10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

シネマ・サーフィン ~5~ 

SF三昧バナー
ufo_7.gif ~第5夜 【ミクロの決死圏】~
今日は【傑作レトロSF映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
この映画も傑作SF映画印!
冷戦時代に、東側の科学者が亡命中に襲われ、脳に損傷を受ける。外科手術では不可能な個所に、細菌程の大きさに縮小したチームが潜航艇で向かい、レーザーで患部を焼切る事になるが……。
最初から緊迫感の連続で、しかも、ミニチュア化した医療チームが元の大きさに戻るまでの時間が1時間と言うタイムリミットまで付いている。
さらに、抗体が人間を襲って来たり、音の響きが体内にいるチームを苦しめたりと、困難続きに画面に釘づけになる。

※最近、さらに落書きがヘタクソになって来たなぁ……、きっと夏バテのせいだな……。(んなことないだろうがっ!)
img027.gif

しかも、チームの中にスパイがいて作業を妨害しようとする。勿論最後まで正体は分からない。
ラストのタイムリミットに対して、チームが取った脱出方法がいけてる!
1966年製の映画だから、今見るとやっぱりVFXはかなり厳しいが、『ウエストワールド』でも言ったように、それだけじゃないんだよ、面白い映画の条件って。
この映画はアシモフの原作を基に作られていて、この、人をダウンサイジングする映画はこの映画以後も、『インナー・スペース』(劇中で将軍がすでにインナー・スペース、と言う発言をしている)『ミクロ・キッズ』邦画では『ガメラ対大魔獣ジャイガー』があったし、TVでは『ウルトラセブン』で松坂慶子が出演した回、「悪魔の住む花」のエピソードもこれに値する。
まだコンピューターの概念が浸透していない時代、勿論電卓もないから、その代わりにポケットから計算尺(知ってる?)を出したり、壊れたレーザーを修復するのに、トランジスタ・ラジオの部品を引っこ抜いたり、この辺はご愛嬌だ。
物語の本質は、まだ誰も見た事の無い人間の身体の中を冒険する、と言うアドベンチャーだ。
これも、まだ見ていない人がいたとしたら、おススメ!

Category: 特集

Thread: 心に残る映画

Janre: 映画

Tag: Sci-Fi    おススメ 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/47-2d5d63f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。