10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『オペラ座:血の喝采』恐怖は最高! 

こんばんは、ロッカリアです。
お盆休みはダラダラと過ごしてます。(ダラダラ…)
さて今日は、前々からソフトを買おうかどうしようか、迷っていた作品が、ラッキーにも「ムービープラス」でオンエアされたので、早速エアチェックして見ました。
3行レシピ4
 1. 目の下に無数の針!伝説のショッキング・シーンが怖い
 2. スプラッター・シーンの演出は、さすがの巨匠!
 3. オペラ座の怪人路線ではありません
いろえんぴどんな映画
1988年に、『サスペリア』の監督で、イタリアの巨匠ダリオ・アルジェントが好評だった『フェノミナ』の直後に製作したホラー作品。
ベテランのオペラ歌手の交通事故によって、突然チャンスが巡ってきた若手の歌手ベティだったが、演目が「マクベス」と言う事で出演を渋っていた。
結局演じることになるが、突然現れた殺人鬼に、恋人の助監督が目の前で惨殺され、自身もロープで縛られるが、なぜか犯人はベティを殺さない。
これが惨劇の幕開けで、ベティの周りで次々と常軌を逸した殺人が起こる……。
img228.jpg
いろえんぴつ見所と解説
ダリオ・アルジェントの描写には、意外かも知れませんが、インテリジェンスなアプローチを感じます。
『サスペリア』ではバレエと魔女を恐怖でつなぎ、この作品ではオペラのプリマとサイコパスを猟奇的につないで見せる。
この映画の話題は何と言ってもショッキングなシーンにある。
そして、それを煽るかのようなカメラワークも秀逸だ。

だが、作品全体としては支離滅裂な部分が目立つ。
恋人が殺され自身にも危害を加えられたにも拘わらず、警察に通報しない。
突然登場した少女に命を助けられる。(陰はチラホラ写ってはいるが…)
公演の最中に、カラスを突然解き放して犯人を探そうとしたり、照明が観客席近くに落ちても、何事もなかったかのように公演を続けたり、犯人の前を通り過ぎる警察犬など、言い出したら切りがないのです。

そして、もうひとつ魅力に欠けるのが、主役のベティを演じるクリスティナ・マルシラックだ。
『サスペリア』ではジェシカ・ハーパー、『フェノミナ』にはジェニファー・コネリーがそれぞれ存在感を示したが、クリスティナでは平凡すぎるように感じた。
「瞬き針責め」のシーンで、どれだけ目を大きく見開けるかで、オーディションを勝ち取ったのかも?
ま、ジョーダンはさて置き、同じイタリアということで、1960年代に大ブームを作ったマカロニ・ウェスタンのホラー版といった印象です。

残念ですが、見終わった後に、拍手喝采とはいきませんでした。
ジョーズメーター3


オペラ座 血の喝采 完全版 [Blu-ray]


Category: レビューがはじまる

tb 0 : cm 2   

コメント

瞬き針責めのシーンが印象に残ってます

ホント、イラストの通りのシーンですよね。
ストーリーはほとんど覚えてないけど、支離滅裂だったことは覚えてます。当時は監督のことも知らず、悪趣味で意味不明だなぁと思ってました。

>『サスペリア』ではジェシカ・ハーパー、『フェノミナ』にはジェニファー・コネリー

ジェニファーちゃん可愛いですよね!
確かに、この作品のヒロインは顔が思い浮かびません。…針を付けたところしか(笑)

宵乃 #Jluqsbno | URL | 2016/08/16 12:34 [edit]

Re: 宵乃さんへ

どもども、コメントありがとうございます。

まさに悪趣味、ですね。
私も犯人は覚えていましたが、後半のストーリーはほとんど覚えていませんでした。
でも、ある意味針を付けたシーンを覚えられているとしたら、私たちは、アルジェント監督の意図した罠に捕まったのかも知れませんね。
ジェニファー・コネリーは、眉毛の太いところが80年代のアイドルって感じでしたが、『ダーク・シティ』ではすっかり大人の女性になっていて驚きました。
ジェシカ・ハーパーは『ファントム・オブ・パラダイス』ではブライアン・デ・パルマ、『サスペリア』ではダリオ・アルジェントと、どちらも恐怖系の監督に愛されたみたいですね。

いつもありがとうございます、また遊びに来てください。

ロッカリア #- | URL | 2016/08/16 23:41 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/451-c2d20d92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。