06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『ミッション:8ミニッツ』 泣ける… 

今日は【映画館で見て来た作品のレビュー】の時間です。

こんばんは、ロッカリアです。

「現世は夢、夜の夢こそまこと……」江戸川乱歩
この言葉が何故か浮かぶ……。

SFが好きである。サスペンスも好きである。おまけに、列車モノの映画も好き。
ついでに、予告編で「このラスト、映画通ほどダマされる」と挑発されりゃ、観に行かなきゃあなるまい。
と言う事で、宣伝マンにやられてホイホイ観に行って来ました。

ticet 8

「このラスト、映画通ほどダマされる」と言う挑発的なコピーだったが、この言葉を、僕は大いに勘違いをしてしまった。
この言葉を聞いて、ある程度の仮説を立てて映画を観た。それは、主役のスティーブンス大尉(ジェイク・ギレンホール)がおそらく○×△□だろう、あるいはこうなっているだろう(ややこしくてすいません、何を言ってもネタバレになりそうなので…)。
これはある程度当たっていたので、予想の範囲だった。
ところが、だ。
「このラスト」と言うのは、何も犯人の意外性とか、仮想世界からクリスティーナ(ミッシェル・モナハン!!!)を連れ返るとか、あっと驚くような仕掛けが用意されているものだと思った。
だがそれは違った。
この映画の視線は、SFサスペンスと言う緊張を保ちながらも、人間の尊厳や優しさ、愛と言うものを常に捉えているのだ。
この、監督が貫いた、その姿勢に涙が止まらない。
何度も繰り返されるミッションだが、『バンテージ・ポイント』のような間延びもなく、編集も上手い。
そして、繰り返されて行く最後に、あの笑顔のシーンが頭から離れない。
少しネタバレ気味を覚悟で言うなら、現実世界と仮想世界。どちらの人生が本当なのかは、最後、観客に託されているような気がする。(この映画を見て、最後が少し分かりにくかった人は、コメントに書き込んでもらえれば、少しぐらいならお手伝いできそうです)
見てきたその勢いでこれを書いているので、支離滅裂になってしまったが、最後に、デビッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズ監督は、これからも注目に値する人だと思う。(この人も、きっと映画が大好きなんだろうなぁ)
ダマされると言うものは、映画に限っては良いもんである!


Category: レビューがはじまる

Thread: 映画館で観た映画

Janre: 映画

Tag: Sci-Fi  特撮  おススメ  仮想チケット 
tb 1 : cm 5   

コメント

ミッション! イン・ポッシブル~

“ロッカリアさん”、もしかして同じ日に観たかも~

予告を観てズ~っと気になってたんですよ

今年観たSFは大味なものが多かったので、こんな作品が観たかったんです

おもしろかったですね~

で、お言葉に甘えて訊きたいことが・・・(色変えとこうかな)
ネタばれなので文字色を背景に合わせてみます
うまくいかなくて未見の方が読めちゃったらごめんなさい

ラストのキスで時間切れとなり、一度画が止まりますよね、(あの素敵な笑顔の辺りです)
あそこで生命維持装置が切られたと思うのですが、そのあと二人でシカゴの街を闊歩しているのはスティーブンスの最後の残像の世界ですかね?
それとも彼が言うように別の世界(パラレルワールド)で教師としてクリスティーナと暮らしてゆけるのでしょうか?

僕はもちろん後者だと思いたいのですが・・・


僕なりの解釈なのでひょっとしてあのラストは僕の思っているようなことではないのかも知れませんが・・・

この監督の『月に囚われた男』、観に行きたかったのですが、劇場が限られていてつい機会を逃しました

面白そうな監督ですね!

ちょっと頓珍漢な話ですが、“ロッカリアさん”も書いている
>あの笑顔のシーンが頭から離れない。

僕はあのシーンで終わってもらっても満足でした(^^ゞ

もちろんグッドウィンへのメールの内容は気にはなりますし、ラストシーンもとっても良かったのですが、あの笑顔で終わるのもいいと思うんですよ~

今年観たSF映画では今のところトップランクです!

|―|/‐\|\/| #- | URL | 2011/11/07 11:55 [edit]

こんばんは

ロッカリアさん、早速遊びにきました!
こんばんは~

「このラスト、映画通ほどダマされる」というコピー、確かに確かにアタマを余計な方向へグルグル回していた私はダァ~!!と一人涙を流しながら「ほんと、だまされた・・・」と思っていました(笑)

この監督の、人間のかけがえのない存在を温かく後押ししてくれる優しさが、前作と合わせてとても好きです。『地球に落ちて来た男』では、御父上が寂しい思いをしてしまいましたからねi-201

さて。
先に書かれていらっしゃる|―|/‐\|\/|様のコメントにもありましたが、ジョーンズ監督はあの付け加えたラストについて「パラレル・ユニバースでコルターの魂が入ったショーンの人生が続いていく。ショーンには申し訳ないけれどね」と言っていました。ここなのですが、私も最後、ほっとした安心感の中で「このパラレル・ユニバースでは"事象上"は、一応コルターは二人存在しないわけだから、これはパラドックスにはならないのかな、どうかな・・・?」と、少し頭をかすめました。

私もこの部分について、ロッカリアさんにぜひご意見伺いたいです!宜しくお願いします。TBも送らせていただきますね。

マクビール #mHZ/BfkA | URL | 2011/11/07 22:18 [edit]

Re: HAMさんへ。

そっちに行って、鍵コメに書くよ~。

ロッカリア #- | URL | 2011/11/07 23:04 [edit]

Re: マクビールさんへ。

こちらも、そっちへ行きます。

ロッカリア #- | URL | 2011/11/07 23:18 [edit]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2011/11/08 06:59 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/70-33c349d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ミッション:8ミニッツ』 (2011/アメリカ)

  ●原題:SOURCE CODE ●監督:ダンカン・ジョーンズ ●出演:ジェイク・ギレンホール、ミシェル・モナハン、ヴェラ・ファーミガ、ジェフリー・ライト 他 先日、(ワケあって)なんと数年ぶりに映画館で映...

★Go!Go! Cinema★私の映画日記 | 2011/11/07 22:21

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。