07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【21世紀の淀川長治】という本を買いました 

こんばんは、ロッカリアです。

テレビで映画を見ることが、何より楽しかった時代。
日曜洋画劇場で作品の解説をしてくれた「さよならおじさん」こと、淀川長治さんのムック本を買いました。

DSCF3480.jpg

著名人による、淀川氏の思い出や回想の記事、インタビュー、自伝からの抜粋などが掲載されています。
発売元がキネマ旬報なので、キネ旬に掲載された、氏のベスト・テンもあります。
DSCF3481.jpg

中学・高校の時代は、正直言って淀川さんの解説は、なんだか古臭いような感じがして、どちらかと言うと、水曜ロードショーの水野晴郎氏の解説の方が好きでした。
ところが、自分が歳を重ねて、著書やこう言ったムック本に触れると、淀川氏が映画に対してとても情熱的で、的を得た評論をしていたのかが分かります。
町山智浩氏の寄稿によると、淀川氏は「好きな映画と一体化して、その映画の魅力を語っていた」と表現しています。
それって、映画ファンの心理そのもですよね。
この本を読み進めると、いつもは柔和で、ソフトな淀川氏の印象が一変し、映画に対するパッションが伝わってくると思います。
「映画と一体化して、その魅力を伝える」
映画ブロガーとして、映画ファンの端くれとして、肝に銘じたい言葉です。


キネマ旬報コレクション 21世紀の淀川長治 (キネマ旬報ムック)



Category: 迷宮図書室

Tag: 映画本 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/444-37c6d580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。