08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

シネマの自由時間

伝えたい映画と音楽があります!

 

INFORMATION!




 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★ 

▶︎4月のNHK-BS「プレミアムシネマ」の映画カレンダーはここから見られます。


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

『配達されない三通の手紙』 技巧に頼らないミステリー 


こんばんは、ロッカリアです。

DSC00620.jpg

【ストーリー】

ロバート・フジクラ、通称ボブと名乗る青年が、日本文化研究のためアメリカから伯父、唐沢光政の住む山口県萩の町を訪ねた。唐沢家は代々町の名家で、すみ江夫人との間に、麗子、紀子、恵子の美しい三姉妹がいる。ボブは唐沢家の離れに住むことになった。次女の紀子は父の銀行に勤める藤村と結婚することになっていたが、藤村が結婚寸前に失踪し、三年間行方不明になり、その後、紀子は自室にこもり、魂のぬけたような生活をしていた。地方検事の峰岸という婚約者がいる三女の恵子がボブの研究を手伝っている。ある日、紀子の恋人、藤村が突然帰ってきた。家族は拒絶するが若い二人は抱き合い、結婚することになり、紀子に笑いがもどった。数日後、藤村の妹、智子が萩の町にやってきた。しばらくして、紀子は藤村の本の間にあった三通の封筒を見てハッとなった。その姿を見ていたボプと恵子は、あとで、紀子の部屋に忍び込み、その手紙を見る。それらは藤村の筆跡で、智子に宛てられていた。八月十一日付の手紙は、彼の妻が病気になった知らせ、八月二十日付の第二の手紙は妻の重態、九月一日付の第三の手紙は妻の死を伝えていた……。


宛名も差出人も記載されていない三通の手紙を、紀子(栗原小巻)が最初に発見、続いて探偵役のボブ(蟇目良!)と恵子(神崎愛)が見つける。
DSC00614.jpg

この辺から、一気に物語はミステリーの要素が色濃くなる。
妻は夫に疑問を抱きながらも、何事も無いように普通の生活を送ろうとするが、自らの体調に異変を感じる。
それを知ったボブと恵子は積極的に調査に乗り出すが、事件は思わぬ方向へ展開して行く……。

DSC00615.jpg

うまい!
野村芳太郎監督は大富豪の屋敷に集う人間模様を丹念に描く事で、飛びきりのサスペンスを見せてくれる。

DSC00610.jpg

また、栗原小巻、松坂慶子と言う当時の売れっ子女優の演技が凄い。

DSC00613.jpg


DSC00612_20121102221339.jpg

栗原小巻はとても神経質な女を、松坂慶子はとてもエキセントリックな女を演じ、この二人のキャスティングがとてつもない緊張感を生み、見ているこちらまで息苦しくなる。

原作はエラリー・クィーンの「災厄の街」だが、W・アイリッシュの小説を読んでいる時に強烈に感じるサスペンスの要素が強い。
1979年の作品で、序盤は多少テンポの悪さも気になるが、ミステリー・ファンなら積極的に見る事をおススメ。
そう言えば、若い頃に、貰った沢山のラブレター、今は何処に消えたんだろうか……(ウソつけ、せいぜい三通ぐらいだろうが!)



Category: 愛しの70’Sシネマ

Thread: サスペンス・ミステリー

Janre: 映画

Tag: ミステリー  70’S 
tb 0 : cm 0   

『スカイ・ライダーズ』ブルース・リーの影を追って… 

こんばんは、ロッカリアです。

実はこの映画が公開された頃、ウソかホントか、ブルース・リーのために企画されたとか、出演は生前に決まっていたとか、まことしやかなウワサがあった。
企画段階では、確かにあった、と言う着地点に落ち着いたのだが、この映画の制作は1976年。
リー先生が亡くなられたのが1973年だから、僕はまんざらウソではないと今も思っている。
その結果、この映画を見る度に、リー先生がもし出演していたら……と、ことあるシーンでいつも想像してしまう……。
その代役と言っては、大物過ぎるから失礼だが、ジェームズ・コバーンが体当たりのアクションを見せてくれる。

物語は、今は別の男と結婚した元妻と子供たちが、ギリシャにある別荘からテロリストによって誘拐される所から始まる。
断崖絶壁、陸の孤島とも呼べるような山脈の頂上に建てられた僧院に立てこもったテロリストたちに対して、コバーンはその要塞に侵入するため、ハングライダー・サーカス・チームに協力を頼み(そもそも素人が危険な任務に巻き込まれると言う所に大きな疑問が残る)、夜の闇にまぎれて空からの侵入を試みる……。
スカイライダーズ500

見所は何と言っても後半のハングライダーで、人質共々要塞から脱出する所だ。
風に流されて敵のターゲットになったり、山肌に激突しそうになったり、スタントマンも命がけだ。
しかし、何と言ってもこの頃のスターは偉い!
トム・クルーズやダニエル・クレイグも頑張ってい入るが、コバーン自身がヘリの脚にしがみ付いて、実際に山間を飛行してアクションを見せてくれる。
『恐怖に襲われた街』の時にも言ったが、この頃の役者さんは一応にしてアクション・シーンは自らこなす事が多かったのだ。
ただ、難攻不落の設定にしては、最後の方で警察や軍隊がジープや徒歩で普通に山を登って来ると言うのはどうよ?
ハングライダーの緊張感が半減するんじゃないかなぁ……。

ちなみに……。
この頂上にある僧院は実際にあって、僧侶たちもここで生活している。この映画の時のロケが、僧侶たちのストレスになったのか、後に『007 ユア・アイズ・オンリー』で同じ場所がロケ地に選ばれ、撮影が行われた際には、僧侶たちが非協力的で、洗濯物を干したりして、撮影を邪魔した、と言う逸話も残っている。

その昔、TVで見た時はもっと面白かったと言う印象があったが、今見ると、いい意味でも悪い身でも、70’シネマそのものである。
それがまた、愛おしいのだが……。




Category: 愛しの70’Sシネマ

Thread: DVDで見た映画

Janre: 映画

Tag: イラスト  アクション  70’S 
tb 0 : cm 5   

『ダーティハリー』 ノーカット日本語吹替え版に脱帽! 

こんばんは、ロッカリアです。
まだまだしつこい風邪に苦しんでます……。
何とか頑張るぞ~(ぜぇ、ぜぇ)

もう先々週の土日になりますが、2日間に渡り、『ダーティーハリー』シリーズの日本語吹き替え版、ノーカット一挙放映と言う、オールド・ファンにはうれしい企画がWOWOWでありました。
「日本語ノーカット」と言うのは、通常TV放映時には時間上カットされている20~30分の部分を、字幕で埋めるんじゃなくて、新たに追加録音したと言う事です。
もうご存知の通り、クリント・イーストウッドの日本語吹き替えをしておられた山田康夫さんはもういません。
そこで、代役として白羽の矢が立てられたのはクリカンこと栗田寛一じゃなしに、知る人ぞ知る俳優の多田野曜平氏。
この人、フツーにしゃべっている時からすでに山田康夫氏にそっくりで、アニメの声優としても活躍しています。
実際、何処が多田野氏の吹替えたパートなのか、最初から最後まで判らなかった!
風邪で寝込んでいたせいもあって、ちゃんと見たのは1作目と3作目だけ。
後は所々記憶がありません……。
40代以上の映画ファンなら、子供の頃からTV放映される洋画は日本語で見るのが常識だったよね。
アラン・ドロンなら野沢那智さん、チャールトン・ヘストンは納谷五郎さん、マリリン・モンローは向井真理子さん、オードリー・ヘップバーンは池田昌子さん、ブリジット・バルドーなら小原乃梨子さん等々。
山田康夫さんはTV「ローハイド」からクリントの声を一貫してやって来られていて、二人の関係はコインの裏と表だと思う。
単に、クリントのセリフを日本語でしゃべっている、そんな感じじゃなくて、クリントが乗り移ったかのような迫力と奥深さがある。
風邪で意識がもうろうとしながら、こんな事を思い出した……。

ハリー1
アラン・ドロンは『フリック・ストーリー』で。チャールトン・ヘストンは『大地震』や『エアポート75』で。
マックィーンとポール・ニューマンは『タワーリング・インフェルノ』で、実際の声を聴いて知っていた。
クリントも予告編なんかで、ナレーションに被りながらも本人の声は多少知っていた。(ブロンソンはマンダムで!)
だが、1976年、僕が高1の時に公開された『アウトロー』を劇場で見た時、知っているはずのクリント自身の声を改めて聴いた時のショックときたら、今も鮮明に思い出す事が出来る。
マカロニ時代からず~ッと山田康夫さんの声で育って来た僕の耳には、本人の声に妙に違和感を感じ、2時間の間、ず~っと戸惑っていたんだ。
他の俳優の時はスグに馴染めたのに、この時は全然ダメで、僕はこの事を機に、映画はTVじゃダメだ、劇場で必ずオリジナルを見て評価しなくては…と言う思いに目覚めたのだ。
裏を返せば、それだけ山田康夫さんの印象が強く影響していたんだね(僕の中で…)。
本当ならもっと早く、『フリック・ストーリー』やそれ以前に劇場で見た時に思い付きそうなことだが、TVで洋画全盛の時代に加えて、僕の脳ミソも未熟だったんだろうなぁ……。

これ以降、TVで見た映画でも、リバイバル上映があれば積極的に劇場に足を運んで観るようにした。
思い出深いのは、TVで何度も見た『エデンの東』と『理由なき反抗』のインパクト。やっぱりジミーは最高だな、なんて友達と言いながら家まで盛り上がった事を思い出す。

この日本語吹替えってのは、今の吹替えとは似て非なるもの。
当時は気付かなかったが、これはある種の芸術だったのだ。

今回、この『ダーティハリー』を見ていて、「ええ!?」と思ったシーンを発見!
ちょっと興奮しちゃったよ。
そいつは2つあって、ひょっとしたら僕だけが知らなかったのか?とも思ったが、一応発表しよう。
それはね、クリントが……おっと、この話は明日以降って事でご勘弁を。
風邪が長引いて本調子じゃないし、ノドがとっても痛いんだ。
誰かが僕の吹替えをやってくれるなら話は別だけど……(書くだけだろうが…)。

Category: 愛しの70’Sシネマ

Thread: 映画関連ネタ

Janre: 映画

Tag: 70’S    おススメ  イラスト 
tb 0 : cm 6   

『燃えよドラゴンへの道』 !? 

こんばんは、ロッカリアです。
シアター完成記念に、サラウンドヘッドフォンで『燃えよドラゴン』を見ました。
ところが、金曜の深夜に、NHK-BS3のプレミア・シネマで『ドラゴンへの道』をオンエア、こっちも続けて観ました。
リ-2
ま、この2本の映画に僕ごときがああだ、こうだと言うのはリー先生に失礼なので、何を言ったらいいのか、逆に難しい作品なんです。
今回、『燃えよドラゴン』はブルーレイで、『ドラゴンへの道』は、ブルーレイも持ってますが、流れでオンエアを見ました。
中学2年の時に、遠足をサボって劇場に観に行った『燃えよドラゴン』は、当時の男の子の進むべき道を決めてしまった、とても影響力のある、エナジーに満ち溢れた作品。
32歳を、自分が迎えた時の気持ちは、同年代の男子ならきっと分かり合える通過儀礼だった。
『燃えよドラゴン』にしても、『ドラゴンへの道』にしても、いつかゆっくりと語り合いたい。
今日は、落書きをもういっちょう!

リー先生

おまけ!おまけ!




懐かしい、あの歌ヴァージョン!!!


今宵、いい夢を……。

Category: 愛しの70’Sシネマ

Tag: アクション  イラスト  サントラ  70’S 
tb 0 : cm 5   

『未来世界』、 『ウェストワールド』その後…。 


未来世界こんばんは、ロッカリアです。
レジャーランドのロボットたちが狂い出し、ゲストを殺戮した大事件を描いた傑作SF映画『ウェストワールド』の正当な続編、のはずだが、何故か再建を図ったデロスランドの真の目的は、世界の要人を招待して、その人物のクローン・ロボットを作り、世界征服を目論むと言った、まるで『007』の悪の組織スペクターのような犯罪組織になっている。
現時点からこの映画を見ると、ロボット工学の著しい発達があったにせよ、人間の代わりが出来るほどの完成度には至っていないわけで、その世界征服実現は絶対無理だよなぁ……と思いつつも、そこは70年代ムービー、力技で最後まで楽しませてくれるのだ。(恐るべし…)
公開当時(1976年)、この映画の批評はかなり厳しいものだった。
それは続編の持つ宿命だと言えるが、今見ると、そんなに悪く無いのだ。

新聞記者のピーター・フォンダは、ウェストワールドの事件を乗り越えて、再建を目指すデロスランドの事で、秘密を話したいと言ってきた男からコンタクトを求められるが、その場所に行ってみると、男は何者かに殺されてしまった。
デロスランドには何か大きな秘密があると睨んだピーターは、有名になった元パートナーの女性TVキャスター、ソックスと共にデロスランドに取材へ。
以外にも二人は、デロスランドの舞台裏まで取材が許されるが、そこで働く人々の殆どがロボットである事に驚かされる。
ピーターは極秘で取材を続けるうちに、修理工のハリーと知り合い、デロスランドが世界の要人をロボットとすり替え、世界征服を企んでいる事を突き止めるが……。

前半の少し間延びした展開は、70年代の特徴とも言えるが、後半に入ってからの、クローン・ロボット対本人の対決は見応えあるし、僕の脳裏に、巨大施設の裏側と言えば、地下道に張り巡らされた無数の配管や配線がイメージとして残っているのだが、どうやらこの映画が原因かも知れない。
少し面白いシーンが、ソックスの夢を視覚化する装置のモニターを皆で見ている所。
その夢に注目していると、そこに『ウェストワールド』の殺人マシーン、ガンスリンガーのユル・ブリンナーが登場。
ソックスを追いかける。
皆がハラハラしていると、なんと最後には仲良くなってベッド・イン……。
結構熱いラブ・シーンに……(おいおい…)。
世界征服と言う壮大な計画なのに、ラストの軽さと言えば、「そ、それでいいのか?」と突っ込みたくなる。
もし、この映画を、70年代の深夜のTV洋画劇場で見たとしたら、傑作だと勘違いしたかも知れない、そんな映画だ。
レンタルがあれば一度見ておくのをおススメするが、¥3000も出してDVDを買い、観るほどの映画か?と聞かれれば、ん~、難しい質問だなぁ。
今回僕は、¥300でかった中古のLDで見たんだけど、画質の良さ、と言う点ではDVDを買って観直したい気持ちがある。

僕がクローン・ロボットを手に入れたら、勿論僕に代わって仕事をさせるだろう。
そして家で、ずーっと映画を見ているに違いない。
ただ、その逆も有り得るよなぁ……。

Category: 愛しの70’Sシネマ

Thread: 特撮・SF・ファンタジー映画

Janre: 映画

Tag: Sci-Fi    70’S 
tb 0 : cm 3   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。