04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

復活!!!【空想科学シリーズ】 

今日は【懐かしい特撮TV】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。
1966年、1話完結のSFドラマとして、子供から大人まで夢中にさせた『ウルトラQ』が、8月にカラーライズされて、ブルーレイとDVDで蘇ります。

カネゴン

ま、それはそれでとっても気になるんですが、実はこれを記念して、元のモノクロ・ヴァージョンが、全28話をハイビジョン・マスター版として、WOWOWが6月にオンエアします。(しかも、1~2話は無料放送)
エアチェック・ドランカーとしましては、今から楽しみにしてます。

詳しくはWOWOWのホームページで。 ico_btn_go3_4.gif

最後に、総天然色化によって、どんな感じなのか見て下さい。
それじゃまた。






Category: 特撮画報

Thread: 色あせない名作

Janre: 映画

Tag: 特撮  NEWS   
tb 0 : cm 2   

コメント

ロッカリアさん、こんばんは。

東宝特撮といえば伊福部さんですけど、僕にとって、それと双璧をなす音楽がこれです。
「これから30分、あなたの目は、あなたの身体を離れ・・・」
テルミンの音が、何とも気味悪くて、それが、とても良くて。
もう、この音楽を聴くと日曜夜7時にTVにかじりついてた、あの頃に戻ってしまいます、小4~5年の時ですね。
完全に怪獣小僧でしたよ。
「バルンガ」、「マンモスフラワー」、「2020年の挑戦」、「悪魔っ子」(これは「マタンゴ」の次にトラウマになった)、「変身」、「クモ男爵」が好きです。

僕が通ってた学校は、昔、「新東宝」だった所で、半分を学校が、残りを「国際放映」が買ったんです、塀の向こうには妙な縮尺の時代劇セットが残ってました(当時は「太陽にほえろ」ジーパンの時代だった)。
学校の前から、ダラダラと旧世田谷通りを300mくらい下っていくと東宝の砧撮影所があり、坂の途中を右に曲がると円谷プロがありました。
道の左側は団地と森なんですが、この森で「七人の侍」を撮影したと卒業してから知りました、確かに「水神の森」の面影がほんの少しですけど残っていました。
そして、学校の裏門の前には桜井浩子さんがオーナーの喫茶店があって、「しょっちゅう居るよ」と聞かされてたんですが、結局、会えずじまいでした。
そんな環境だったので2年程、砧撮影所で雑役のバイトをしてました。
「犬神家の一族」から「HOUSE」の頃まで。
で、そのバイト詰所のプレハブ小屋の片隅に何故か3つ位、怪獣の着グルミが捨ててあったんです、その一つは、なんと「レッドキング」。
バイト担当の人だったか、「特機」(特殊機材~巨大扇風機、撮影用クレーンとかの部署)の親分だったかに「貰っていいですか」って聞いたら。
「いいよ」
でも、これが汚いんですよ、触りたくないくらい(触ると劣化したウレタンやスポンジのカスがボロボロ)。
おまけに臭くて臭くて、ボロボロで、あちこち「かまいたち」にあったかのように裂けていて、尻尾も千切れかけてる。
それで30Kg以上もあって、正体ないから目方以上に重い。(笑)
で、結局、あきらめました、家に持ってきても、あんなに大きいの置く場所もないし。
今、思えば、あれはアトラクション用かなにかで、くたびれたんで、目立たないアノ場所に捨てたんだと思います。
アッ、そうか、首から上だけブッタ切って持って来れば良かったのか、今、気がついた・・・。

随分、長くなってしまいました、スイマセン。

鉦鼓亭 #AM34sMcQ | URL | 2012/04/13 23:20 [edit]

Re: 鉦鼓亭 さん。

まあ、なんと素晴らしい環境で大きくなられて!(笑)
一歩間違っていたら、その道に進んでいたんじゃないですかね。
東宝特撮=伊福部さんの方程式は確かに心に刻まれていますね~。
重厚だけど音楽にキャラクターがあり情景がにじむ。
映画音楽と言うものを知りつくしながらも、日本のオリジナル感は世界でも堂々と鳴り響く。
私も大好きです。
「ウルトラQ」は私たち年代、この頃小学生だった人間には、恐怖と好奇心、冒険と謎解きや神秘、そう言ったものを間違いなく植え付けられたような気がします。一時期、ものを見る尺度が、ウルトラQ目線だった事もあります。
ウルトラセブンもまさにそうでした。
桜井浩子さんもお店を持っておられたんですね。
森次晃嗣さんのお店には何度か行きました。
後輩がファンクラブに入っていて、一緒に夜通しお酒を飲みましたよ。(ウルトラアイにもサインして貰いました)
とても気さくな方です。
砧撮影所ではいい時代にバイトされていたんですね。
レッドキングの生首(!)は残念でしたね。さすがに着ぐるみは家に持ち帰らないで正解ですね。
なんだか凄そうな青春時代を過ごされたみたいで、エピソードも徐々にで結構ですから教えて下さい。
そう言う話、大好きです。
ブログにアップした方が、皆の目にも触れて、もっと楽しいかも知れませんね。
これからもお願いしま~す!

※コメントの長さなんて気にしないで下さいね。

ロッカリア #- | URL | 2012/04/14 11:15 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/7-7e9566c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。