05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『美女と液体人間』は、恐怖のアメーバだ! 

今日は【シネマ・サーフィン~13~】の時間です。

クリックすると……↓  ↓  ↓  ↓  ↓
img044-22.jpg

こんばんは、ロッカリアです。
まず、特撮映画の特集はこの映画から。
プロローグはまるで『ゴジラ』を見ているようだ。
水爆実験に巻き込まれた第二竜神丸の船員たちは、まるでマリー・セレスト号事件のように忽然と姿を消した。
今回の一連の事件は、強い放射能を浴びてしまった第二竜神丸の船員が液体化しても生き延び、東京に漂着し、それに触れた人間が同じように液体化して、ゾンビのように増殖してしまうのが原因。

雨が降る夜の東京で、銀行強盗が発生する。が、逃走中の犯人の一人、三崎がタクシーにひかれてしまう。
運転手が恐る々確認すると、確かに服はあるが、男の姿は何処にもない。
この姿を消した、つまり、液体人間となってしまった三崎と同棲していたのが、キャバレー「ホムラ」で歌手をしている新井千加子(白川由美)で、嫉妬から命を狙われる。
そして、銀行強盗や麻薬密売の仲間たちに恨みを抱き、次々に襲いかかるのだ。
事件の異常性にいち早く気付いたのが、、生物化学を専攻する政田助教授(佐原健二)で、この政田の友人が、警視庁の富永(平田昭彦)で、銀行強盗犯を追っていた。
最初、政田の人間液体化を鼻で笑っていたが、千加子が液体人間に襲われるのを見て、信用するようになり、この異常な事件の解決に全力を尽くすが……。

見所はいくつかあって、一つは液体化した人間の姿、つまりドロドロのスライム見たいなやつが、人を襲うシーン。
だが、これは『マックイーンの絶対の危機(ピンチ)』(TV放映時は『人食いアメーバの恐怖』!!)のアメーバにそっくりで、制作年月の順番から言って、『アメーバ』の方が日本公開が1964年ではあるが、1958年に作られた事を考えると、何らかの形で特撮陣はこの映像を見て、参考にしているのは間違いない。
また、もう一つの見所に、『第三の男』の舞台となったウィーンの地下下水道をかなり意識したシーンがあって、この中を逃げる液体人間と、同じように警察から逃げる犯人の生き残りと、人質になった千加子、液体人間を焼き払おうとする警察と、千加子を助けようとする政田が合い乱れ、東宝お得意のスペクタル・シーンもあり充分楽しめる。
全編を通して、この映画はやはり白川由美の存在なくして成立しなかった、と言ってもいいだろう。
清楚な顔立ちにもかかわらず、最後の方はスリップ姿で下水道の中を歩き回ったり、キャバレーでは胸元の空いたドレスを着て、歌うシーンなどがあり、そのギャップがとてもいい。
この作品を機に、大人向けの変身人間シリーズが作られたが、この『美女と液体人間』が一番ホラー色が強い作品となっている。
今見ても面白い作品だが、年代が古いので、トーゼン突っ込み所はある。
が、東宝特撮のテイストを充分堪能でき、この慌ただしい師走に見る贅沢は、何ものにも替えがたいものがある。

うれし過ぎて、僕も身体が溶けちゃいそうだ……。


Category: 特集

Thread: 特撮・SF・ファンタジー映画

Janre: 映画

Tag: 特撮  イラスト  おススメ 
tb 0 : cm 4   

コメント

とうとう『変身人間』シリーズに…

シネマの自由時間もとうとうう『変身人間』シリーズに手を付けてしまったのですね・・・

先日『マタンゴ 最後の逆襲』と言う小説を読んでいて本家の『マタンゴ』を見直し、その流れで『美女と液体人間』も観ちゃったんですよ~

白川由美 萌~v-238(^^ゞ

イラストのドレスの脚のラインがピタ~っと見えるところ、映画でもその通りで良かったですよね!
でもドレスはくろだったはず・・・

“ロッカリアさん”と同じ目線で観てたことがうれしいやら、男の性の悲しさを感じるやらです・・・

【東宝変身人間シリーズ】復活を希望!

|―|/‐\|\/| #- | URL | 2011/12/17 13:04 [edit]

Re: HAMさんへ。

そう、確かにドレスは黒。
ところが、落書き程度の技量しかない私には、黒を扱うのは難しいんですよ。
すぐベタ黒になってしまうし、今使っているコピックと言う着色料の黒は、あまりいい色ではないいですよ。
だから、髪の毛の色も黒で描きたいところを、あえて栗色とか亜麻色にしてあるんです。
そのうち、黒を上手く使えるように頑張るね。

白川由美、もし同年代にいたら、きっとファンv-10になるなぁ。
次回の記事にもこの人が登場するのでお楽しみに。でも、落書きは多分男だけど…。

ロッカリア #- | URL | 2011/12/18 02:09 [edit]

白川由美 は三谷友里恵のお母さんです

#- | URL | 2012/10/20 13:20 [edit]

Re: ○×△□さん。

そうですね、言われて思い出しましたよ。
また遊びに来て下さい。

ロッカリア #- | URL | 2012/10/20 23:52 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cinemakan.blog83.fc2.com/tb.php/87-cda5a316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。