07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

目からウロコの映画事情! 

こんばんは、ロッカリアです。

BSでは映画に関する番組が結構ある。
ムービー・アット・ホームは自宅で見るにはどんな映画が良いか?をコンセプトに作られているし、今日記事に取り上げるのは「シネマ・アディクト~愛すべきスターたち」は、タイトル通り、スターにスポットライトを当てた番組だ。
先週この番組を見ていた時、映画評論家の芝山幹朗氏が、シリーズ物は別として、最近刑事物の映画が少なくなっているとし、『ダーティハリー』『フレンチ・コネクション』『ダイ・ハード』を取り上げ、アンチ・ヒーロー的な刑事が時代にマッチして受け入れられたと話した。(うん、うん)
そして、僕にとっては、目からウロコの、こんな話をしてくれた。「何故、最近のアクション映画はつまらなくなったのか?」と言う事だ。
芝山氏は、この疑問に明快な回答をしてくれた。それを紹介したいと思います。
img157-2.jpg
『スパイダーマン』『バットマン』『アイアンマン』『アベンジャーズ』等々、アメコミの実写化映画の大ヒットによって、刑事物やアクション映画の爆発シーンやカースタントと言った一連のアクションシーンが、アメコミ映画と同じレベルで撮られている、だから現実味も感じられないし、人物もどこかアメコミ・ヒーローっぽい、と分析するのだ。
そう言えば、先日このブログでも取り上げた『ダイ・ハード:ラスト・デイ』の中でも、ブルース・ウィリスの息子が銃で腹部を撃たれるが、何事も無かったかのように、映画は進行して行ったのを思い出した。
そうか、そうだったんだ!
ヒットしたら右にならえのハリウッドは、アメコミのメソッドをどんな映画にも取り入れていたのだ。(気付かなかった…)
そう言われたみれば、爆発は大袈裟過ぎるし、銃撃戦では危険を感じない。
少々当たっても死にゃしないだろう……と、頭の片隅に植え付けられているのだ。(洗脳だ洗脳!)
ハリーやポパイには刑事や人間としてのアイデンティティが確かにあった。
マクレーンだって昔は高い所が苦手な普通の人間だった……。
だから面白かったんだ、と言う事に改めて気が付いたよ。
皆さんはこんな話を聞いて、どう思います?
僕はこう思いました。
まだまだ修行が足りんなぁ……と。


Category: シネマ・エッセイ

Thread: 映画関連ネタ

Janre: 映画

Tag: イラスト 
tb 0 : cm 2   

コメント

No title

昔と違って、アクション映画自体を見る事が全くなくなってしまいましたが、この分析はなるほど〜〜!と納得しました。
見ていないけど、なんとなくわかります。

日本でももしかしたら言える事かもしれないですけど、最近、なんでも「ゲーム」的になってしまってるんですよね。アニメのキャラ造形といい、動きといい・・・
アメリカのアクションものも、きっとどこかゲーム的な演出と化してしまってるんだろうなあと想像します。
成功例を模倣してというのもあるでしょうけど、映画製作にたずさわっているスタッフや監督がゲーム世代というのも大きいような気がなんとなくします。
ワタシも、昔のアクション映画って好きですよ。人間的で。

ところで、先日、阪神でやってる60~70'sの中古レコードセールに行ったんですけど、そこに古本も少し置いてあって、映画秘宝の「悪趣味邦画劇場」という本を買ってしまいました(笑)またFBの方でちょこっとだけ書くと思いますので見てやってください〜〜♪

マナサビイ #- | URL | 2013/08/10 11:33 [edit]

Re: マナサビイさん。

コメントありがとうございます。
ゲーム世代と言うのは、現代において一つのキーワードかも知れませんね。
映画のようなゲーム、だったのが、ゲームのような映画、になって来ているのかも。
アクション映画は昔にかぎります!

阪神百貨の「ミュージック・ジャンボリー」に行かれたんですね!
私は今も行こうかどうしようか迷ってます。
掘り出し物は初日か2日目には無くなってるでしょうし…。

映画秘宝の「悪趣味邦画劇場」、買っちゃったんですね(笑)
私もこのシリーズの本はかなりの数持ってますが、あんまり役に立たないんですよね。
私の中でのヒットは、「日常映画劇場」と「70年代懐かし映画地獄」と言う2冊です。
FBの方にも遊びに行きますね!

ロッカリア #- | URL | 2013/08/10 22:45 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/360-3b283897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。