように、人の感情も右往左往する。
小道具の使い方が上手くて、それに見取れているうちに、次から次へと起こる出来事。
帽子、割れたコンパクト、ストローやオリーブ、テニスラケットにシャンパンと銃、年に一度のケーキやカミソリの刃、カードゲーム。そして、重役専用トイレと言う会話からも、当時の労働階級への批判が垣間見られたり、当時のアメリカが抱えていた、男女不平等、つまり男尊女卑などが、強く風刺されている。
しかも、圧倒的な、感情を揺さぶるような、ラブ・ストーリーとしても成立しているのだ。
張り巡らされた伏線の妙に、そうだったのか……と、誰もがヒザを叩き、うまい!と言う言葉が、思わず口から飛び出すはずだ。
ジャック・レモンの演技に加え、少しおバカでキュートな役のシャーリー・マクレーンが、真実の愛に目覚めていく過程を好演すると、ジャックはその愛ゆえに、男としてのプライドに目覚めて行く。好きとか嫌い、と言う単純なものではなく、いかにして人を愛し、人生と向き合うのか、そんな事が、説教じみた口調じゃなく、とてもオシャレな映画として描いているところが、ビリー・ワイルダー監督の凄いところだ。
この映画を観ると、映画を観る、と言う行為がリセットされ、面白い映画とは、どう言うものなのかを、思い起こさせてくれる。

この映画を観なくても映画は語れるだろう。
この映画以外にも、素晴らしい映画は沢山あるのだから。
でも僕は、この映画を観たこと無い人から、映画の話は、あんまり聞きたくない。
何故なら、これこそが映画だと、今でも強く信じているからだ……。


Category: 休日は名画座で

Thread: 心に残った映画

Janre: 映画

Tag: イラスト  おススメ 
tb 0 : cm 2   

コメント

No title

スパゲッティをテニスラケットで水切りするシーン、いいですよね~。イラストのおかげではっきり思い出せました。
この作品は一度だけbs2のオンエアで観ていて、平然と愛人をもつ重役どもが不愉快だという印象ばかり残っていたんですけど、楽しかったり切ない部分もいっぱいあったんですよね…。
再見して、良い部分で記憶を上書きしないと!

ロッカリアさんにとって、映画を純粋に楽しむ気持ちを思い出させてくれる作品なんですね。わたしの場合はなんだろう?
ジャッキー・チェンの作品とか、「グーニーズ」とか?
これからも、それぞれのやり方で映画と上手に付き合っていきましょう♪

宵乃 #Jluqsbno | URL | 2013/07/05 07:39 [edit]

Re: 宵乃さん。

確かに、不倫文化が当たり前のように描かれていて、ひょっとしら、そう言う時代がアメリカにはあったんじゃないかと思わせます。
この映画は私の生まれた1960年制作と言う事もあって、お気に入りなんですが、意外にも大好きな作品とまで言い切れません。
生涯ベスト10にもいれてませんし。
映画としは最高ですが、
やはり年代が私とは合わないんです。
だから、好きか嫌いと言う事じゃ無くて、本当にいい映画とはこれなんです、私の中では。
本当に、映画に対する気持ちをリセットしてくれるんです。
宵乃さんの好きな『グーニーズ』、私も大好きです。
この映画とどっちが好き?と尋ねられても困るんですよね。
映画史に残る映画だから好き、なんていう基準は変でしょ?
あくまでも基準は自分の中にありますからね。
勿論ジャッキー映画は、全てにおいて愛する作品が多いですし、こんな映画が?と他人が思うような作品も、好きな場合、ありますもんね。
映画って、不思議で楽しいです!
ほんと、上手く付き合って行きたいです。
コメントありがとうございました。

ロッカリア #- | URL | 2013/07/05 08:27 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/341-7ecc8064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。