04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

シネマ・サーフィン ~2~ 

バナーsf
ufo_7.gif ~第2夜 【ギャラクシー・クエスト】~
今日は【宇宙を舞台にした映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
スター・トレック(昔は宇宙大作戦と言ってたんだぜ!)のコアなファン、称してトレッキーを充分意識して作られた作品。
面白い。
しかも泣けるんだよコレが。
ストーリーは知っている人も多いと思うけど、昔、人気TV番組『ギャラクシー・クエスト』の俳優たちは、この番組でしか人気が出ず、番組終了後はイベントやサイン会の収入を頼りに生計を立てていた。
そんなメンバーたちが、TV番組をドキュメンタリーだと信じた異星人サーミアンに助けを求められる。
最初はこれも何かのイベントだろうと思い込んでいた船長役のジェイソン(ティム・アレン)も、実際の宇宙を体験する事によって、他のメンバーを巻き込んで、本当の戦闘に出撃する事になるが……。

クリックで拡大 ↓  ↓  ↓

img023.jpg

トカゲ・ヘッドの持ち主(もちろん特殊メイク)ドクター・ラザラス(ハリポタのスネイプ先生、古くはダイ・ハードのテロリスト。しかも昨夜の『銀河ヒッチハイク・ガイド』に出て来た超ネガティブ・ロボット、マーヴィンの声も担当していたんだよ)ことアラン・リックマンが、スタトレのミスター・スポック的な位置でいい味を出している。
実際の戦闘時にも、第18話のあのシーンだ!みたいなノリで対処するのも面白いし、モンティ・パイソンとは一味違う、アメリカン・ギャグの応酬も見られる。
だが気を付けた方がいい。
笑ってばかりいると、最後に必ず涙を流す事になるのだ。
オタク映画のバイブルとまで称されたこの映画、誰が見ても楽しくなれる事を保障します。
トカゲ・ヘッドに懸けて……。


Category: 特集

Thread: 心に残る映画

Janre: 映画

Tag: Sci-Fi    おススメ 
tb 0 : cm 4   

コメント

トカゲヘッドだ~♪

この作品大好きですよ!
笑いあり涙ありで、スタトレ知らないにも関わらず、愛情のこもったオマージュの雰囲気を感じ取れる事ができて、熱い思いがこみ上げてきました。

ドクター・ラザラスがスネイプ先生とは知りませんでした。今度観る時は、そこらへんしっかりチェックしたいと思います!!

宵乃 #- | URL | 2011/08/05 10:45 [edit]

Re: 宵乃さんへ。

いいですよね~。
スネイプ先生はもともと舞台俳優さんの出身だから、ある意味この映画は自虐ネタにもなっていて、ええ!?いいのかよ~、なんて思いながら見ていると、さすが、最後に泣かされるんですよね~。
その辺も、この映画のいい所なんですよね。
皆さんに見てもらいたい作品です。

ロッカリア #- | URL | 2011/08/06 20:50 [edit]

設定がすんばらしいですね~

確か劇場公開が単館で、結局観に行けなくてビデオになってからすぐに観て、たまたま先月観たばかりですよ~

ただのパロディーかと思いきや、パロディーであってもその設定がとてもよく考えられていてコメディだけれどもちゃんとしたSF映画になっていましたね!

初めて観たときは元のスタートレックのシリーズが続いていたり、シガーニー・ウィーヴァーとSFと言えば“エイリアン”って印象がまだちょっと残っていたせいか、なんとな~く作品に違和感のようなものを感じたのだけれど、先月観たときは純粋に“面白い!”と思いました

高度な技術力を持ちながらも自分たちを守るために戦うことも出来ない宇宙人がなんで“ギャラクシー・クエスト”のメンバーに助けを求めるのか?
この辺りのお話がよく考えてあるな~と思いました
てか、観ている僕でも彼らを助けたくなるくらい・・・

僕も殺される役でいいから一度エンタープライズのクルーになりたい・・・

|―|/‐\|\/| #- | URL | 2011/08/06 21:47 [edit]

Re: HAMさんへ。

ど~も~。
また夏バテしてるよ~。
先月見たばかりなんだね。タイミングばっちり。
シガニー・ウィーバーの「何でいつも通気口なの!」なんて自虐ネタもあったね。
また、ブリッジの椅子に座るダガート船長の座り方は、そんまんまカーク船長だったり、助けを求めにきたサーミアンの髪形は全員、ミスター・スポックのように、前髪は一直線だったし、細かいパロディも多かったから、いくつ気付く?みたいな映画にもなってました。

前も言ったと思うけど、転送装置で転送されたいなぁ。

ロッカリア #- | URL | 2011/08/08 23:17 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/42-c6ddb39c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。