08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『ジャガーノート』 愛しの70’Sシネマ! 

今日は【懐かしいパニック映画】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
豪華客船ブリタニック号(タイタニックのモジリだろ…)に仕掛けられた7つの時限爆弾を、乗客、船員、爆弾処理班、刑事の立場からサスペンス色たっぷりに描いた名作???
爆弾処理班のリーダーにリチャード・ハリス。
ブリタニック号の船長にオマー・シャリフ。
陸地で犯人を追いかける刑事にアンソニー・ホプキンス。
70年代に大ブームを巻き起こしたパニック映画と言うジャンルの中にあって、空間を限定して、タイムリミットを設けた事によってハラハラドキドキは最高潮に???

(↓クリックで拡大します)
img011.jpg

爆弾処理に向かったチームは、途中で死者を出すアクシデントに見舞われるし、爆弾犯の正体は最後の方まで提示されないで、ラストの、定番となった「赤か?青か?」までサスペンスを繋げて行く、面白い作品にはなっている。
ただ、愛すべき70’Sシネマなので、あえて苦言を言いたい。
例えば、嵐の中、爆弾処理班が空から果敢にパラシュート降下。
海は風と雨で大時化の状態。このシーンで大荒れの海にチームの一人が波にのみ込まれてしまう、緊迫したシーンだが、時々晴れてる……。え?
時代と言えばそれまでさ。
だって見た当時はあんまり気にしなかったもの。
でも、映画と言うものは、当たり前だが映像が残り続ける。今見るとさすがにこの辺の編集は荒いなぁ…と言わざるおえない。
あと、ある意味この映画の根幹(ネタバレ)に関係して来る部分なので、後で【ハード・ロッカリア・カフェ】に、覚悟を決めて立ち寄ってもらえば分かるけど、ラストで、もし自分が犯人だったら、そんな事は絶対しないと思う場面があり、「ん~」と唸ってしまう所がある。
手放しでパニック映画の傑作とは言い難いが、これは70’Sシネマ(1974年)である。
良くも悪くも、時々「え~」と思う場面があっても、当時の観客(僕を含めて)には強烈なインパクトとサスペンスを与えてくれた、愛すべき作品である事を最後に強調して付け加えておきたい。


いらっしゃいまし↓ ↓ ↓
hrc3111.gif
まず、犯人は一人で、どうやってあの大きなドラム缶式の爆弾を、船内の至る所に持ち込めたのか?しかも揺らさずに7つも?
ま、そんな事はどーでもいい。(おいおい…)
問題は、ラストの「赤か?青か?」だ!
考えて欲しい。
もしあなたが犯人で、爆弾を7つも作ったが、最後の最後に「赤か?青か?」と言う所まで行き着かれたとする。
そして、赤なら赤のリード線を切られて、爆破装置が解除されたら、残った6つも同じように赤を切られて停止させられたら、バカ丸出しじゃないだろうか?
この映画はそれをやってしまっている。
たとえ、1つを選択ミスで爆発させてしまったとしても、その色と別の方を切れば最悪の事態は避けられてしまう事も考えられる。
僕なら、最後の「赤か?青か?」の時点で、アットランダムに配色するか、別の色の線を多用するなり考えるけどなぁ。
それでもこの映画が好きなのは、緊張が解けた後の安堵感、カタルシスってもんがこの映画にはあるから。
せっかくのオマー・シャリフ起用も存在感が薄い。
もっとリチャード・ハリスと対立させるとか、嫌な奴感をアピールしていたら存在感が増していたと思う。
彼よりも、太っちょの船員の方が印象強かった。
あと、美女がいなかった……。
同じ爆弾を扱ったパニック映画として、『ジェット・ローラー・コースター』もサスペンス色の強い70’Sシネマとしておススメしておきます。
若い人で映画大好きな人は、ひょっとして、『交渉人:真下正義』の中でこの映画が例に出されていたのを憶えているかも知れませんね。
『ジャガーノート』と言うタイトルは、ヒンズー教の神の名前から引用され、止められない巨大な力、を意味しています。

Category: 愛しの70’Sシネマ

Thread: 色あせない名作

Janre: 映画

Tag: パニック  70’S  おススメ  イラスト 
tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/5-a52b808a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。