06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

銀河シネマガイド・ブックVOL.1 

シネマガイドスパイダー・パ
”巨大化したクモの大軍が、人間と言うエサを求めて田舎の街を襲い始めた!”

【こんな人におススメ!】

・パニック映画が好きな人
・B級映画ファンの人
・巨大生物映画が好きな人
・クモの大群を見ても平気な人
・主役はやっぱり美女が良い、と言う人
・スカーレット・ヨハンソンのファン
・細かい事は気にしない人


【どんな映画?】
舞台はアリゾナの田舎町。
産業廃棄物を積んだトラックが、誤ってドラム缶を川に1つ落としてしまうが、ドライバーは気付かないまま走り去ってしまう。
ドラム缶の中身が川に流れ、周辺で生息していたコオロギが汚染された水を飲んでしまう。
そうとも知らずにクモ牧場のジョシュアが、エサとして持ち帰りクモたちに食べさせた事から、クモたちは巨大化して、ジョシュアもエサのように食われてしまう。
人間の味を知った肉食のクモは、次の餌を求めて牧場から人の住む町へと移動する。
異常事態に気付いた女性保安官サムと、子供ながらクモに詳しい息子のマイク、ティーンエイジャーど真ん中の娘アシュリー(S・ヨハンソン)は、母の元カレ、クリスと共に、住民を巨大なショピング・モールに誘導して戦おうとする。
エイリアンが拉致しにやって来ると、常日頃FMラジオで言い続けているDJのハーランや、何やら悪だくみをしている町長らもショッピング・モールに集まって来るが、巨大化したクモたちは、容赦なく建物を破壊しようとしていた。
孤立して、逃げ道を失った住民たちは、クモの餌になってしまうのか……。

(↓スカーレット・ヨハンソンです、絶対に!)
img174_20131028212117ec7.jpg
(↑クロゴケグモ、つまりブラック・ウィドウ、つまり『アベンジャーズ』から…)

【見所&解説】
こだわった映画作りには定評のあるローランド・エメリッヒが、2002年に製作したパニック・アクション。
コオロギを食べたクモは巨大化するのに、汚染水を飲んだコオロギは何で巨大化しないのか?
或いは、質量が何万倍にも膨れ上がったクモが、あんなに早く、しかもあれ程ほどジャンプ力があるなんて……と
驚いても(突っ込んでも)仕方がない。

なにせエメリッヒは、どうしたら観客が喜ぶのか?を徹底的に考えたあげく、少々の無理は承知の上で作っている。
『インデペンデンス・デイ』『GODZILLA』『デイ・アフター・トゥモロー』『紀元前1万年 』『2012』『スターゲイト』……。
上記の作品群ほどの大作でなく、どちらかと言えばB級テイスト、遊び心にあふれた作品だ。

例えば、FM局を開設しているトレーラーハウスを、ボスキャラ的なタランチュラが襲うシーンは『マックイーンの絶対の危機(ピンチ)』(1958)の巨大アメーバが襲うシーンを連想させるし、巨大なショッピング・モールに立てこもって、襲撃に備えるのは、ジョージ・A・ロメロの『ゾンビ』(1978)で定番になったシーンだ。
巨大化したクモの大群が襲って来るシーンは『スターシップ・トゥルーパーズ』(1997)のバグたちを連想させる。
女性保安官のサムを演じるカリ・ウーラーは『アナコンダ』(1997)と言う巨大ヘビ映画にも出演しているセクシー系の女優さんだが、その娘役のスカーレット・ヨハンソン(当時18歳!)こそ、この映画の魅力を一段階上に引き上げているのは間違いない。

そして、この映画が、その辺のB級映画と一味違うのは、複線の貼り方もさりげなく、細部に行き届いている。
炭坑にたまったメタンガス、ショッピング・モールと町長の関係、一応主人公のクリスの父が言い残した言葉等々、ラストまで芸が細かいのだ。
ただ、クモたちをやっつける作戦(?)は、ちょっとあんちょこ過ぎるのが気にはなるが……。
しかし、こんなに面白い映画を見過ごすなんて、映画好きなら勿体ないぞ。

【こんな見方がおススメ!】

週末あたりの夜中に、DVDをレンタルして来て、こっそり一人で観る。昔見たTV洋画劇場の雰囲気で。


面白い映画は、ここに有ります……。


こんな感じです。
第2回もお楽しみに!

Category: 銀河シネマガイド・ブック

Thread: 特撮・SF・ファンタジー映画

Janre: 映画

Tag: イラスト  おススメ  Sci-Fi  アクション 
tb 0 : cm 2   

コメント

わたしも好きな作品です

気楽に楽しく観られるモンスターパニックですよね。
スカーレット・ヨハンソンが出ていたとは、すっかり忘れていたけど、「こんな人におススメ!」はほとんどわたしに合っていて、さすがです♪
わたしは蜘蛛がビジュアル的に大好きで、巨大蜘蛛がわんさか登場するだけで満足でした(笑)
ホント、ツッコミどころは多くても許せてしまうし、意外と基盤はしっかりした作品という感じ。
惜しむらくは、吹替え版で蜘蛛が喋ってるように演出されてたこと!
いつか字幕版で再見したいです。

これからも「こんな人におススメ!」シリーズ、楽しみにしてますね。

宵乃 #K4YeSyNc | URL | 2013/10/29 11:06 [edit]

Re: 宵乃さん。

やはりご存知でしたか。
知る人ぞ知る映画でからね。

しかし、クモがビジュアル的に好きと言うのは、昨今の爬虫類女子の先端ですね。
私もタランチュラぐらいなら飼ってもいいなぁ、とは思います。(寝つきが悪くなりそうですが…)

私は字幕版しか見てなくて(DVDには確か吹替え版は付いていませんでした)、逆にクモが喋っているよなシーンを見てみたい気がします。
字幕版では、そんなシーンは一切ありませんでした。
確かに、宵乃さんの言う通り、基盤はしっかりしているんですよね、この映画。

この企画は、たぶん変化球の連続になると思いますが、気楽にお持ちください。

P.S
実は宵乃さんのブログで取り上げた『クリスティーン』もリストアップっしてたんですよ。

ロッカリア #- | URL | 2013/10/29 23:20 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/392-efaf0044
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。